« 【東京アウトローズ一行情報】「オメガプロジェクト・ホールディングス」、出所した元国会議員・山口敏夫氏が役員人事にも「全面介入」 | トップページ | 【新企画】金融経済評論家・松本弘樹「今月のマーク10銘柄」、第3回発表 »

2010年6月 1日 (火)

【東京アウトローズ一行情報】「アート引越しセンター」寺田寿男会長の「少女セックス・スキャンダル」で兵庫県警OBが本誌に「懐柔工作」

■業界最大手「アート引越しセンター」を運営する東証1部「アートコーポレーション」(本社・大阪府大東市、寺田千代乃社長)。ご存知のように本誌は、同社の代表取締役会長・寺田寿男氏を襲った「少女セックス・スキャンダル」を白日の下に曝した。すでに複数のマスコミが、この問題で取材に動いているようである。

■そうした中、兵庫県警OBの曽根某が、アートコーポレーション側の意向を受けた、と称して暗躍。曽根側が本誌にも接触して来て、金銭を提供するから記事を止めてくれないか、とのふざけた懐柔工作をおこなってきた。もちろん、そんな申し出は断固拒否したのは言うまでもない。何としても今回の問題を封印したい同社側は、なりふり構わない動きを見せているが、まったくの逆効果である。

■アートコーポレーションは、このような警察OBを使った愚劣極まりない懐柔工作をやる暇があるなら、即刻、事実関係を含めた正式な情報開示をすべきであろう。

【本誌参考記事】
業界最大手「アート引越しセンター」、寺田寿男会長を襲った「少女セックス・スキャンダル」
http://outlaws.air-nifty.com/news/2010/05/post-1f55.html

« 【東京アウトローズ一行情報】「オメガプロジェクト・ホールディングス」、出所した元国会議員・山口敏夫氏が役員人事にも「全面介入」 | トップページ | 【新企画】金融経済評論家・松本弘樹「今月のマーク10銘柄」、第3回発表 »

コメント

さすが、奥村編集長!smile
アクセスジャーナルの山岡とは違って、ジャーナリストとしての気骨を見せてくれましたね。
新聞社・テレビ局等の大手マスコミ記者諸君も、東京アウトローズからネタをもらうだけじゃなく、
ジャーナリストとしての姿勢・気構えを学んで欲しいものです。
おい、山岡、この記事よく読んどけよ!

自作乙ww

とうとう書類送検されたみたいですね

こんな「デビューの為ならスポンサーに抱かれることも辞さない女子高生」を抱いた社長よりも
その記事の揉み消しに歩いた曽根某と云う兵庫県警OBの方が問題ではないだろうか?
警察権力を背景にした圧力って事でしょ?ヤクザより悪質じゃないですか。
コレを放置するなら、警察はOBの再就職の為なら
重大な違法行為の揉み消しの片棒も担ぐということを公言しているようなもの。
検察庁OBが朝鮮総連の不動産の取引に関与していたのと同じ構図じゃないでしょうか。
この部分はもっと公に問われるべきだと思います

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/48511195

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京アウトローズ一行情報】「アート引越しセンター」寺田寿男会長の「少女セックス・スキャンダル」で兵庫県警OBが本誌に「懐柔工作」:

« 【東京アウトローズ一行情報】「オメガプロジェクト・ホールディングス」、出所した元国会議員・山口敏夫氏が役員人事にも「全面介入」 | トップページ | 【新企画】金融経済評論家・松本弘樹「今月のマーク10銘柄」、第3回発表 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

無料ブログはココログ