« 「謎の失踪事件」を追う(1) 偽情報に振り回され警視庁が300人体制で1カ月捜索 | トップページ | 【お知らせ】 エフアール「鈴木義彦」が申立てた本誌記事の「削除仮処分命令」が決定される、本誌は今回の「言論弾圧」に断固反撃する »

2019年6月26日 (水)

青山メインランド西原良三社長「恐喝事件」、被告訴人側が「虚偽告訴罪」で訴えの準備へ、「国家賠償請求」も

1_20190626095701 ネット情報紙「アクセスジャーナル」(代表・山岡俊介)が連日報じる不動産会社「青山メインランド」(東京都千代田区)の西原良三社長をめぐる「恐喝事件」。これに一部週刊誌なども追随したため、一気に世間の注目を浴びる事態になっている。

西原社長は、「買春疑惑」を実名入りで書かれた記事(アクセスジャーナル昨年10月10日付)に絡んで1000万円を恐喝されたとして告訴、被告訴人は山岡俊介のほか総会屋の竹之内昌虎、都内会社社長の松浦正親の3人で、これを警視庁組織犯罪対策3課は受理したと見られる。しかし、本誌は、被告訴人の一人である松浦正親に近い関係者から「まったく真逆」の証言を得ている。その詳細は本誌6月10日付記事をご覧いただきたいが、松浦正親は西原社長側から再三再四、頼まれてやむなく動き、その謝礼や経費として1000万円を受け取ったもので、「恐喝罪」を構成する要件として重要な「相手を畏怖する」などの言動も松浦正親の人物評からあり得ない、というのが衆目の一致するところなのである。アクセスジャーナルの問題の記事が実名からイニシャルに切り替わった際に、西原社長は「本当に有難うございました」「凄いです」「感謝申し上げます」とLINE(=左写真)に流し、後日、慰労会まで開かれていた。

松浦正親サイドから見れば、今回の「恐喝事件」とされるものは、まさに「寝耳に水」、「青天の霹靂」と言ってよいだろう。「恩を仇で返されたとしか思えない西原社長に対し虚偽告訴罪で訴える準備をすすめています」(同関係者)という声さえ漏れ伝わっている。

この事件、どう見ても完全に「無理筋」なのだが、予断を許さない面もあるようだ。もう一人の被告訴人である総会屋の竹之内昌虎が別件の暴力行為法違反容疑で今月18日に同じ組対3課などに逮捕、現在勾留中だからだ。さる事情通は次のように解説する。「竹之内容疑者の再逮捕はあり得ない話ではありません。山岡俊介、松浦正親を含む全員逮捕のXデーがあるとすれば手続き上、竹之内容疑者の勾留期限の2、3日前が一番危ないでしょう。山岡が『国策捜査』と声高に批判しているのも、逆に当局をいたく刺激してしまった可能性があります」

松浦正親に近い関係者は、本誌の取材に対し以下のようなコメントを最後に残した。「今回世間を騒がせることになってしまった恐喝事件は、まったくいわれのないもので、『心外』の一言に尽きます。万が一、逮捕されるようなことがあれば、国家賠償請求も辞さない方向で、全面的に争うことになるでしょう」

« 「謎の失踪事件」を追う(1) 偽情報に振り回され警視庁が300人体制で1カ月捜索 | トップページ | 【お知らせ】 エフアール「鈴木義彦」が申立てた本誌記事の「削除仮処分命令」が決定される、本誌は今回の「言論弾圧」に断固反撃する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「謎の失踪事件」を追う(1) 偽情報に振り回され警視庁が300人体制で1カ月捜索 | トップページ | 【お知らせ】 エフアール「鈴木義彦」が申立てた本誌記事の「削除仮処分命令」が決定される、本誌は今回の「言論弾圧」に断固反撃する »

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


警察権力と癒着し、事件屋・大塚万吉らと結託するアクセスジャーナル山岡俊介を徹底弾劾せよ!!


  • 本誌との「停戦合意」を一方的に破棄し、本誌編集長・奥村順一に対する言われなき誹謗中傷を繰り返すアクセスジャーナル山岡俊介を我々は断じて許すことはできない。すでに「我慢の限界」を超えている。本誌は反撃・報復する。
  • 山岡俊介「全面自供」

「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

無料ブログはココログ