« 「法人のJAL売りは何を意味するか」 | トップページ | JAL批判論「3年分の目次」 »

「JALの史上最高値は2010円」

http://tokyoutlaws.web.fc2.com/takarada/jal26.html

|

« 「法人のJAL売りは何を意味するか」 | トップページ | JAL批判論「3年分の目次」 »

コメント

>値引き前の価格の膨らんだ簿価でわざわざ資産を過大計上し、
値引き分など利益認識してた。

値引部分が、航空機の取得日の属する会計期間内に確定しないことは、実務では良くあることであり、
値引金額が不明であれば、減額前の金額で計上するのは当然ではないのか?
問題なのは、値引金額を利益計上している点であり、
値引を受けた日の属する会計期間開始日の帳簿価額に対応する部分は、帳簿価格から減額しなければならないこと。

>日本航空だけが突出した比率の退職給付積立金
この算式にも問題がある。
これは自己資本が低ければ、この割合が高くなるものであり、
それが“異様な水準まで積み重ねられた退職給付積立金”と決め付けるのは如何なものか。
再度、論文を書き直すことを要求する。

投稿: | 2009年12月13日 (日) 12時52分

>再度、論文を書き直すことを要求する。

お断りします。
理由は以下をご覧になった上でご想像ください。

「JALの貧乏ブルース」
http://tokyoutlaws.web.fc2.com/takarada/jal24.html

JALはカタギの会社と信じていましたが、今はそう思いません。
複数の週刊誌メディアが真相掲載を遠慮しているだけです。
ただし、田中角栄の金脈事件と同じで、いざダムの一角が崩壊したとき、怒涛のごとく書き立てられるでしょう。

投稿: 宝田豊 | 2009年12月13日 (日) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/47009630

この記事へのトラックバック一覧です: 「JALの史上最高値は2010円」:

« 「法人のJAL売りは何を意味するか」 | トップページ | JAL批判論「3年分の目次」 »