« 【ピリ辛ニュース】 格闘技団体「イノキ・ゲノム・フェデレーション」ふたたび臨時株主総会を開催、週明けの7日にも、対立の背景にはアントニオ猪木夫人「ズッコ」の存在 | トップページ | 【ピリ辛ニュース】 東京・西五反田「海喜館」で被害63億円の積水ハウス、契約相手先「IKUTA HOLDINGS」のオーナーは生田剛という人物 »

2017年8月 7日 (月)

【新連載】「田中角栄」再検証(4) 自民党から失われた戦後保守政治の「良識」

Th

田中角栄は吉田茂がしいた「戦後保守」の政治路線を引き継いだ政治家だった。だが「政治家・角栄」を思想的な観点からとらえることは、歴代首相の政治スタンスを思想史的に位置づけ、分類する上では必要なことなのだろうが、角栄という政治家を考える上ではもちろん無駄とは言わないがあまり意味のないことと言える。これもやはり前回連載でふれたことだが、角栄は後に秘書の早坂茂三相手に「政治は生活だ」と語っており、同じ選挙で国会議員となった中曽根康弘がその最初から、「天皇制」、「社会変革」、「民族」という言葉を口にしていたのとは非常に対象的だ。だから、「生活」について語る角栄が吉田の軽武装・経済優先の国作りを支持して引き継いだのも、思想的な理由も皆無とは言えないまでも、それでもやはりただ単に彼のやりたいことにとって「好都合だった」からという功利的な理由が大きい。首相となる政治家のみながみな、強烈な思想的バックボーンがある人とは限らない。角栄が首相となった1972年当時は、「もはや戦後ではなく」、社会がかなりの部分総中流化していた。だからこそ学もなく、学もない大衆の後押しを受けた角栄でも首相になれた。そういう意味では、角栄が『日本列島改造論』をかかげて首相になった72年が、60年安保に始まり70年の三島由紀夫の割腹自決で幕を閉じるという、戦後日本で最もイデオロギー的に熱かった「政治の季節」が終焉した後だったということは歴史的必然とも言える。

では、角栄とはどういう政治家だったのか。それはとりもなおさず、角栄とはどういう人間だったのかを考えることでもある。そこでここからしばらくは政治家になる前の角栄について、その生い立ちを含めて振り返ってみたい。その場合役に立つのが角栄が残した自伝的な2つの著述だ。首相になった翌年の73年に書かれた『わたくしの少年時代』(以下、『少年時代』)という児童向け伝記本と、日経新聞連載の『私の履歴書』(同、『履歴書』)である。この2つの作品ではその後の角栄を語る上で欠かせないエピソードが読み手の思惑を超えてとても素直に語られていることもあれば、読み手の意図を意図的にはぐらかすように語られている部分もあり、他の参考文献を見ることで、虚実を交えた政治家という存在の実像らしきものが見えてくるからだ。

エピソード(1)幼き頃に形成された金銭コンプレックス

意外に思われるかもしれないが、角栄の実家は貧農の家ではなかった。祖父の捨吉(すてきち)は神社や寺を建てる宮大工の棟梁で、それにとどまらない学校や村役場の土木建築も請け負っていたので仕事に困ることはなかったようだ。『少年時代』では、「小さな村にしては、わたくしの家はずいぶんはでに生活していたほうだった」とある。角栄の幼少の苦労譚の根拠は正確に言えば、父親の代で没落してしまったことにある。

小さな村でそこそこな生活を営んでいた田中家にあった余裕からか、父親の角次(かくじ)は山っ気のある人物だった。周辺のほとんどの家が7〜8反(約7934平方メートル)の田んぼを有していた中、田中家には本業以外に8〜9反の耕す田があった。ところが角次は田んぼ仕事が嫌いで牛馬商、いわゆる馬喰(ばくろう)を手広くやっていたという。その角次は角栄が5〜6才のころ、北海道に牧場を持つことを夢見てオランダからホルスタインの乳牛の種牛の輸入を企てた。米が1俵6〜7円の時代に1頭1万5000円で3頭を輸入したというからかなりの大博打だ。ところがその牛も、北海道に送る最中に長旅の疲れと夏の暑さから3頭とも死んでしまった。全部パーである。この事件を機に、「はなやかだった父の事業もわるいほうへかたむいていった」と角栄は回想している。

暗転した事業の起死回生という思いもあったのか、角次は競走馬のオーナーにも手を染めていた。いくら周囲より良い生活をしていたと言っても新潟の寒村の中での話だ。競馬などに手を出せる経済的余裕はなかったが、妻や子供の角栄に楽をさせてやりたいという角次の夢に理解を示した妻のフメは、自らは田んぼに出て百姓仕事で昼夜問わず働き、足りない分や角次が事業に失敗した際などは、近隣の家に借金に回っては角次を支えていたという。そしておそらくは角栄が8〜9才のころ、また事件がおこる。こんどこそ勝てると新潟競馬に出た馬がレース中にケガをしてしまったのだ。
「ゴ ロクジュウエン カネ オクレ」
競馬で全国を転戦していた角次から届いた電報にはこうあったという。
ところが、またフメが借金行脚に行くわけにはいかない。考えた挙句、幼い角栄が親類の親戚の近藤という材木屋に借りに行くことになった。さすがに幼い角栄が無心に来たからか、その家では金は貸してくれたが、
「おまえのおやじも、なかなか思うようにはいかんねえ」
と憐れむような、もったいぶったような言葉をかけられた。この時に思いを角栄はこう語っている。

「その後わたくしが、人に金を貸してくれとたのまれたとき、かえってこない金だと思っても、貸すときはだまって出すことにした。わたくしにできなければ、きっぱりとことわる。出すなら条件はつけない。こういう考えかたは、父の不運を指摘された、このときにつちかわれたのかもしれない」(『少年時代』)

元朝日新聞政治部記者で、角栄の番記者を長くつとめた早野透は著書『田中角栄 戦後の悲しき自画像』の中で、「角栄は一つの体験から、人生訓を引き出すのが癖である」と書いている。高等教育を受けなかった角栄にとっては、学びの場は具体的な人生でしかなかったからそうなったのだろうが、それはつまり、この人生訓が角栄という政治家もしくは人間を理解する鍵にもなるということだ。事実、角栄の人生を顧みるとそうした見方が正しいことが分かる。この近藤家への無心以来培われた金銭哲学は、ほとんどそのまま「金権政治家」角栄の金銭感覚につながるものだ。

この時の体験は後の角栄の人生にさらに大きな影響を及ぼすことになるので、次回はそのことについてふれたい。
(本誌・原正吾)

« 【ピリ辛ニュース】 格闘技団体「イノキ・ゲノム・フェデレーション」ふたたび臨時株主総会を開催、週明けの7日にも、対立の背景にはアントニオ猪木夫人「ズッコ」の存在 | トップページ | 【ピリ辛ニュース】 東京・西五反田「海喜館」で被害63億円の積水ハウス、契約相手先「IKUTA HOLDINGS」のオーナーは生田剛という人物 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/65630942

この記事へのトラックバック一覧です: 【新連載】「田中角栄」再検証(4) 自民党から失われた戦後保守政治の「良識」:

« 【ピリ辛ニュース】 格闘技団体「イノキ・ゲノム・フェデレーション」ふたたび臨時株主総会を開催、週明けの7日にも、対立の背景にはアントニオ猪木夫人「ズッコ」の存在 | トップページ | 【ピリ辛ニュース】 東京・西五反田「海喜館」で被害63億円の積水ハウス、契約相手先「IKUTA HOLDINGS」のオーナーは生田剛という人物 »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

無料ブログはココログ