« 「JALの駕籠脱け増資」 | トップページ | 「法人のJAL売りは何を意味するか」 »

「JALの貧乏ブルース」

http://tokyoutlaws.web.fc2.com/takarada/jal24.html

|

« 「JALの駕籠脱け増資」 | トップページ | 「法人のJAL売りは何を意味するか」 »

コメント

三菱UFJ証券が、日本航空 <9205>に対して不透明要因が多いと指摘し、株価判断が困難な状況であるとコメント。レーティングを「3」→ノーレーティングに修正している。
同証券では、企業再生支援機構の支援動向が明確になれば、再度レーティングを付与することができるとするも、再生に向けては更なる資金が必要であると解説している。また、2010年3期から2011年3期の営業損益を減額修正しているが、経営再生策や旅客需要の回復に伴い、2011年3期以降からは収益が改善に向かうと推測している。
************************

上記は12月9日付けのサーチナからです。
三菱UFJ証券の地雷探知犬が何か嗅ぎつけたのでしょうか?
同社は八千代・光亜・野村投信販売・ユニバーサル・太平洋・東和・第一・UFJキャピタルマーケッツ・菱光・大七・一成などの中小証券が合併して出来た三菱銀行の証券子会社です。
つい先日も従業員が顧客名簿を換金目当てに持ち出した、愉快な証券会社です。
信用取引の担保に不適格なんて言い出したら、ライブドア事件の二の舞ですよ。
http://www.sc.mufg.jp/company/inform/apology/press0520.html

投稿: 宝田豊 | 2009年12月10日 (木) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/46605427

この記事へのトラックバック一覧です: 「JALの貧乏ブルース」:

« 「JALの駕籠脱け増資」 | トップページ | 「法人のJAL売りは何を意味するか」 »