« 【ピリ辛ニュース】 東証マザーズ「アクロディア」、筆頭株主・田邊勝己弁護士の取得コストは「ゼロ」、あまりに露骨すぎるスキームで悪評、石川善光らのブローカーも暗躍 | トップページ | 【一行情報】 東証1部「日東エフシー」の創業家一族が持つ大量の株が金融筋に沈む、愛知方面の中古車販売会社から融資を受けたのがきっかけか »

2017年5月18日 (木)

【ピリ辛ニュース】 東証2部「クレアホールディングス」が迷走、「山口組系大物金融屋」永本壹柱との対立から実質オーナーMらが「窮地」に

Imagesk5w73mffImages76bf0tl9かつては久間章生元防衛相が旗振り役だった「ソチ人工島建設計画」や旧グッドウィル・グループのM&Aにからむ巨額脱税事件の舞台となった「東邦グローバルアソシエイツ」。それも今や昔のこと。同社は「クレアホールディングス」(東証2部1757、社長・黒田高史)と名前を変えて、なぜか上場廃止にもならず生き残りつづけている。「ゾンビ企業」の代表例と言ってよい。

09年11月、東京地検特捜部は「コリンシアンパートナーズ」の元代表・鬼頭和孝を脱税容疑で逮捕。それ以前にこの鬼頭から大量の新株予約権を譲り受けていたのがMだった。詳細は省くが、Mらは株主総会でなんとか議決権を確保し、現社長の黒田ら役員を送り込むことに成功した。しかし同社株は事件の影響もあって大暴落、株価は1円に限りなく近づいた。それでもMらは「銭単位」で予約権を行使しつづけたのだ。当時、本誌はそれを「1円玉のチャリンと音がする」と揶揄したものだった。

その後、この「1円増資」に協力するグループがあらわれた。新日本証券出身のOで、旧大蔵官僚のTらが大株主に名前をつらねるようになった。12年7月の「株式併合」を経て、同社は過去に、幾度となく増資を繰り返してきた。ある関係者によれば、その総額は37億円に達する。しかし、増資資金を使ったどの事業もまともにいった例はない、というから呆れる。

「太陽光発電、住宅建て売り、海外オイル会社買収など、どれも空振りで、累々たる屍の山。あとにはゴミのような資産がのこった。これだけ色々やっているのだから、一つくらい当たってもいいハズなんだが、打率はゼロ。無借金で、オンリー・ファイナンスだったから潰れなかっただけで、普通なら経営陣の責任問題に発展していてもおかしくない」(同関係者)

そして極めつけは、15年11月に持ち上がった金鉱山の運用管理会社「ジパング」(社長・松藤民輔)との提携。このジパングそのものは13年9月、ジャスダックを上場廃止になっていたが、まだアメリカのネバダ州によい金山を持っている、という話だったようだ。

「(クレアHDの新株予約権を大量に保有する)EVO FUNDから持ち込まれた。この話にMは大いに乗り気で、ジパングの旧株主1万人がひとり1万株買えば1億株になる、と周囲に吹聴していた」(前同)

ジパングとの提携を材料にクレアHD株を買いあがったのは、「1円増資」の時からMと協力関係にあった先のOらのグループ。Oは、本誌にもたびたび登場する「山口組系大物金融屋」として名を馳せた、あの永本壹柱(本名=ソン・イルジュ)まで引きずりこんだ、という。永本は関西方面のパチンコ屋などにも声をかけたようだ。Oと永本らは、2倍の70円ちかくまで買いあがったが、ジパング社長の松藤が一方的に提携を破棄したため、相場は一気に崩壊。Oと永本らのグループは、それまでに総計3000万株は買っていた模様だ。永本自身もダミー口座を通じて相当な損害を被ったという。一方、行使価格41円の新株予約権を大量に持つ「EVO FUND」は、ひそかに売りをぶつけていた。永本らもこれに途中で気がつき不満を洩らしていたという。ちなみにEVO FUNDによる新株予約権の行使は、累計20億円に達するとみられる。

「騙された」永本らの怒りはMだけではなく、社長・黒田以下の経営陣にも向けられはじめた。「役員の連中は1000万円ちかい年収をとっている。なかには高級時計を身に着け外車で出勤してくる者までいる。無能な経営陣を総入れ替えすべきとの声が株主から出てくるのは間違いない」(前同)

すでに大病を患っていると噂されるM。今後、永本らの怒りをどうおさめていくのか注目だ。

« 【ピリ辛ニュース】 東証マザーズ「アクロディア」、筆頭株主・田邊勝己弁護士の取得コストは「ゼロ」、あまりに露骨すぎるスキームで悪評、石川善光らのブローカーも暗躍 | トップページ | 【一行情報】 東証1部「日東エフシー」の創業家一族が持つ大量の株が金融筋に沈む、愛知方面の中古車販売会社から融資を受けたのがきっかけか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/65297004

この記事へのトラックバック一覧です: 【ピリ辛ニュース】 東証2部「クレアホールディングス」が迷走、「山口組系大物金融屋」永本壹柱との対立から実質オーナーMらが「窮地」に:

« 【ピリ辛ニュース】 東証マザーズ「アクロディア」、筆頭株主・田邊勝己弁護士の取得コストは「ゼロ」、あまりに露骨すぎるスキームで悪評、石川善光らのブローカーも暗躍 | トップページ | 【一行情報】 東証1部「日東エフシー」の創業家一族が持つ大量の株が金融筋に沈む、愛知方面の中古車販売会社から融資を受けたのがきっかけか »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

無料ブログはココログ