カテゴリー「社会」の26件の記事

2010年7月 9日 (金)

【ビデオ】「ザ・コーヴ」上映めぐり民族排外主義グループと一水会顧問・鈴木邦男氏が激しく対立

鈴木邦男氏「渋谷イメージフォーラムでも撃退されました!」
http://kunyon.com/shucho/100706.html

2010年4月 6日 (火)

アダルトビデオ業界団体「コンテンツ・ソフト協同組合」(旧メディ倫)、定款に重大な違反の疑い

655_2 アダルトビデオ(AV)のわいせつ性などを審査するのは、「ビデ倫」(日本ビデオ倫理協会)が一般に知られているが、最近では「一般社団法人審査センター」(=写真)という機関がスタンダードになりつつある。この審査センターはもともと、ビデ倫に対抗して設立された「メディ倫」(メディア倫理協会)の審査部門が独立したもの。しかし今では、ビデ倫も同センターに審査を委託している。

同センターの決算書を入手した。見てみると、売上高は1億8042万円。既に立派な「事業」となっている。しかし、あるAV業者は次のようにいう。
「利益がどこに流れているか、よく分からないんです。メディ倫の幹部が審査センターを牛耳っているので、組織は不透明」

656_2657このメディ倫は05年に、「コンテンツ・ソフト協同組合」(CSA)に改組された。AV制作者が加盟し、共同購買や事業資金の貸付などを行う団体である。この団体の定款を確認したところ、大きな規定違反を発見した。定款で定める組合員の資格(=写真)の中に、「映画・ビデオ制作業者」という項目がない。つまり、AV制作者は、このコンテンツ・ソフト協同組合に加入できない規定になっているのだ。

これは、中小企業等協同組合法に抵触する問題である。同組合を所管する文科省や経産省がこれを知ることとなれば、指導の対象となり、場合によれば認可取り消しにもなりかねない。

(コンテンツ・ソフト協同組合の組合員資格は以下の通り)
・情報関連機器及び周辺機器の開発販売
・イベントの企画・演出・コンサルタント
・広告、出版及び印刷業務
・コンピューター・ソフトウェアの企画・開発・製造及び産業関連機器の販売
・IT事業の企画、製造、運営
・インターネットを利用した広告、宣伝
・電子機械器具の輸出入及び通信販売
・洋服の製造及び輸出入業務
・インターネット・電子メール等による情報提供システム企画、製作販売
・衣類・文具・玩具等の通信販売
・店舗デザインの設計
・建設資材の販売
・著作権の管理業務

2010年2月26日 (金)

【ビデオ】法政大学「ビラまき弾圧」、6学生全員奪還

■本誌既報のように、法政大学で2月5日、受験生にビラをまいていた6学生が不当逮捕された。しかし、これではさすがの検察も起訴できず、本日(26日)、6人全員が釈放された。


【参考記事】
「4年間で逮捕者118人、生き残りをかけて揺れる法政大学」(JanJan)
http://www.janjannews.jp/archives/2744309.html

■6学生の逮捕当日の映像がアップされた。本誌既報のように、完全な「不当逮捕」であることは、これを見ても明らか。

2010年2月19日 (金)

【東京アウトローズ一行情報】法政大学でビラまきの「6学生不当逮捕」、これのどこが「威力業務妨害」なのか

622623■すでに本誌でもお伝えしているように、法政大学(増田壽男総長)で5日、受験生にビラをまいていた学生6人が威力業務妨害の疑いなどで逮捕される、という事件がおきた。これを『産経新聞』(=写真)は、「法大入試を妨害 容疑の中核派活動家ら6人逮捕」との見出しで、「拡声器などを使用して大音量で大学側を批判し、入試の案内業務を妨害するなどした」というふうに書いて いる。「産経」らしいと言えば、それまでだが、では実際に入試を妨害するような行為はあったのか。■「3・14法大弾圧を許さない法大生の会」は、事件当日の様子を撮影した写真を公開しているが、多くの受験生に整然とビラをまいているようにしか見えない。また、別の写真では、ハンドマイクを持った学生は、横断幕と共に大学正門からかなり離れた場所に位置しており、受験生の通行などを妨げている様子もまったくない。■本誌の取材に、法大弾圧弁護団の森川文人弁護士は次のように断言する。「入試を妨害するような行為は一切なく、こんなことで逮捕されるとは信じ難い。明らかな不当逮捕です。しかも6人の学生は全員、10日間の勾留延長が決定されました。こうした判断を下した東京地裁の裁判官も大問題で、即時に学生を釈放すべき事件です」

2010年2月13日 (土)

【ビデオ】『松尾詣で』(予告)

■かつての中核派系全学連委員長にして破防法被告だった松尾眞氏(現在、京都精華大学准教授)。すでに中核派を辞め、御年60歳となられた『松尾詣で』(予告)だそうです。
http://08bunren.blog25.fc2.com/blog-entry-593.html

2010年2月 7日 (日)

【東京アウトローズ一行情報】法政大学「入試情宣」中に6学生が威力業務妨害で不当逮捕

■法政大学(増田壽男総長)でまたとんでもないことが起きた。5日朝、法大市ヶ谷キャンパス正門前で受験生にビラをまいていただけの学生6人に、警視庁公安部の刑事らが襲いかかり、威力業務妨害で逮捕した、というのだ。いくらなんでも、これは不当逮捕であろう。即刻、警察は6学生を釈放すべきだ。
【法大文化連盟】
http://08bunren.blog25.fc2.com/

2009年9月 8日 (火)

【ミニ情報】巨額損失の「神奈川歯科大学」、資産運用で「不適切な会計処理」

560本誌7月31日付で報じていた学校法人「神奈川歯科大学」(横須賀市)の巨額損失問題。大手マスコミが昨日から一斉に報じ出したが、同法人は投資ファンドで運用した資金約66億円のうち約52億円の損失を計上。ファンド側にずさんな運用があったとして、横浜地検への刑事告訴を検討しているという。

問題となっている資産運用は、05年9月から「減価償却引当特定資産」を原資に、当時の財務担当の理事らが複数のファンドで始めたとされる。本誌が独自に入手した資料によれば、これらのファンド名は、「ワールドスタンダード投資事業」(アルティメイトコンサルティング)、「JCMシンガポール投資ファンド」、「YFRエクイティーファンド投資事業」など。ところが、本格的な資産運用が開始された06年度以降、同法人の各計算書類(決算書、財産目録など)の基礎となる「総勘定元帳」は、それまでの総額表示から純額表示に何故か変更されていたという。

学校法人会計基準」(07年1月15日改正)は、資産運用に関する会計処理は決算時の収支差額のみを記載する「純額表示」ではなく、すべての資産の流れがわかる「総額表示」にするよう求めており、こうした神奈川歯大側の会計方針の変更は、資金の流れを意図的に分かりにくくする不適切な処理だった可能性が高い。さらに、総勘定元帳と、決算書などの各計算書類との間に、単純なミスとは言い難い計上洩れが多数存在しているという。

すでに同法人では6月末に理事9人のうち、8人が引責辞任し、弁護士からなる外部調査委員会を設置。早急な事件の解明が待たれる。

【写真=「神奈川歯大が88億円投資損」と報じる産経新聞(8日付)】

2009年9月 4日 (金)

【緊急速報】指定暴力団・松葉会系組事務所で発砲事件

■東京・足立区内にある指定暴力団・松葉会系組事務所に対して本日、銃弾が撃ち込まれる事件が発生した模様だ。そのため、警察は内部抗争の可能性もあると見て、警戒を強めているという。

2009年9月 3日 (木)

【ミニ情報】麻薬取締法違反の押尾学被告、保釈金を用意したのは熊取谷稔氏

OshioMDMA(合成麻薬)を使用し、麻薬取締法違反で逮捕・起訴されたタレント押尾学被告。この事件は、現場で女性が死亡していたことや同被告が逮捕されるまでの空白の時間など、不可解な点が多い。しかし、同被告は8月31日、保釈保証金として400万円を納付し、あっさり保釈された。一部スポーツ紙の報道によれば、この保釈金を用立てたのは、「数年前から親交のある実業家が率いるグループ企業の幹部」とされる。

では、ここに言う押尾被告と「親交のある実業家」とは誰なのか。ずばり、熊取谷稔(いすたに みのる)氏である。最近はその名を聞くことも少なくなっていたが、かつてはリクルート事件(NTTルート)、パチンコのプリペイドカードシステムなどで取り沙汰された人物だ。07年9月には、熊取谷氏とグループ企業約30社が、国税当局から30億円余りの所得隠しを指摘されていたことも判明している。

2009年8月22日 (土)

【ビデオ】テレビ朝日ドキュメンタリー宣言「知られざる右翼と左翼」(17日放送)

続きを読む "【ビデオ】テレビ朝日ドキュメンタリー宣言「知られざる右翼と左翼」(17日放送)" »

より以前の記事一覧

「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

訪問者


Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。安倍極右政権打倒、カジノ化する資本主義体制を粉砕へ。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。創刊時の「ゲリラ精神」を完全に忘れ、警察権力と癒着し利敵行為に走ったアクセスジャーナル山岡俊介弾劾!

無料ブログはココログ
2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告