« 決算発表を直前に延期、社内調査委員会を設置したエナリスはいち早く真相を開示せよ | トップページ | 【ジャンク銘柄 今週の注目IR】 ソーシャル・エコロジー・プロジェクト、シード、虹技 »

2014年11月10日 (月)

【東京アウトローズ3行情報】 決算発表を延期したマザーズ上場「エナリス」、今週末14日が提出期限で「監理銘柄」入りの可能性も

P_name2

■マザーズ上場の「エナリス」(池田元英社長)が、ようやく今年度の第3四半期決算発表の延期について、同社HPのニュースリリースではなく、適示開示を出した。そのなかで眼を引くのは「(決算を)11月14日で発表することの可否についても監査法人と現在協議」しているという点である。これは、「一切の懸念を払拭しご安心いただくため」精査しているというようなレベルではなく、すでに財務諸表に重大な問題が発生し、監査法人と協議せざるを得ない状況にエナリスが陥っている、と見るべきだろう。

■と言うのは、今週末の14日(金)とは、エナリスの第3四半期(7-9月)報告書の提出期限ぎりぎりの45日目にあたるからだ。仮にここで同社が報告書を提出できなければ、東証の規則により自動的に「監理銘柄」となる。その提出の可否を現在、監査法人と協議中というのだから、これはただ事ではないのだ。

■エナリスが「監理銘柄」となった場合、1カ月以内に報告書を提出しなければ上場廃止が決まる。ただし、これには8営業日の猶予期間が設けられており、12月25日が最終提出期限となる。また、「監理銘柄」は、機関投資家が保有株式を持ってはならないというルールもある(ただし、株式の売買をすること自体は可能)。ある兜町のベテラン記者は次のように言う。「さすがに(大手)マスコミも、この間のエナリスの異常な動きに注目し始めた。14日の結果次第では、一斉に書き出すかもしれない」。

■はたしてエナリスは、14日に決算を発表できるのか。仮に発表したとしても、どのような内容になるのか要注目である。


【追記】14日が金融商品取引法で定める、いわゆる「法定開示」の提出期限だが、エナリスの場合だと関東財務局に延長申請が可能だ。これは速やかに適示開示されなければならない。

« 決算発表を直前に延期、社内調査委員会を設置したエナリスはいち早く真相を開示せよ | トップページ | 【ジャンク銘柄 今週の注目IR】 ソーシャル・エコロジー・プロジェクト、シード、虹技 »

コメント

クリスマスに上場廃止ってなったら、清しこの夜だね。

ここまで暴かれたら、粉飾・架空売上決算発表をするのは無理でしょう?

14日が最終期限なんですか。

下記記載は、不適当。確認中や審査中の段階がある。あえて、上場廃止を誇張している。


■エナリスが「監理銘柄」となった場合、1カ月以内に報告書を提出しなければ上場廃止が決まる。


監理銘柄(東証説明):
上場有価証券が上場廃止基準に該当するおそれがある場合には、その事実を投資者に周知させ、投資者がこれに対応する措置がとれるよう、当該株券を「監理銘柄」に指定します。
特に、上場会社が有価証券報告書等に「虚偽記載」を行って、かつその影響が重大かどうかなど、上場廃止となるかどうかの審査を行っている期間は「監理銘柄(審査中)」に、株主数基準などの上場廃止基準に抵触するかどうかの確認を行っている期間は「監理銘柄(確認中)」に指定します。

自分に都合のいい、やらせコメントだけ載せだしているのでは?

自作自演のコメントだけ掲載しているな?

一つのシュミレーションというか東証規則の流れを書いたまでで、
上場廃止を誇張したものではない、と思います。

誹謗中傷、罵詈雑言などの投稿は今後、一切載せませんよ。
そう言っているの、あなた分からないの?


批判精神を忘れたメディアがあまりにも多い現状のなかで、本誌はたとえ孤立したとしても「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。

批判とは、正しい理念・思想に基づくならば、可・益。

間違った、マルクス崇拝・マルクス主義者思想に基づいて
出す批判は、批判ではなく、社会を混乱させる意図的な、
故意の扇動。加害目的が推定される。
(マルクスはその根本精神がゆがんでいた。
曇ったメガネには、世界もゆがんで見える。
間違った批判・思想で、世界を混乱させ、
滅び去ったソビエトで、何千万人の粛清者を出し、
今なお、日本に刃を向ける北朝鮮・中国を存立させている)

これは、誹謗中傷ではないかと。


その際の最大の武器は「事実の発掘」であることは言うまでもありません。...最後の核心部分は「現場の取材」によってしか解明できません。そこにこそ、われわれの任務がある、と考えています。

「事実の発掘」というより、下記など「憶測、背信的悪意ある誘導・決めつけ」が
大きいのでは(誰だかわからん架空の記者を引用して「異常な動き」と言わせてみたり)。

>■というようなレベルではなく、すでに財務諸表に重大な問題が発生し、監査法人と協議せざるを得ない状況にエナリスが陥っている、と見るべきだろう。
■その提出の可否を現在、監査法人と協議中というのだから、これはただ事ではないのだ。
■ある兜町のベテラン記者は次のように言う。「さすがに(大手)マスコミも、この間のエナリスの異常な動きに注目し始めた。14日の結果次第では、一斉に書き出すかもしれない」。

7番目のコメントはすばらしい。よくこのような敵からとも
考えられるコメントを貴誌は掲載しますね。

いや、この点は、すばらしい。

できますれば、このコメントへの回答を拝見したい。

マルクス主義のどこが、どうゆう理由で間違っているのか、
具体的に指摘してもらわないと回答のしようがありません。

マルクスの思想体系は、19世紀のドイツ哲学(ヘーゲル)、
古典経済学(アダム・スミス)、自由人権思想(ルソー)を
批判的に摂取し、独自に体系化したものであることは、
よく知られています(いわゆる三つの源泉)。

あなたが言うように、簡単に完全否定できるほど、
甘っちょろい思想ではない、とだけ申し上げておきます。
かの池田信夫でさえ、「マルクスを再評価すべき」と言って
います。

旧ソ連、中国、北朝鮮などに対しては、マルクス主義の立場
からも厳しい批判があった。これもまた厳然たる歴史的事実。
旧社会主義国の否定的現実によって、マルクス主義が退潮
したことは認めますが、それをもって完全否定できない。

要は、マルクス主義にもよいところはありますよ、ってことです。

4半期報告書の法定開示はかなり厳格で、
その提出について今だにハッキリしない。
これはエナリス、監査法人の間で双方譲れ
ない大きな問題が発生している、と見るのが
そんなに変でしょうか。ごく常識的な見方と
思いますが。

兜倶楽部の動きを本誌なりに探りをいれた結果、
いますぐには動きはとれないが、エナリスの動きは
おかしいと記者たちが注目し始めていて、14日の
結果次第では書き始めるかもしれない、との話しが
取れたので書いたまでです。信じる信じないは勝手
ですが、架空の記者じゃないですよ。

労働価値説?

21世紀の日本に生きる人間にとって、
「頭を使った労働(知的労働)の価値」と、
「頭を使わない労働(いわゆる肉体労働)の価値」
の違いを認めない人間は極めて少ない。
と考えます。

アフリカの原住民(いるとして)の農民の一日の生産量と、
ロボットを駆使して、一日にコンピュータ制御されたロボットを駆使して
何台もの車を生産する日本人の、1時間の労働生産性が同じでしょうか?

ロボットを作るには、様々な発明・知的な価値が集積しています。
生産ラインを動かすのにも、膨大な知的な訓練の集積があってできます。
このハイテク工場の労働者と、家内制手工業の土産物つくりの労働者の
生産性が同じでしょうか?

根本に大きな間違いの定義・前提の上に築かれた、
膨大な思想に何の意味があるでしょうか?

古いスモッグの時代のヨーロッパ人(今のPM2.5の北京人と同じ)
をだませても、現代の日本人を洗脳できる説得力はありません。

マルクスが19世紀の産業資本主義を対象にしていた
ことから来る誤解・曲解です。

商品の使用価値はそれぞれ違うのに、それを交換せし
めているものは何か。これを極限的に、おそらく私の理解では
ヘーゲル的に突き詰めたのが資本論「第1章」の価値形態論
だったと思います。マルクス主義者にとっても、これを理解する
のは最大の難関です。

あなたが言う所の「生産性の違い」、これをマルクスは否定して
ませんよ。19世紀当時のイギリスによるインド植民地支配につ
いて、マルクスの有名な考察があります。


あなたが言う所の「知的労働」と「肉体労働」の違い、これもマルクスは
否定してませんよ。いま記憶で書いているので、間違っているかも
しれませんけど、たしか画家の描く絵を例にとって言及しているはずです。

おそらく、みなさん、マルクスを一回もお読みになっていないで、
近代経済学からの批判「マルクスの剰余価値論は間違っている。
だからダメなんだ」というのを鵜呑みにしているんじゃないでしょうか。

今は労働者が経営者(資本家)になる自由がある時代。

労働者階級であっても経営という頭脳労働で、
労働力商品を使用して剰余価値を生み出し、
資本の増殖を図れる時代。

労働者の資産形成・資産運用が保障されている時代。
労働者が頭脳や蓄積資本を使って、
資本家(ベンチャー起業家)に比較的簡単になれる時代。

剰余価値の搾取という概念が古い。
ファンド運用のプロなどは、その会社の社長より高い収入を得ると聞く。
経営能力(頭脳労働力)を提供して、
会社を渡り歩く高収入・超労働力・貴族労働者が存在する時代。

マルクス的解決(暴力肯定の階級闘争解決しかない)による、
労働者階級の蜂起が必要な時代ではない。

労働者階級という横並び一括りは、
各人の努力による、各人の労働力剰余価値の違いを否定する。

各人の労働力の剰余価値の違い(優秀な頭脳労働者の労働力)が、
社会的に認められる(それで成功できる)システム
(例えば、ベンチャー企業環境)があれば済む話。

マルクス主義は、そういう社会環境がない時代に
「そうかな」と思わせて、暴力階級闘争を正当化し、
一部の知的独裁集団の思想的絶対を固定化し
(マルクスレーニン主義への批判を禁止)、
粛清を生み出し、逆に大半の労働者階級の
資本主義的成功可能性(自由)を奪った、
極悪システムを作り出した。

面白い討論ですが、本題から離れてますね。

本題としては、ベンチャー育成環境、
「労働者➡経営者リッチマン」可能性環境を
協力に支援する立場に立って、批判すべし。

日本を繁栄させる立場、
ベンチャー的トライを許し支援する立場、
日本資本主義(社会主義とも言われる)を成功させる立場、
で批判すべき。

「マルクス主義的に、ベンチャー(資本家指向、資本家の卵)許さず。
資本家は敵。労働者階級よ蜂起せよ」基準で考えてはいけません。

という、取材姿勢を問うています。

拝察するに、「労働力商品」「剰余価値」などの概念はお認めになっている。
ということは、資本主義的生産は、労働者が普通に働いて賃金を受け取り、
それと意識することなく、搾取されるシステムである。「概念としては古い」
が、資本主義である限り、これは現代も変わらないということですよね。

しかし、現代は、過酷な資本主義ではなく、中間所得層も増え、労働者も
資本家になるチャンスが増えた。それがベンチャーであると。要は勤勉に
働けば、応分の報酬、チャンスは現代にはあるのだと。

これについては、ウエーバー学派の小室直樹「資本主義講座」https://www.youtube.com/watch?v=u8GoJ7SDvB0がたいへん面白い
ことを言ってます。バブル崩壊前までの1980年代の日本資本主義は、
世界にも類を見ない成功を収めた。しかし、それは実は社会主義的資
本主義だったのだと。これは私のようなマルクス主義者からも見ても、
実に目から鱗が落ちるような指摘だった。

何故なら、80年代とは、日本における革命的左翼が最後的に自己崩
壊しいく時期だったからです。要は、小室が言うところの「大企業の社長
といっても平均的労働者の6倍しかもらっていない」、これに負けたんだ
なと。

では翻って、80年代日本資本主義と現代を比較して見て、どうでしょうか?
そこから、自ずと回答が出てくるような気がします。マルクスその人は、資本
主義批判を徹底的にやって、体系化した。しかし、革命後のデッサンについて
は、実はほとんど何も言っていないに等しいんです。もちろん、企業の国営化、
農民の集団化などは、全著作のどこにもないわけです。

すべての論点について書くと、長大になるので、取り敢えずここまでにします。


次の方の本誌の取材姿勢について、先に回答します。

まずわれわれは、事実に対して真摯であらねばならないし、
裏のとれないものは掲載しない。ただし、観測的な記事を
どうしても出す場合は、それと分かるようにする、という方針
を貫いてきました。もちろん、事実にもとずく本誌または筆
者の見解、分析、批判なども記事にしてます。

今回、エナリスを「マルクス主義的に」特別、敵視している
わけではありません。同社は当初、本誌記事を「書き込み」
と称し、いまも風説の流布であると主張し続けています。
言うまでもなく、風説の流布とは、株価の変動を目的に、
虚偽の情報を流すことで、重大な犯罪です。

では、同社は、本誌記事のどこに虚偽があるのか、具体的に
指摘したことはありますか。また、われわれが株価変動を
目的としている証拠を何か提示しましたか。一切ありません。

根拠もなく「風説の流布」などと言われた以上、こちらも黙って
いるわけにはいかないのです。この際、はっきり申し上げれば、
エナリスの池田社長は、本誌に謝罪し、撤回すべきなのです。

昨日IRリリース確認。


今回、エナリスを「マルクス主義的に」特別、敵視している
わけではありません。

は、別の箇所の下記の主張と矛盾している。

「エナリスを安倍政権の片棒・象徴として、攻撃している」
と言っている。


また、エナリスは、アベノミクスを象徴する新規上場会社の一つであり、安倍政権に懐疑的・敵対的立場をとる本誌としては、今後も同社を含めた上場会社に重大な関心を払っていきたい。

-------------------------------
>資本主義的生産は、労働者が普通に働いて賃金を受け取り、
それと意識することなく、搾取されるシステムである

は、そうは言ってません。お間違いなく。

マルクスの「剰余利益の搾取」主張は、間違いです。

マルクス主義者?は、
「搾取と思いこませられたら、労働者を怒らせることができ、
資本家に対して階級闘争を起こす」というのが、
マルクスの本音で、多数がこれに引っかかった。

労働者は、階級闘争などしなくても、
労働者が団結して、別会社を作って、
利益を山分けにするようにしたり、
高度な技能、知識をつければ、
労働力商品を、剰余価値分も自分のものに
するような、別の道(自由)があればよかったはず。

子供は親に育ててもらわざるを得ないが、
親は、子供の成長を阻害はしない(普通は)。

労働者が、資本を蓄積して自分で会社を始めたり、
別の高収入会社に勤め換えできる、
自由さえあればよい。
資本家や、社会にそう要求すれば良かった。

資本家に対して、
それ以上の「盗人呼ばわり」をしたのが、マルクス。

石川五右衛門?が、太閤秀吉に
「お前は天下を取った。おれが少しくらい盗んで何が悪い」
といったとかの話に似ている。

「相手の正当な利益を、何とか言いがかりをつけて
不正と呼べないか」が、発想のもと。

「資本家を悪者仕立てする」理論として、
「剰余価値搾取」理論を発明し
本当らしさを装うために、
いろいろ膨大な似非理論を付けて、
大きくしただけのこと。

小室直樹もいうように、「一つのモデル・仮説の提示」
小泉信三の批判を含めて、マルクス主義・唯物史観は、
科学でも真理でもない。

特別に敵視していない、何か特別な意図なり背景はないという
ごく普通の意味なんですがね。

私は、あなたの質問にできるだけ真摯に回答しようと思い、書き
ましたが、どうやら無駄のようでした。平行線のようなので、これ
以上は、やめましょう。お疲れ様でした。

何故、議論をこちらから止めたのか、もう少し説明します。
上の方は、マルクスを批判するのに、例えば「剰余価値」
と言ってみたり、「剰余利益」と言ってみたり、ほとんどマル
クスを理解せず、展開している。こういう人が実に多い。

「剰余価値」の概念は、別にマルクスが発明したものではなく、
古典派のアダム・スミスからあるもの。おそらく、そんなことも
知らない、と思われます。

さらに、私は、わざわざウエーバー学派の小室直樹を引いて、
80年代日本資本主義と現代の比較という視点を提起したにも
拘わらず、こういう議論の仕方の方が双方、有益と思いましたが、
上の方は一切ふれない。

そして、相変わらず、同じようなマルクス批判を繰り返す。
要は、こちらと議論するというよりも、非難を続けることを
目的にしている、と判断したので、やめました。

よーするに批判精神とか言っときながら自分が非難されるのは許さないんですねwww
だから左翼は信用されないんですね。納得

あのね、「批判」と「非難」って、意味違うから。
国語辞典でも何でも引いて、調べてね。

今回、エナリスを「マルクス主義的に」特別、敵視している
わけではありません。

は、別の箇所の下記の主張と矛盾している。

「エナリスを安倍政権の片棒・象徴として、攻撃している」
と言っている。


↑についてちゃんと説明してよ。ここまで議論したなら。
左翼は都合の悪いことから逃げるのか。

[東京アウトローズのコメント引用]
>「剰余価値」の概念は、別にマルクスが発明したものではなく、

[私]
「剰余利益の搾取」をマルクスが言い出した。
「の搾取」という見解をマルクスが発明した。

と、主張してます。

東京アウトローズは、ジャーナリストの端くれにも関わらず、
日本語が読めないのかな?

このコメントは、まず掲載しないだろうけれど。

もう本当に疲れる。

アベノミクスに反対しているのは、マルクス主義者だけですか?
左右、色々な人たちが批判してませんか?

ですから、「マルクス主義的に」特別、エナリスを敵視しているわ
けではない、と申し上げている。

エナリスの本誌への対応、「風説の流布」などで刑事・民事で訴える
と言っているから、こちからも徹底的に対抗している、それが理由
です。


これも本当に疲れる。

あなたの言う「剰余利益」そんな言葉は
マルクスの全著作の中にない。

だから、古典派経済学の批判を通じて
マルクス経済学が体系化された、という
初歩的な前提をあなたに教えてあげた。

会計学ではないのよ。マル経の入門書
でも読んでから、出直してください。
それぐらいのことは、人を批判する際の
礼儀というものでしょう。

「剰余利益」ではなく「剰余価値」が正しい。

この点、用語を間違えました。お詫びして訂正します。

しかし、これは、大した問題ではない。
些末な議論。間違いだとすぐわかる誤記。
(何しろ、マルクス主義が大嫌いなもので)

マルクスの「剰余価値搾取」理論を正しいと考えるのでしょうか?

この点、こちらの主張に即して反論・説明お願いします。

なお、マルクスがその著書「共産党宣言」で、
暴力革命肯定、労働者階級の闘争・蜂起をあおった点は、
正しいのでしょうか?

ウェーバー学派の小室直樹氏は、マルクス主義は、
「単なる仮説」と、その著書「論理の方法」で述べています。
これを「不動の審理」と勘違いした輩がいたので、
民衆の塗炭の苦しみの75年(ソビエト連邦)の実験があったと。

人間は愚かなもので、75年もかからないとわからないんですね。
何千万人も、粛清や弾圧で殺されないとわからないんですね。
それでもわからない、東京アウトローズとは。?


東京アウトローズの経営理念について教えてください。

目的もなく批判することはないと思うのですが、何がしたいのかがよくわかりません。
ネタ提供してもらえるということだけでしょうか。
どこに持っていきたいかが伝わらないので荒れているのだと思います。
真実を伝えてどうしたいのか。
【あとは人の語るにまかせよ】とあるが、人に任せた結果どうなることを期待しているのか。

このサイトの意図が分からないので、書き込みとか非難するだけの人とかが出てきてしまっています。
はっきりとさせてほしいです。
(過去のスレにあるのであればパスを載せてほしいです。)

上記のコメントだけ見ていると、頭がいい人が、他の人を小ばかにながら相手の意見を否定し続けているだけで、どちらも滑稽です。
いいサイトだと思うのにもったいない。

あなた議論とか言って、こちらに説明、反論を求めていますけど、
最後の言葉なんか完全な挑発でしょ。それが議論する態度です
か。そういうことでは、議論しても何の意味もありませんよ。

大体、あなた、私がこれまで書いてきたこと、ろくに読まず、理解
してないとしか思えない。というか、マルクス主義のこともろくに知
らず、批判している。

マルクス主義にも、色々あるということです。スターリン、毛沢東、
ポル・ポト、金日成などを肯定するマルクス主義者なんて、いまは
ほとんどいませんよ。「左翼反対派」の存在もおそらくご存じない
でしょう。あなたの言う粛清・弾圧でどれだけの左翼反対派が死
んでいったか。

「剰余価値」の概念を認めるということは、それと意識することなく
資本家が搾取し、労働者が搾取される、資本主義的生産シ
ステム、を解明したマルクスを事実上、承認していることになるん
ですがね。だから、近代経済学には「剰余価値」概念なんてないは
ずですよ。

でも、あなたは「剰余価値」という言葉使ってますよね。混乱されて
いるんじゃないですか。これでは反論・説明のしようがない。だから、
私はもっと分かりやすいように、80年代日本資本主義と現代を比較
してどうですか?どう思いますか?と問いかけた。

日本人の中でも人気の高いチェ・ゲバラは、「われわれは武装闘争
を闘っているが、もし可能ならば平和的な革命もよい」という趣旨の
ことを述べています。マルクスは暴力革命、プロレタリア独裁などを
たしかに肯定したが、これについても色々と論争のあるところで
、私も教条的には考えていません。

とにかく、あなたはマルクス主義=悪と決めつけている。しかし、マ
ルクス主義は、資本主義を悪とは見なしていない。歴史的発展段
階の一つの過程と見ているということです。

そうですか、小室直樹はマルクス主義を「仮説の一つ」と言ってるんですか。
いいですね、さすがですね。たしか宮台真司が、「ソビエト帝国の崩壊」(=書名不確か)
について解説していて、旧ソ連崩壊時に、よって立つべき資本家がロシアにはそもそもいなかった、その空白に入り込んできたのがマフィア、ギャングで、マフィア資本主義にならざるを得ない、これをかなり以前から分析・予測していたのが小室だった、と言ってましたね。


「単なる仮説」≠「真理(不動の真理)」

小室直樹は、「マルクス主義は真理ではなかった」
「マルクス主義という仮説は、75年かかって間違いと証明された」
「勘違えた人間が、ソビエト(馬鹿)連邦を建国して民衆を苦しめた」
と述べているわけです。

剰余価値について:
結局、
「労働者が働いた時間の全部に対して、資本家が、
賃金を支払ってない。その分、搾取されているから、
返せ」でしょ?
しかし、車の部品納入業者を考えても、
「車が高く売れた分、割増しで差額を支払え」
と後から言いますかね。
基本的には、それと同じで、
「全国の部品業者諸君、差額を取り返そう。
車メーカーは搾取している」
ということで、
「流通市場や、物の値打ちが需要と供給のバランスで決まる」
という市場原理、資本主義の基礎を無視してるわけでしょう。

自由市場取引(値段が需要と供給のバランスで決まる取引)を無視して、
「資本家の利益を、「労働者の労働力商品に付随する剰余価値の搾取分」
だから、返せ」
というのだから、乱暴な議論ですよね?

そうですか、私は小室を読んでいないんで、はっきり言えませんが、
そうなら残念ですね。ただ私がさすがだな、と思ったのは、小室が
マルクス主義は「一つの仮説」なんだと、見抜いてた点なんです。

マルクスその人が、絶対的真理なんてものは、ないんだ、と当時
のドイツ哲学批判の中で明確に述べているわけです。もし、小室
があなたが言うように、完全否定しているなら、残念ですね。

しかし、どうなんでしょうか。「(ロシア)マルクス主義は、75年かかって
間違いと証明された」とはなりませんか?

それと「返せ」とか「支払え」とかは、まず置いて、「剰余価値」の概念を
否定するのか、しないのか、そこも回答してもらはないと、次の議論に
ならないと思いますが、どうでしょうか?

どっちも自分の思想を批判するところから入った方がいいんじゃないんでしょうか。人間が小さい。

14時38分に投稿されたコメントを公開するのが遅れてしまい
ました。もうしわけありません。この掲示板は認証制になって
いるためです。しかも、このコメントの前後に誹謗中傷と思われる
投稿があったため、見逃していました。

本誌はフリージャーナリストの有志が集まって運営しています。
マルクス主義云々というのは、編集長・奥村の個人的見解で、
とくだん、思想的な同一性があって、あつまっている訳ではあ
りません。ただ、右翼はいません。

主に企業告発ものに力を入れています。大手メディアが経済
分野でほとんど批判的記事を書かなくなった、当局が事件に
する時だけ報道する、という現状にあって、われわれは現場
取材にもとずく、「事実の発掘」によって、企業を批判していく
ことを指向してます。

正直、現状においては「経営理念」と言われても、一つの目的、
方向性があってやっているわけではないので、これ以上の説明
は難しいんです。ただ、企業告発、企業批判を真正面から取り
組んでいるメディアは圧倒的に少ないので、意義はあると考えて
います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/60631881

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京アウトローズ3行情報】 決算発表を延期したマザーズ上場「エナリス」、今週末14日が提出期限で「監理銘柄」入りの可能性も:

« 決算発表を直前に延期、社内調査委員会を設置したエナリスはいち早く真相を開示せよ | トップページ | 【ジャンク銘柄 今週の注目IR】 ソーシャル・エコロジー・プロジェクト、シード、虹技 »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

無料ブログはココログ