« 【東京アウトローズ一行情報】英会話スクール「グローバルヴィジョン」、直前まで未公開株をバラ撒き倒産 | トップページ | 【東京アウトローズ一行情報】朝青龍「殴打疑惑」、被害者とされる人物は元暴走族幹部の川奈毅氏 »

2010年1月30日 (土)

【東京アウトローズ一行情報】筆を曲げ追いつめられたアクセスジャーナル山岡、アイビーダイワに絡むトンデモ記事は「関塚聖一」のタレコミ

589604■田邊勝己弁護士(平河総合法律事務所)との名誉毀損訴訟で完全屈服したアクセスジャーナル山岡俊介。この男、自分の非を認め、記事を全面削除する前までは、「田邊が土下座したくらいではダメ。腹を切るくらいでないと和解しない」などと周辺に語っていた、というのだからお笑い草である。■さすがに、山岡周辺からも今回の対応には疑問の声があがっている。もともと山岡は、武富士盗聴事件、自宅失火事件など筆以外のパフォーマンスで名をあげてきただけに、「得意ワザでコケちゃ、マズイよ」というわけだ。■ところで、山岡は1月8日、「アイビーダイワ」に絡む謀略情報(=左写真)を配信した。なんと、本誌1月5日付記事が「風説の流布(最高懲役10年)」で、刑事告訴されるとホザいたのだ。この謀略情報を山岡に書かせたのは、関塚聖一という男であることが本誌の調査で判明した。■この関塚はバーテックスリンクの元社長だったが、06年8月に解任。その後、関塚は社長時代に2億7700万円を「実質無担保で貸付を実行」していたとして会社側から訴えられている。現在はブローカーとして兜町界隈に棲息し、アイビーダイワが昨年12月におこなった第3者割当増資などに関与していた。■関塚と山岡はもともと知り合いで、数年前に車中で死亡したMが2人を引き合わせたという。すでに関塚らはアイビーダイワの増資の手数料などをめぐって仲間割れをおこしている。■追いつめられた山岡は公然と、本誌への弾圧を請い願うところまで転落した。周知のように、山岡は過去に敵対する在日韓国人を刑事告訴。国家権力に迎合し、その逮捕を恥ずかしげもなくお願いした男でもある。本誌は、山岡、関塚らの権力へのタレコミを断じて許さず、徹底した暴露戦術でこれに報いるであろう。

« 【東京アウトローズ一行情報】英会話スクール「グローバルヴィジョン」、直前まで未公開株をバラ撒き倒産 | トップページ | 【東京アウトローズ一行情報】朝青龍「殴打疑惑」、被害者とされる人物は元暴走族幹部の川奈毅氏 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/47424552

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京アウトローズ一行情報】筆を曲げ追いつめられたアクセスジャーナル山岡、アイビーダイワに絡むトンデモ記事は「関塚聖一」のタレコミ:

« 【東京アウトローズ一行情報】英会話スクール「グローバルヴィジョン」、直前まで未公開株をバラ撒き倒産 | トップページ | 【東京アウトローズ一行情報】朝青龍「殴打疑惑」、被害者とされる人物は元暴走族幹部の川奈毅氏 »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

無料ブログはココログ