« 【シリーズ】エフアール「鈴木義彦」  西義輝が残した「遺書」を一部公開(3) | トップページ | 【シリーズ】エフアール「鈴木義彦」  西義輝が残した「遺書」を一部公開(5) »

2019年8月26日 (月)

【シリーズ】エフアール「鈴木義彦」  西義輝が残した「遺書」を一部公開(4)

201908101449420001_20190826022401  今回は鈴木義彦(=左写真)がAに送った2通の手紙を取り上げる。この手紙は、平成18年11月下旬から同12月初旬にかけて郵送されたが、その直前の10月16日にAと西、鈴木が「合意書」の存在と共に有効性の認否をめぐって協議を重ねた結果、鈴木義彦がAと西義輝にそれぞれ25億円を支払うことを約した「和解書」が交わされたという場面があった。

 協議は数時間を経たなかで、鈴木は「合意書」に基づいた株取引を頑なに否定して、当初は宝林株の取得資金3億円をAが出したことさえも否定していたが、鈴木の指示で株の売り抜けを全て任されていた紀井が、西の聞き取りに応じて株の売り抜けの現場や利益の総額を始め、鈴木が利益の大半を海外に流出させてきた実態等の真相を語っていた事実が明らかになったことで、鈴木は遂に折れる形となり、冒頭に挙げた金額を支払う約束をAと西にしたことから、西が予め用意した「和解書」にAと西、鈴木がそれぞれ署名、指印した。

「和解書」には書かれなかったが、鈴木は、Aにはさらに2年以内に20億円を支払うと約束して協議は終了した。
 鈴木がAに送った手紙は、この支払約束を留保撤回し、代理人を新たに立てるから、その者たちと交渉して欲しいという内容だった。

「先日帰国しましたが、本日再度、出国せざるを得ません。当分の間、帰れません。理由は、国内で問題が発生しました(詳細は、青田氏から聞いて下さい)。帰国前から、青田氏から多少の情報は得ていたのですが、国内から海外へ切り口を付けようと本気のようです。誰がやったかは確認できませんが、私は西しかいないと思っています。(略)こんなことで本当に今回の件がキッチリ話がつき終わるのでしょうか?」
「紀井もあの日以来逃亡し、私一人では仕様もありません。(略)私は、社長が西、紀井と共謀しているとは思っていませんので、(略)是非、協力、再考して下さい」
 鈴木は、利益の隠匿が国税当局にバレて、問題が生じた。その原因を作ったのは西しかいないと決め付けたうえで、先ずは「和解書」の履行に疑問を投げた。そして、三者協議について、
「紀井の卑劣な裏切りに動揺し、3年間に及ぶ西の全てがウソの作り話を、ハッキリさせず、西の罠にはまり、安易に和解してしまったこと、金額についても、現在自分が、全資産を処分して出来うるギリギリの数字を言ってしまったこと(現在の状況では非常に難しい)、また、紀井が言っている数字は、表面上の数字であり、損、経費、裏側の事情が全く分かっていません」
としつつ「私しか本当の利益の数字は分かっていません」と断じる。鈴木が三者協議の場で認めたのは、わずかに「合意書」に基づいた株取引は宝林株のみであったことだが、この冒頭の流れを見ると、鈴木が株取引で上げた利益を不正に海外に流出させていたこと、紀井が証言した利益総額約470億円は事実であること(ただしそれは、鈴木に言わせれば粗利益で、純利益ではない)を認めたうえの話になっている。
「私はこの3年間で西と会ったのは、(略)2回きりです。TELも1回、それきりです」
「特に今回、私を陥れるため作り上げた香港での殺人未遂事件は、考えれば考えるほど、頭にきて眠れません。到底許せることではありません。第三者を入れ、ウソだった、作り話だったと判明させなければ、納得がいきません」
「(紀井は)話し合い当日に全ての仕事をほっぽり出して逃亡していますが、私の被害が多方面で非常に大きいということ。また、やり方が非常に卑劣だということ。また、紀井は、国内外の関係者数名に、私が殺人を犯すような人なので、私の所を辞めたと言っています。(略)このような話をされては、私の国内外における仕事の被害も甚大です。許せません。(略)3人が共謀して、私を陥れようとしたのか、疑念を抱いてしまいます」
「今回の件も話がほとんど漏れており、どちらにしても、西と紀井がいる限り、秘密保持は出来ません。何とか紀井本人を捕まえて、第三者を入れ、キッチリ紀井から本当の事情を全て聞きたいということ」
 そして、「合意書」の件になると、
「よく振り返って考えると、何の株を買うとか、どのくらいの数量を買うか等、株に関することで、3者で話し合いをしたことが一度も無いということ。(西と2人でも一度も無い)また、私一人で立案し稼いだ資金を、国内外の移動という、現在もっとも難しいことで、なぜ、一人だけでやらなければいけないのかということ」
「合意書」を交わして、Aに株価の買い支え資金を出させておきながら、一方でAを蚊帳の外のような状態に置いて、情報の遮断を策したのはほかならぬ鈴木自身だった。
「私一人で立案して稼いだ資金」とは、よくも言ったもので、宝林株800万株の取得は西の交渉によるもので、その後の取得した宝林株を高値で売り抜けるための買い支え資金はAが出した。もし鈴木が立案したと言うのであれば、それは、利益を密かに海外に流出させ、タックスヘイブンのプライベートバンクに隠匿することだったのではないのか。
しかし、鈴木は、こうした独りよがりの理屈を根拠に「私がした約束は、西の脅しと騙し、紀井の裏切りにより、正常な判断を奪われてしたもので、私を拘束するようなものでは有り得ない」と主張することに尽きた。そして、今後の対応を、「私のことをよく理解してくれている青田氏と、弁護士の平林先生に、国内における全ての問題の代理人として全面委任することにしました」と言って、鈴木自身は身を隠す。
「今後、全てが解決するまで、私がこの件で直接話をすることはありませんし、金を払うこともありません」
 鈴木が狡猾と思われるのは、Aだけは自分のことを理解している、とAに思わせるような流れを作っていることではないか。それを窺わせているのが、末尾の件である。
「私は、海外での資金作りに最大限、全力投球するつもりです。また、現状それしか出来ません。(海外口座を作ることは検討しておいて下さい)
 何とか私のこの真意をよく理解して戴き、世の中の道理に適う形、納得いかない点の解決に協力してもらい、和解金、支払い方法等の再考をお願いします」

Aは、鈴木の手紙を読み、この問題は当事者同士で話し合いをしなければ解決しない、という趣旨の手紙を平林弁護士経由で鈴木に送った。
しかし、鈴木は頑なに代理人を立てることに固執し、姿を現そうとしない。これも鈴木の常套手段に違いない。

二通目の手紙でも鈴木のAに対する態度は変わらないように見えた。
「根本的に私は、今回の件は以前に社長に言いましたが、合意書とか、和解書とか、そんなものは関係ないのです。社長には過去たいへんお世話になり、人物的にも魅力を感じ、男としても一目も二目も置いていました。私にはそう思える人物が過去ほとんどいませんでした。それと100歩譲って西がJASのきっかけを作ったということです。JASの件では、双方に資金を渡しているはずです。西が一人だったら、何と言おうが、何をしようがびた一文渡しません。社長が居るからやろうという気持ちを維持しているだけです」

 そして、相変わらず紀井を悪者にして、
「話し合いの後、西が紀井に話し、紀井が私の関係者にTELをして、香港の件を含め、今回の件の話をしたことです。海外の資金は自分のものであって、自分のものではありません。関係者には事情を説明して、各方面対応してもらうしかないのです。当然、関係者は、このような件を一人で対応させるようなことはさせません」
 と言って「平林先生の力と青田氏がフォローしてくれなければ、完全な形で資金(現金)を受け渡すことは難しいのです。また、私が逃げ隠れするとか、裁判をするとか、話を壊すつもりならば代理人等立てません」と、代理人を立てることの正当性を強調した。

もし、鈴木がこの二通の文面にあるように、Aに対しては「和解書」の履行に努力するという意思があったならば、代理人となった青田、平林の両人は、本当に交渉する現場を作ったに違いない。しかし実際には逆だ

« 【シリーズ】エフアール「鈴木義彦」  西義輝が残した「遺書」を一部公開(3) | トップページ | 【シリーズ】エフアール「鈴木義彦」  西義輝が残した「遺書」を一部公開(5) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【シリーズ】エフアール「鈴木義彦」  西義輝が残した「遺書」を一部公開(3) | トップページ | 【シリーズ】エフアール「鈴木義彦」  西義輝が残した「遺書」を一部公開(5) »

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


警察権力と癒着し、事件屋・大塚万吉らと結託するアクセスジャーナル山岡俊介を徹底弾劾せよ!!


  • 本誌との「停戦合意」を一方的に破棄し、本誌編集長・奥村順一に対する言われなき誹謗中傷を繰り返すアクセスジャーナル山岡俊介を我々は断じて許すことはできない。すでに「我慢の限界」を超えている。本誌は反撃・報復する。
  • 山岡俊介「全面自供」

「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

無料ブログはココログ