« 【東京アウトローズ一行情報】「150億円不正流用」に絡みローソン子会社がプレジールの破産申し立て | トップページ | 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 »

2010年3月19日 (金)

【注目記事】月刊リベラルタイム4月号「東京地検特捜部」

Tokusou643月刊『リベラルタイム』4月号の特集「東京地検特捜部」が面白い。なかでも民主党・小沢一郎幹事長を10年以上追い続けているジャーナリスト松田賢弥氏の「『小沢金脈追及』はいまだ決着せず」(=左写真)は、ぜひ読んでおいていただきたいレポートの一つだ。松田氏によると、「小沢金脈」の中でもひときわ闇に包まれているのが、夫人・和子氏名義の資産形成だという。

周知のように、和子氏は中堅ゼネコン「福田組」(新潟県)のオーナーの長女である。その和子氏名義になっているのが、2棟の秘書邸が建つ東京・世田谷深沢2丁目の土地で、95年に取得するに際して、福田組子会社から1億円以上も安い価格で転売を受けていたという。しかも、和子氏はこの土地取得に要した2億3500万円の借金を、わずか4年で完済していたというのだ。

この小沢家の「隠し資産」などについて、松田氏は98年から週刊誌にレポートを連載。その直後、旧経世会幹部の秘書から次のような言葉が伝えられたという。「小沢の触れて欲しくない所に触れたんだ。小沢は、ずいぶん気にして、周囲に『あいつは、いつまで続ける気なのか』と、漏らしているようだ」

今回の特捜部の捜査でも、和子氏に事情聴取が及びそうになった途端、小沢幹事長はそれまでの態度を急変させ、事情聴取に応じて協力する姿勢に転じている。よほどの「アキレス腱」なのだろう。

また、リベラルタイムの同特集には、「小沢擁護」の急先鋒であるヤメ検弁護士・郷原信郎氏を取り上げたレポートもあるが、「本人は自著で希望して公取委に行ったというが、公取委には使えない検事が行っていたし、検事派遣は事実上の『戦力外通告』。だが、元検事としてコンプライアンスを売り物にし、テレビ等では検察批判のコメントで名が知れて、六本木ヒルズに事務所を構えるまでになった」との、元同僚検事のコメントを紹介している。

郷原氏が検事時代に手掛けたものとして知られているのは、03年に長崎地検が摘発した「自民党長崎県連事件」。当時、郷原氏は同地検ナンバー2の次席検事だったが、「事件は大規模な汚職に発展するという見通しがあったため、最初から大きく報じられていた。だが、実際には汚職が立たないため(立件できないため)に、公選法違反等で立件したに過ぎなかった。見通しの『リーク』は当然、次席検事から発せられていた」、と地元記者が明かしたとされる。

何のことはない、郷原氏は「天に唾してきた」だけだった、というわけである。詳しくはリベラルタイムをご覧いただきたい。

« 【東京アウトローズ一行情報】「150億円不正流用」に絡みローソン子会社がプレジールの破産申し立て | トップページ | 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/47850380

この記事へのトラックバック一覧です: 【注目記事】月刊リベラルタイム4月号「東京地検特捜部」:

« 【東京アウトローズ一行情報】「150億円不正流用」に絡みローソン子会社がプレジールの破産申し立て | トップページ | 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

無料ブログはココログ