« 【東京アウトローズ ピリ辛ニュース】 東証1部サンフロンティア不動産、決算説明会冒頭で堀口社長みずから本誌記事に反論、焦点の合同会社について一切触れず | トップページ | 【東京アウトローズ ピリ辛ニュース】  都内有名事件物件「真珠宮ビル」、再び登記簿閉鎖に »

2015年2月10日 (火)

【沖縄現地取材】 アベノミクス象徴銘柄「ユーグレナ」、ミドリムシ大量培養は本当に独自技術なのか、巨額設備投資計画の遅延判明、増資資金も不透明な債券投資に

Photo

■「ミドリムシで世界を救う」。いまや東証1部で最もPERが高いユーグレナ(出雲充社長)。首相・安倍晋三がイスラム国日本人拘束事件の解放交渉のさなかに出席した「ベンチャー企業大賞」(=写真、1月22日)で格段の表彰を受けた、まさしくアベノミクスを象徴する銘柄だ。だが本誌は、このユーグレナについて次のような関心を持っている。現在の時価総額に相当する技術力がこの会社にあるのか。また、増資で調達した資金の行方についてである。

■平成17年に世界で初めてミドリムシの大量培養技術を確立した東大発ベンチャー企業として知られるが、出発点は六本木ヒルズである。ライブドアの堀江貴史や村上世彰のブレーン・植島幹九郎などのイケイケなベンチャー起業家が役員に名を連ねていた。東大構内に移転したのは19年8月である。

■同社のウリは、17年に世界で初めて確立したとするミドリムシの屋外大量培養技術である。これを柱としたミドリムシの健康食品・化粧品の販売がヘルスケア事業の柱だ。同社はミドリムシを利用したエネルギー事業を掲げているが、ヘルスケア事業に比してセグメントは極めて小さく(外部売上高約686万円で全体の0・2%)、大幅な赤字を出しているため、実態としては単一セグメントである。

■事業の根幹ともいえる屋外大量培養技術について、ユーグレナは極端に外部の目にさらされることを嫌ってきた。コカ・コーラの原液などの事例をあげ特許化せず、同社広報に問い合わせても「大量培養をおこなっている場所なども一切非公開」としている。要はブラックボックスになっているのだが、この技術に対して重大な疑惑が呈されている。ユーグレナが上場する前に、当時の経営幹部が屋外大量培養技術を「自社技術ではない」と出雲社長に対して異議申し立てをしているのだ。この訴訟は昨年4月に「さくらファイナンシャルニュース」が報じている。

■〈上場企業では、投資家に対して会社の様々な情報を提供していくのですが、このなかで『ユーグレナの食品用途屋外大量培養に成功』という技術面でのアピールが検討されていました。平成23年1月以降、社長と多喜取締役と私の3人でIPOミーティングという定例会議を開催しておりましたが、その中で、この技術は本来自社技術とはいえないものであるため、かかる記載について訂正を求めましたが、社長と多喜取締役はこれに応じなかったのです〉〈独自唯一の技術でないにもかかわらず、その技術を我々世界初の独自の技術であるというふうに広報していたことに関しては問題があると指摘しておりました〉(元幹部の陳述書などから抜粋)

Photo_2

■ユーグレナは、ミドリムシの屋外大量培養設備の具体的な場所を明確にしないが、沖縄県石垣市白保に所在する同社子会社「八重山殖産㈱」内にあるものと思われる。同社の決算説明資料などにある写真と、現地取材にて確認した八重山殖産のプール(=左写真)が酷似している。また本誌が石垣市にて八重山殖産社長の志喜屋安正に直撃したところ、ミドリムシが同社内で作られていることを認めた。また、ライブドア事件に関連して八重山殖産を取材した雑誌記者に現在の写真を見せたところ、「当時とほとんど様子は変わっていない」との感想を得た。

■八重山殖産は昭和50年に設立され、ユーグレナ傘下に入る前はミドリムシと同じ藻類で、健康食品として長く利用されているクロレラの生産をおこなっていた。写真のプールはクロレラを作っていた時と同じものであるという。志喜屋と出雲は会社設立前に、ユーグレナ取締役で当時㈱ハイクロレラ役員だった福本拓元の紹介で知り合ったとのことだ。八重山殖産はメインバンクの破綻などで平成22年に経営が傾いたため、同じ商号の新会社を新設し、その後23年に現在のユーグレナ傘下に入った。実物を見ると、ずいぶんと年季の入った施設であることがわかる。

■さらに今回、ユーグレナが一昨年の増資の際に目玉として掲げていた設備投資計画に、実質的な遅延が生じていることも分かった。一昨年末に約76億円を調達し、資金使途として43億をミドリムシ生産設備(石垣市他)の増強に、10億円をヘルスケア事業拡大のためのM&A資金などに充てるとしていた。その際の適時開示や、25年9月期の有価証券報告書では、43億円の設備投資の着工予定時期が26年10月だった。それが26年9月期有価証券報告書では27年9月と約1年間延期になっている。資金投入時期は28年9月とそのままだが、着工時期が1年間もずれ込んでいるのだ。

■ユーグレナは昨年11月に、予定していたM&A計画が「候補先企業の諸事情により現在交渉が停止」したため資金使途変更を発表しているが、設備投資の変更については一切触れていない。これについて同社広報は本誌取材に「着工予定時期に関しましては、大型の設備となりますため、土地の選定や設計等での折衝などにより、当初予定の平成26年10月に着工がかなわなかったため予定の変更および有報での記載をおこなっております」と説明したが、有報にはそうした事情は書かれていない。

■そしてユーグレナが設備投資でまごついている間に、ミドリムシ市場をめぐる環境は変化している。昨年9月、資金力でユーグレナを大きく上回る神戸製鋼所の子会社「神鋼環境ソリューション」がミドリムシの大量培養・商品化に参入した。神鋼の培養設備は屋内のもので、天候の変化などの影響を受けにくいものだ。27年中に大量生産を開始、28年に商品化を目指す。ユーグレナと違い、培養技術の特許は26年9月に取得している。

■結果的に、ユーグレナは増資で調達した資金のほとんどを約1年間、当初掲げていた事業に使っていなかったことになる。決算説明資料によると、一昨年末に調達した約76億円のうち、26年9月期時点では約6億7千万円が研究開発費や八重山殖産の債務返済に充てられている。残りの巨額資金はどうか、30億円が定期預金に入り、約29億円が有価証券投資(固定資産計上)されている。多くは割引債などの社債と思われ、一部が償還・再投資に充てられるなどしているが、同社は銘柄や会計処理などの具体的な内容について一切公表していない。

■第1四半期決算発表の予定日は2月13日である。アベノミクスを象徴する銘柄であることから、今後の動向が注目される。

【本誌スタッフライター 半田修平】

« 【東京アウトローズ ピリ辛ニュース】 東証1部サンフロンティア不動産、決算説明会冒頭で堀口社長みずから本誌記事に反論、焦点の合同会社について一切触れず | トップページ | 【東京アウトローズ ピリ辛ニュース】  都内有名事件物件「真珠宮ビル」、再び登記簿閉鎖に »

コメント

貴社の記事の根拠はお粗末すぎ。
1.八重山殖産の写真から様子が変わっていないことから自社技術ではないと強調...プールでの培養だから必ずしもディメンジョン(写真)は変わる必要が無い。培養液や細かな条件がポイントでしょう。
2.神鋼の培養設備は屋内のもので、天候の変化などの影響を受けにくいものだ。...ジェット燃料はカーボンニュートラルが目的なので、屋内培養では意味がない。

他にもお粗末な点は多い。半田修平や編集長はお粗末すぎでしょう。

増資資金を使い込んでいるわけではないわけで、ある意味良かったとも言えませんか?
エナリスのように循環取引の後始末に増資資金が消えているわけじゃないんですから。

今はエネルギー価格も下落しており、実用化で来てもペイできない。むしろ、現段階では健康食品事業を強化して、健康食品事業の利益を使って継続的な開発資金獲得を目指したほうが良いと思います。

ユーグレナ社の培養液は、他の生物を殺す消毒液を使用。
なので、サプリメントに使用するのは、生成時に消毒液をミドリムシから洗い流し、
飲み込んだ消毒液も絞り出されたミイラ状態のミドリムシです。
この様な状況のミドリムシしか生産できないので、乾燥品しか販売出来ない。
製法が公になれば、協業会社も退散します。

本来、綺麗で清潔な水で育ったミドリムシは培地自体がきれいなので、そこから汲み出した
生のミドリムシがそのまま飲める。⇒商品名『みどりむしの恵みエメラルド』などとは、
健康に対する思想も、ミドリムシに対する育成の思想も違う!

ユーグレナ社の信者の方、何か???

■追伸:
 半田修平さんの東大閥等が支配する日本国に対して真実を伝えようとする姿勢は尊敬します。
 初期投資家にホリエモンがいたということは、その裏に誰がいるか?を
 編集長も半田さんも知っておられるようですが、そこをストレートに書けないのが
 気の毒です。東大卒を利用し上場して投資金を集める手法は、
 その裏方さんの得意技ですから解りやすいと言えばそうなんですが、
 当該会社の実態を徐々に解明していただけると有り難いです。
 
 
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/61112103

この記事へのトラックバック一覧です: 【沖縄現地取材】 アベノミクス象徴銘柄「ユーグレナ」、ミドリムシ大量培養は本当に独自技術なのか、巨額設備投資計画の遅延判明、増資資金も不透明な債券投資に:

« 【東京アウトローズ ピリ辛ニュース】 東証1部サンフロンティア不動産、決算説明会冒頭で堀口社長みずから本誌記事に反論、焦点の合同会社について一切触れず | トップページ | 【東京アウトローズ ピリ辛ニュース】  都内有名事件物件「真珠宮ビル」、再び登記簿閉鎖に »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

無料ブログはココログ