« 【一行情報】 「問題・欠陥弁護士」の情報などを公表している「鎌倉九郎」サイト、アクロディア筆頭株主の田邊勝己弁護士について言及 | トップページ | 【特設コーナー】 『ミスターXの新情勢分析』第2回 「パチンコ出玉規制」は対北情報活動工作の「序章」にすぎない、中国・公明党、そして麻生・フランスの動きに注目 »

2017年7月12日 (水)

【アウトローな豆知識】 世界「最狂」兵器・アパッチ戦闘ヘリの調達に失敗した陸自、軍需産業「富士重工」に血税350億円をむしられる、守屋元防衛事務次官は2億円の「口利き料」を要求

Ah64d

前川喜平・前文科省事務次官が参考人招致で公の場で発言したのが7月10日。同じ「前事務次官」でありながら全く異なった民事訴訟の法廷という「公の場」に、恥ずかしげもなく軍需産業の一翼を担う「富士重工」(現在・スバル)という民間企業から2億円の「口利き料」をせしめようとしてあらわれた人物がいる。小池百合子が防衛大臣だった時の守屋武昌・元防衛事務次官で、それは昨年11月のころだった。

国は富士重工(当時)に対し、陸上自衛隊の戦闘ヘリ・アパッチロングボウ(AH-64D)62機の調達を米国からのライセンス生産を「初度費」という予算名目(※初度費については詳しい解説が必要だが、今回は割愛。要は、支払いの口約束)で支払う契約をしたが、結局は13機の調達に縮小することになり、富士重工が大きな損失を被ることになったとして、国が約351億円の支払いに応じるハメになった。守屋はその裁判の手助けをしたから、「分け前」を寄こせという訴えに出たと言うものだ。

経緯の詳細は複数の雑誌が触れているのでここでは省くが、前川証言では、安倍政権擁護派などから、「文科省は格下省庁だからおきうること」といった言説が飛び交った現実もある。それは、「格下省庁」のトップ稲田朋美(防衛大臣)のトンデモ失言の現実にもオーバーラップする。格下省庁だから、安倍のおぼえめでたき「朋ちゃん」なるものが資質なきまま大臣に就任し、その通りの失言をする……。

そもそもが、日本の陸自にアパッチロングボウなる兵器が必要なのかという議論が存在する。アパッチヘリと言えば、戦車を一撃にして破壊するミサイル、広範囲を攻撃するロケット弾、視界ゼロでも敵索・攻撃できるレーダーを保有する、「世界で最も強力な兵器」の一つだ。「専守防衛」をかかげる日本の憲法からすれば、いらぬ長物のようにも思える。そして事実、アパッチヘリはいらないのだ。戦闘ヘリの攻撃性が米軍で悪用された事例がウィキリークスで暴露された。有名な実例として、以下のような動画をいつでも見ることができる。



富士重工による米国からのライセンス生産が夢に終わったのも、国際兵器情勢から言えば、旧型の兵器でバージョンアップ生産を繰り返すという主流の流れから外れたため、防衛費でまかないきれなくなったことによる(だからこそ口利き予算ではたりなくなり、その損失が税金からの支払いであてられることになった)。「欲しい兵器はなるべく欲しい」というのが、現場での感情ではあるが、限られた予算で可能な投資をおこなうというのが、官民問わず金を使う人間の「イロハ」なのだが、格下官庁にはその常識が通用しない。

また、「現実可能性」から「可能なことをおこなう」という発想ですら、そこには「防衛・安全保障をいかにしていくべきか」という政治的・イデオロギー的な発想は皆無なだけに、その原初には、たとえば中国軍が日本の島嶼部に突如上陸したら、アパッチで駆逐すればいい……という、「子どものケンカ」のような理屈しか見いだせない。そこには、上陸を事前に防ぐ、もしされた場合には現有勢力を最大限に生かしながら防衛にあたるという、「大人の」建設的な発想は見いだせない。(流やってもいないインフルエンザ・ワクチンの備蓄に莫大な予算をかけて備えるとでも言おうか)。

などと考えてみれば、元事務次官の守屋が恥ずかしげもなく軍需産業にたかろうとし、稲田のような「なんとかチルドレン」が我田引水をはかろうとする現実も理解できようと言うものだ。

« 【一行情報】 「問題・欠陥弁護士」の情報などを公表している「鎌倉九郎」サイト、アクロディア筆頭株主の田邊勝己弁護士について言及 | トップページ | 【特設コーナー】 『ミスターXの新情勢分析』第2回 「パチンコ出玉規制」は対北情報活動工作の「序章」にすぎない、中国・公明党、そして麻生・フランスの動きに注目 »

コメント

不正確記事です

何が言いたいのかさっぱり伝わってこない。日本国憲法は最強って言いたいのか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【一行情報】 「問題・欠陥弁護士」の情報などを公表している「鎌倉九郎」サイト、アクロディア筆頭株主の田邊勝己弁護士について言及 | トップページ | 【特設コーナー】 『ミスターXの新情勢分析』第2回 「パチンコ出玉規制」は対北情報活動工作の「序章」にすぎない、中国・公明党、そして麻生・フランスの動きに注目 »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

無料ブログはココログ