« 【東京アウトローズ一行情報】犯罪常習者の事件屋・大塚万吉、韓国で身柄拘束中の公認会計士・中村容疑者に接触 | トップページ | 【東京アウトローズ一行情報】「陸山会」収支報告書に小沢氏から「4億円借入」の記載、擁護派の郷原信郎弁護士らは何故、これを持ち出したのか »

2010年1月12日 (火)

【注目記事】ベルダ1月号 「民主摘発」で露に、特捜検察の制度疲労

575■資金管理団体「陸山会」が購入した土地をめぐる疑惑で、東京地検特捜部から任意の事情聴取を要請されている民主党の小沢一郎幹事長。ところが、小沢氏はこの任意聴取に応じる気配を今のところ見せていない。「先週の木曜日(7日)からマスコミ各社が小沢にはりついているが、3連休中も囲碁に興じるなど、まったくその素振りがない。18日召集の通常国会までが任意聴取のタイムリミットで、今週が小沢VS検察の大きな山場だろう。仮に小沢が聴取に応じなかった場合、検察側は上申書などの穏便な手段で済ますのか、それとも強制捜査か、重大な選択を迫られる」(マスコミ関係者)■周知のように、小沢氏はこの間、検察の捜査に対して強気一辺倒の姿勢を続けてきた。民主党政権によって実質上、権力を掌握した後は、周辺から「特捜部解体」論まで洩れ伝わっている、という。たしかに、小沢氏は「強面」、「独裁者」などと世間で評されているが、実は「逮捕された田中角栄、金丸信の2人が過去のトラウマとなり、小沢も内心では相当、ビビっているのではないか」(前同)との見方も出ている。今回の疑惑について、小沢氏は国民にも一切口を開こうとせず、沈黙を守っている。これでは疑惑はますます強まるばかりだ。■ところで、会員制情報誌『ベルダ』1月号に、「小沢VS検察」に関する面白いレポートが掲載されていた。参考までに一部引用する。

<小沢はそれほどヤワではない。田中角栄、金丸信という2人の「オヤジ」を逮捕された小沢は、「法務・検察」に対して暗い情念を燃やしている。そして、検察が法適用の裁量権で事件をつくり、公訴権で無理やり起訴に持って行く手法が許せない。
 それがすぐに、法務大臣による指揮権発動や検事総長の民間起用につながるものではなかろう。だが、小沢なら確実にやる。そう読んで小沢を恐れ、不快感を抱く検察首脳は少なくない。
 執拗な小沢捜査は、そうした理由で続けられている。総選挙後、「鳩山班」に大半の検事が投入され、しばらく「小沢捜査」はひとりの検事が、12月19日に初公判を迎えた大久保被告の公判準備にあたっているだけだったが、11月末までに鳩山捜査に区切りがつき、鳩山と母・安子の上申書提出、勝場の在宅起訴の大枠が決まったところで、順次、検事の数も増え、2010年も小沢捜査が継続することがハッキリした。
 それは建前では、世田谷区深沢の土地取得において、04年10月に取得しながら「陸山会」の収支報告書には05年1月に取得したと記載、「収支報告書の虚偽記載」として、市民団体が告発、それを受理したから、というものだが、流れをつくったのは検察だ。 具体的に言えば、『読売新聞』が10月15日付の一面トップでこの問題を報じ、問題の所在を明らかにしたところで、おそらくは読売と連動している団体が告発、予定通りに東京地検は受理、捜査継続が決まった。
 もはや検察にあるのは国益ではない。反小沢感情をもとに、法務省益、検察庁益を守ろうとしている。マスコミは、慣習として検察擁護に立ち、小沢の利権体質を糾弾、蓄財の秘密を検察と一体となって暴露しようとしているが、「組織護持」のために捜査権力を使う検察に欺瞞を感じ始めている。>

« 【東京アウトローズ一行情報】犯罪常習者の事件屋・大塚万吉、韓国で身柄拘束中の公認会計士・中村容疑者に接触 | トップページ | 【東京アウトローズ一行情報】「陸山会」収支報告書に小沢氏から「4億円借入」の記載、擁護派の郷原信郎弁護士らは何故、これを持ち出したのか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/47272844

この記事へのトラックバック一覧です: 【注目記事】ベルダ1月号 「民主摘発」で露に、特捜検察の制度疲労:

» 「民主摘発」で露に、特捜検察の制度疲労 [火中の栗]
もはや検察の目的は国益ではなく、自らの利権確保であることがあらわになりつつある。 ■以下引用http://outlaws.air-nifty.com/news/2010/01/post-b593.html_________________________ 東京アウトローズ 2010.1.12 【注目記事】ベルダ1月号 「民主摘発」で露に、特捜検察の制度疲労               《前略》 小沢はそれほどヤワではない。田中角栄、金丸信という2人の「オヤジ」を逮捕され... [続きを読む]

« 【東京アウトローズ一行情報】犯罪常習者の事件屋・大塚万吉、韓国で身柄拘束中の公認会計士・中村容疑者に接触 | トップページ | 【東京アウトローズ一行情報】「陸山会」収支報告書に小沢氏から「4億円借入」の記載、擁護派の郷原信郎弁護士らは何故、これを持ち出したのか »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。創刊時の「ゲリラ精神」を完全に忘れ、警察権力と癒着し利敵行為に走ったアクセスジャーナル山岡俊介弾劾!
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

無料ブログはココログ