« 【ピリ辛ニュース】 フェイスマスクLuLuLunで急成長の「グライド・エンタープライズ」、会長に「恐喝で逮捕歴」 | トップページ | 【一行情報】 東証1部「日東エフシー」の第3位株主が持つ179万株のほとんどが「担保」に »

2017年5月 9日 (火)

【ピリ辛ニュース】 東証1部「日東エフシー」株が大量に担保、ひそかに売却か、田邊勝己弁護士らが関与との情報も

Dscn1556Th9名古屋市に本拠をおく化学肥料の独立系中堅メーカー「日東エフシー」(東証1部4033、社長・渡邉 要)。戦後まもない1952年に設立された会社で、これまで不祥事・スキャンダルの類はほとんど聞くことはなかった。2年前には晴れて東証1部などへの指定替えもはたしている。昨16年9月期の連結決算では、売上高169億円、経常利益5億2200万円と前期実績を下回ったが、1株あたりの配当22円は維持した。

こうした地味ではあるが堅実なハズの同社株が、大量に正体不明の金融筋に沈み、すでに売却された、との情報がいま兜町関係者の間で駆けめぐっている。ズバリ、それは第3位の主要株主である「株式会社A.1」(代表・加藤幸美)が所有する約30万株だ。「4月の初め頃には、日東エフシーという聞きなれない株を担保に金を貸してくれるところはないか、という話がすでに出回っていました」(ある金融ブローカー)。

本誌が確認しただけでも、複数の金融筋にこの話は持ち込まれていたが、審査などで通らなかったという。実は、かつてのように株券を譲渡担保にとって融資していた時代とちがって、株券電子化の影響によって「証券担保金融」は、それほど旨味がなく各社やりたがらなくなった。審査にも時間がかかるようになったという。しかし、その一方で、流動性がない銘柄をブロックで持つ株主らにとっては、市場で売却すれば途端に値崩れをおこすため、どうしても証券担保金融に頼らざるを得ない側面が現実にある。

この間隙をついて、怪しげな金融ブローカーたちと「謎の金主」が登場するわけだ。今回の日東エフシー30万株がめぐりめぐって落ちついた先は、「ヤマゲン証券」(社長・藤原和則)だった。いまや「仕手筋御用達」として名高い証券会社だ。事情通は次のようにいう。
「ヤマゲン証券の大株主と称している石川善光という男が最終的に話をつないだ。30万株の掛け目(=担保率)は5割前後と聞いている。契約の場には田邊勝己弁護士がいたため、A.1サイドもすっかり信用したようだ。しかし、契約のなかには強制売却の条件をふくむデフォルト条項も入っていて、すでにヤマゲン証券をつうじて市場でひそかに売却されている可能性が高い」

日東エフシーの時価は907円(8日終値)で、一日の出来高は1万株を切るケースもあるくらい流動性のない銘柄である。それがゴールデン・ウイーク前から徐々に出来高がふくらんでいるのはデータ上からも明らかなのだ。

ところで、ここに登場する石川は本誌も過去に何度か会っている。株式評論家の松本弘樹を介してのことだった。今回は詳しい事情は省くが、松本が数年前に体調を崩し「消息不明」となった遠因をつくったのは、この石川だったことは間違いない。その後、石川は、丸石自転車、セイクレストなどで手形を乱発した事件屋「紙屋道雄」(現在は神谷光将もしくは紙屋光将などの偽名を使用)との関係を深めていく。石川が何故、田邊弁護士の「カイロス総合法律事務所」に出入りするようになったのか、判然としない部分も多いが、すでに目撃情報が本誌に寄せられていた。

マザーズ上場「アクロディア」の筆頭株主になることで何を思ったのか、「僕は新たなステージに立った」と周辺に洩らしているという田邊弁護士。実際は定かではないヤマゲン証券の大株主と称する石川のような男らを引き寄せているのかもしれない。あまりにも「ユニークな弁護活動」と言わざるを得ないだろう。

なお本誌の取材に対し、日東エフシー総務部は「A.1が主要株主という認識は持っているが、それ以上のことは分からない」との回答だった。A.1の連絡先となっている税理士事務所にも取材の趣旨を伝えたが、いまだ返答がない。

« 【ピリ辛ニュース】 フェイスマスクLuLuLunで急成長の「グライド・エンタープライズ」、会長に「恐喝で逮捕歴」 | トップページ | 【一行情報】 東証1部「日東エフシー」の第3位株主が持つ179万株のほとんどが「担保」に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/65257156

この記事へのトラックバック一覧です: 【ピリ辛ニュース】 東証1部「日東エフシー」株が大量に担保、ひそかに売却か、田邊勝己弁護士らが関与との情報も:

« 【ピリ辛ニュース】 フェイスマスクLuLuLunで急成長の「グライド・エンタープライズ」、会長に「恐喝で逮捕歴」 | トップページ | 【一行情報】 東証1部「日東エフシー」の第3位株主が持つ179万株のほとんどが「担保」に »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

無料ブログはココログ