カテゴリー「サイバーファーム」の1件の記事

2008年11月28日 (金)

【ミニ情報】犯罪常習者の事件屋「大塚万吉」が夕刊紙『内外タイムス』の実権を掌握

どうやら噂は本当だったようである。さる11月19日、夕刊紙『内外タイムス』の臨時株主総会が開催され、徳原榮輔氏が代表取締役に就任した。徳原氏は不動産会社「アムス・インターナショナル」(東京・豊島区)のオーナーで、すでに同氏の手には内外タイムスの70%以上の株式が廣済堂から譲渡された模様だ。

Yamaoka3 この買収劇の裏で暗躍していたのが、犯罪常習者の事件屋・大塚万吉(本名=趙万吉)である。早くも大塚は同紙の編集権にまで介入をはじめ、「今後、内外タイムスは日経夕刊を目指す。政治と経済に力を入れていく」などと社員全員の前で宣言。20日付一面記事は「サイバーファーム」の提灯記事で埋め尽くされ、「バイオディーゼル燃料、オバマ次期大統領食指」などというタイトルが臆面もなく踊ったのだから呆れるしかない。これでは引き合いに出された『日経新聞』が気の毒と言うものであろう。さらに笑えるのは、内外タイムスの編集長に大塚のパシリ山岡俊介(=写真)を据えるという話まであることだ。

ただ、ここで見過せないのは、内外タイムスがれっきとした新聞協会加盟社で、国会や都庁などの記者クラブに加盟しているという点だ。大塚は、親しいフリーライターらに「衆参議員会館フリーパスの記者証をやるから、取材に協力してくれ」などとエサをまいているという。このままでは、犯罪常習者・大塚万吉配下の記者が白昼堂々と永田町や霞ヶ関を徘徊する事態になりかねない

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 平成28年6月創立の企業・経済情報サイト 「総提灯記事化」するマスメディアへの対抗。「東京アウトローズ」でエナリス、ミュゼプラチナム粉飾決算事件などを報じた半田修平による情報サイト。〈インサイダー〉とは一線を画し、独立した言論を展開していきます。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。安倍極右政権打倒、カジノ化する資本主義体制を粉砕へ。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。創刊時の「ゲリラ精神」を完全に忘れ、警察権力と癒着し利敵行為に走ったアクセスジャーナル山岡俊介弾劾!

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

広告

無料ブログはココログ