« 【緊急速報】犯罪常習者の事件屋・大塚万吉が三重県警に逮捕 | トップページ | 長時間の「応酬」となった「富士通」記者会見、元社長「辞任騒動」で »

2010年4月15日 (木)

犯罪常習者「大塚万吉」逮捕で、子分のブラックライター山岡俊介が「INAX」絡みの中傷記事を削除、これは自らの関与を「自白」したようなもの

665666■本誌既報のように、犯罪常習者の事件屋「大塚万吉」(本名=趙万吉)が、住宅設備大手「INAX」に絡む中傷文書を送付したとして、信用棄損の疑いで三重県警組織犯罪対策課などに13日、逮捕された。マスコミの報道によると、万吉は大阪市の自営業者らと共謀。昨年6月7日から17日にかけて、三重県伊賀市の同社工場社員や下請け業者の名を挙げ、暴力団関係者に利益供与をしているとする虚偽の文書を同社の取引先に送った疑い、が持たれているという。

■こうした万吉らの動きに連動して、INAXを執拗に攻撃していたのが、子分のブラックライター山岡俊介である。「まだ三重県警から出頭の要請は来ていない」などと山岡は、ウソぶいているようだが、その一方でアクセスジャーナルの当該記事(=左写真)数本を急いで削除している。もちろん、何の弁明もなしにだ。しかし、これは山岡自ら事件への関与を「自白」したようなものである。本当に「独自に取材」し、やましいところがないなら何故、削除するのか。

【追記】

先ほど、アクセスジャーナルを確認したところ、削除されていた当該記事数本が再び掲載されていた。まさに、山岡の右往左往ぶりがここに示されている。事件関与を疑われる記事は以下の通りだ。また、消されないうちにダウンロードすることをお奨めする(4月15日23時30分記)。

「INAX」に関し、今度は各種「告発文書」が登場(09年5月1日)
INAX某工場への派遣会社は山口組企業舎弟(09年5月25日)
INAX某工場への派遣会社は山口組企業舎弟(続き)(09年5月26日)

« 【緊急速報】犯罪常習者の事件屋・大塚万吉が三重県警に逮捕 | トップページ | 長時間の「応酬」となった「富士通」記者会見、元社長「辞任騒動」で »

コメント

こんにちは。基本を守り、真理とともに進みたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/48091940

この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪常習者「大塚万吉」逮捕で、子分のブラックライター山岡俊介が「INAX」絡みの中傷記事を削除、これは自らの関与を「自白」したようなもの:

« 【緊急速報】犯罪常習者の事件屋・大塚万吉が三重県警に逮捕 | トップページ | 長時間の「応酬」となった「富士通」記者会見、元社長「辞任騒動」で »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

無料ブログはココログ