カテゴリー「ABCホーム」の10件の記事

2008年12月25日 (木)

【ミニ情報】本誌緊急速報の通りABCホーム元会長の塩田大介氏が帰国・逮捕

Shiota2ご承知のように、都内不動産会社「ABCホーム」の塩田大介元会長(=左写真)が24日、中国・マカオから帰国し、約1億5500万円の脱税容疑で東京地検特捜部に逮捕された。すでに本誌は前日の23日から「緊急速報」として〝塩田帰国・逮捕〟の情報を流していたが、独自情報を入手することで各大手メディアに先駆けて報道することができた。今後の本誌の〝ABCホーム塩田関連〟記事にご期待ください。

2008年12月23日 (火)

【緊急速報】ABCホーム元会長の塩田大介氏、海外逃亡先から近日中に帰国へ

ShiotaDscn0668本誌も過去に何度か報じてきた都内不動産会社「ABCホーム」の塩田大介元会長(=左写真)。この塩田元会長には約2億円の脱税の疑いが持たれているが、今年2月に国内から姿を消し、これまで香港方面に逃亡中とされてきた。

ところが、年末も押し迫ったこの時期に、「塩田が近く帰国する」との有力情報が本誌に飛び込んできた。塩田元会長はマカオの超高級ホテルに滞在してきたが、すでにパスポートを領事館に返納し、滞在費もかさんできたことなどから帰国を決意した模様だ。捜査当局との調整も終わっているという。早ければ今週中にも帰国、任意同行の後、脱税容疑で逮捕状が請求されると見られる。

塩田元会長は、中川秀直元自民党幹事長山口組共生者の大物N氏らとの親交が取り沙汰されてきた。〝塩田帰国・逮捕〟という事態になれば、各方面に大きな波紋を呼ぶことは間違いない。

【冒頭右写真=東京・西麻布のABCホーム「迎賓館」】

(ABCホーム関連記事)
http://outlaws.air-nifty.com/news/cat20103187/index.html

2008年3月20日 (木)

【ミニ情報】脱税の疑いが持たれる「ABCホーム」にからむ怪文書出回る

Dscn1176 本誌既報の不動産会社「ABCホーム」に関する怪文書(=写真)が、本誌にFAXで送付されてきた。内容は、今回の「脱税のからくり」の背後に潜む人脈などが記されている。たしかに、この怪文書が「当局の掴んでいない情報を流します」と胸をはるように、事実ならたいへんな〝スクープ〟と言えよう。

送られてきた怪文書は全部で4枚。ある銘柄の大量保有報告書など資料もキレイに添付されており、たいへん丁寧な作りになっている。そこで連絡先として記されていた携帯電話に掛けてみた。ところが、電話に出た男性は「どんな内容のFAXなんですか?聞かせてください」とまったく要領を得ない。しょうがないので、本誌が怪文書の内容を掻い摘んで言うと、「いやぁ~最近、私の連絡先が書いてあるデマFAXが方々に流れているようで困っているんですよ」との返事。

完全な〝肩透かし〟だったわけだが、これだけ手の込んだイタズラをやる目的がよく分からない。念のため、「関係者では?」と男性に聞いてみた。しかし、否定され取りつくしまもなく電話を切られてしまった。それにしても、この男性、一体誰だったのか?

2008年3月12日 (水)

【ミニ情報】脱税の疑いを持たれている「ABCホーム」が〝経営危機〟に

Dscn1128本誌既報の不動産会社「ABCホーム」に絡んで、塩田大介前会長ら数人に脱税の疑いがかけられていることはご存知の通り。すでに、塩田氏に関しては逮捕状が出ているとの一部報道もあるが、現在、同氏は香港に滞在し、帰国する気配を見せていない。「逮捕されるのを事前に察知した塩田が、海外逃亡を謀ったのは明らか。こうなると、例え帰国しても、逮捕・長期勾留は免れないだろう。(東京地検)特捜部は兄の雄司(ABCホーム社長)も呼んで、塩田の所在確認と帰国を促しているようだが、場合によっては全国指名手配の後に、香港に捜査員を派遣することも考えられる」(事情通)

そうした中、さる有力筋から次のような情報が本誌に舞い込んできた。「この間の報道によって、ABCホームに対する融資は完全にストップした。融資を引き上げる金融機関も続出しており、すでに経営は行き詰っている。そのため、社内では〝会社清算〟の可能性も検討され始めた」

Dscn1139サンデー毎日(3月16日号)によれば、塩田大介氏は「将来はABCをレジャー施設運営会社(東証マザーズ・ネクストジャパンHDを指す)の不動産部門として吸収し、一大レジャー産業に育てたい」との野望を語っていたという。その〝目論み〟は今回、いとも簡単に崩れさったわけだが、実質上のABCホーム関連会社「トップワン」が支配するネクストジャパンだけは手放したくない、というのが塩田氏側の〝本音〟だろう。

しかし、〝塩田逃亡〟という状況の中で、こちらの方の目論みも、そんなに都合よく行くとはとても思えない。ネクストジャパン株をABCホーム側が取得した経緯については、その不透明さが一部で指摘されてきた。そのため、ネクストジャパンにまで〝飛び火〟することも十分に考えられるのだ。

【写真=本社を東京・八丁堀の裏通りに移転したABCホーム(上)、塩田大介氏の「香港高飛び」を報じたサンデー毎日(下)】

2008年3月 5日 (水)

【ミニ情報】〝銀座、六本木通い〟を続ける中川秀直・自民党元幹事長

Dscn1039脱税の疑いを持たれている不動産会社「ABCホーム」の塩田大介前会長。その関連で、親しい関係にあった中川秀直・自民党元幹事長の「政治資金収支報告書」を調べていたところ、飲食代として東京・銀座や六本木の店に支払っているケースが、他の大物議員に比べて多いことが分かった。

中川元幹事長の資金管理団体「秀政会」の最新の同報告書(平成18年分)を見ると、飲食代(交際費)として銀座・六本木の店に支出されていたのは全部で7件。もちろん、その中には有名焼肉店なども含まれているが、やはり多くは「高級クラブ」だった。

上の写真は、六本木7丁目のクラブが入居するビル。「秀政会」から平成18年5月25日、同ビル8階のクラブに11万8400円が支出されていた(前年12月15日にも同じクラブに21万50円の支出)。ちなみに、このビルの4階には、六本木でも有名なトップレス・バーがある。

Dscn1031こうした秀政会から高級クラブへの支出は「議員本人の政治活動なのか」など、本誌はFAXで中川元幹事長の事務所に質問状を送付した。しかし、同事務所からは「秀政会の政治活動については政治資金収支報告書の通り、適切に処理しております。その他の質問については特にお答えすることはございません」との返答だった。

【写真=平成18年12月5日に秀政会から8万1400円が支出された六本木5丁目の高級クラブが入居するビル(下)】

【追記】
実質上のABCホーム関連会社「トップワン」が経営する料理屋「笑社茶利」(東京・西麻布2丁目)に対する秀政会の支出は、本誌既報分の平成17年11月22日の6万4000円の他、同年1月27日に9万3500円が支払われていたことが新たに分かった。

また、FACT3月号が報じた「フルキャスト株の空売り」疑惑によって、塩田前会長と平野岳史フルキャスト会長の関係に注目が集まっているが、中川元幹事長の政治資金パーティに平成18年5月19日、平野氏が「日本ベンチャー協議会」の名で60万円を支払っていることなども判明した。

2008年3月 4日 (火)

【ミニ情報】「ABCホーム」の脱税に関与した疑いを持たれている弁護士

Dscn1088 不動産会社「ABCホーム」は、架空の仲介手数料を計上するなどの手口で、5億円の法人所得を隠し、2億円の脱税をしていた疑いが持たれている。すでに、同社の塩田大介前会長ら数人に逮捕状が出ていると見られる。一部報道によれば、こうした〝脱税工作〟に「東京弁護士会所属の弁護士(55歳)」も関与した疑いがあるという。

関係者によると、この弁護士は「某大手ゼネコンの顧問になった辺りから、多くの不動産取引に関わるようになった。当然、その中には今回のような危ない案件もあった」という。同弁護士はABCホームの他、東証2部の不動産会社の顧問にも就いていたとされる。すでに、同弁護士は東京地検特捜部に複数回、事情聴取されている模様だ。本誌は同弁護士事務所(=写真)を直撃取材してみたが、「先生は所用のため不在です」(事務員)とのことだった。

2008年3月 2日 (日)

【ミニ情報】ABCホームが支援してきた「日本ダンス議会」から塩田前会長の名が消える

Dscn1066 本誌既報のABCホームが、財政面などで支援してきた有限責任中間法人「日本ダンス議会」(JDC)のホームページから、塩田大介氏の名前が最近になって削除された。塩田氏は平成15年、日本ダンス議会の名誉相談役に就任。毎年2月に日本武道館で行われるJDC主催の「アジアオープン プロフェッショナルダンス選手権」などをABCホームが協賛、一説によると、3000万円近くの金を出していたという。JDCの名誉会長には、あの中川秀直・自民党元幹事長が就いている他、 参議院議員の山東昭子、松あきら両氏が名誉顧問になっている。

ちなみに、今年も日本武道館で2月24日、同選手権大会が開かれたが、新たなスポンサーとして「ネクストジャパンホールディングス」(東証マザーズ上場)が加わった。ネクストジャパンの親会社は、実質上、ABCホーム関連会社と見られる「トップワン」(戸塚大輔代表)である。トップワンの全株は、塩田氏の兄・雄司ABCホーム社長が所有するという関係にある。

すでに、脱税容疑で逮捕状が出ているとされる塩田大介氏。早くも関係者の〝塩田隠し〟が始まったようである。

【写真=日本ダンス議会(JDC)のホームページ】

2008年2月28日 (木)

【ミニ情報】中川秀直・自民党元幹事長がお忍びで通っていた「ABCホーム迎賓館」

Dscn0667 すでに産経新聞(2月23日付)などの報道で明らかなように、不動産会社「ABCホーム」は5億円の法人所得を隠し、2億円の脱税をしていた疑いが持たれており、東京地検特捜部は同社の塩田大介前会長ら数人の逮捕状をとったという。塩田氏は現在、香港に滞在、帰国次第、逮捕されると見られる。

塩田氏は銀座高級クラブの元ママと結婚、その時の媒酌人は中川秀直・自民党元幹事長だったとされる。塩田氏は政界関係者との交流でも知られ、とりわけ中川元幹事長とは親しい関係にあった。ここに中川、塩田両氏の〝親密振り〟を物語るエピソードがある。関係者によると、中川元幹事長は東京・西麻布の「笑社茶利」(ショウシャチャリ)という料理屋で食事をした後、すぐ目の前にあるABCホーム「迎賓館」の中へ姿を消していた、というのだ。ちなみに、この迎賓館は地上5階建で、普段は塩田夫妻とファミリーが居住している。

Dscn0672実は登記簿謄本によると、「笑社茶利」が入るビルは、ABCホーム関連会社「トップワン」が所有。実質上、トップワン経営の料理屋と見られる。さらに、中川氏の政治資金収支報告書(秀政会)にも平成17年11月22日、飲食代としてトップワンに6万4000円の支払いが記載されていた(周知のように、5万円以下の支出は領収書の添付が必要ないので、この1回と限らない)。

つまり、ABCホーム関連会社が実質経営する「笑社茶利」で中川元幹事長は季節の会席料理を楽しみ、塩田夫妻らが待ち受ける「迎賓館」でプライベートタイムを過ごしていたのは、ほぼ間違いないと見られる。この辺りは西麻布の裏通りで、都心とは思えない閑静な地域。〝お忍び〟で通うには絶好のロケーションだった。

【写真=西麻布裏通りの〝絶好の隠れ家〟「ABCホーム迎賓館」(上)と「笑社茶利」(下)】

2008年2月22日 (金)

【注目記事】「フルキャスト株空売り『インサイダー』の火元」(FACTA3月号)

Dscn1014 本誌は1月21日、不動産会社「ABCホーム」(塩田大介会長)が、過去2度にわたって東京国税局から強制調査(査察)されていたとして、次のように報じた。

昨年5月、ジャスダック上場の不動産会社「ダイナシティ」(東京都港区)に、05年3月期までの5年間で使途秘匿金6億円があったとして東京国税局から制裁課税されていたが、これに関連して2年半ほど前に同社と取引関係があったABCホームに査察が入っていたという。この査察は、あくまでもダイナシティの「反面調査」的な色彩が強いものだったが、半年後に再度、ABCホーム本社や東京・西麻布にある「迎賓館」など関係先が徹底的に強制調査されていた。

そうしたところ、会員制情報誌「FACTA」3月号に掲載された「フルキャスト株空売り『インサイダー』の火元」という記事の中でも、ダイナシティ所得隠しの「反面調査」からABCホームの脱税容疑が濃厚となり、いよいよ司直の手が入ろうとしている、と指摘している。

さらに、同記事によると、塩田会長は東京・銀座の高級クラブのママと結婚し、人脈を広げていくが、その1人にフルキャスト(東証1部)創業者の平野岳史氏がいた、という。そして、この「銀座のクラブに集う面々がフルキャスト株の空売りに関与、10億円近い利益を得ていた」疑惑がある、というのだから驚きだ。詳細はFACTA3月号をお読みいただきたい。

2008年1月18日 (金)

【ミニ情報】東京国税局が都内不動産会社「ABCホーム」を査察

Dscn0667Dscn0680本誌既報の不動産会社「ABCホーム」(塩田大介会長)が、過去2度にわたって東京国税局に強制調査(査察)されていたことが関係者の話などから分かった。

昨年5月、ジャスダック上場の不動産会社「ダイナシティ」(東京都港区)に、05年3月期までの5年間で使途秘匿金6億円があったとして東京国税局から制裁課税されていたが、これに関連して2年半ほど前に同社と取引関係があったABCホームに査察が入っていたという。この査察は、あくまでもダイナシティの「反面調査」的な色彩が強いものだったが、半年後に再度、ABCホーム本社や東京・西麻布にある「迎賓館」(=写真)など関係先が徹底的に強制調査されていた。

関係者によると、「国税の狙いは、塩田大介の〝脱税摘発〟にあることは間違いない。2年越しの〝調査〟が実るかどうか最終局面を迎えている」という。

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

無料ブログはココログ