« 【注目記事】ベルダ1月号 「民主摘発」で露に、特捜検察の制度疲労 | トップページ | 【東京アウトローズ一行情報】東京地検特捜部、小沢一郎・民主党幹事長側を強制捜査 »

2010年1月13日 (水)

【東京アウトローズ一行情報】「陸山会」収支報告書に小沢氏から「4億円借入」の記載、擁護派の郷原信郎弁護士らは何故、これを持ち出したのか

576■民主党・小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が、04年に購入した土地(東京・世田谷)をめぐる疑惑。最近になって、ネットを中心に奇怪な情報が流布されている。それは、陸山会の04年度「政治資金収支報告書」に、土地代金に充当された小沢氏個人からの4億円の借り入れがきちんと記載されており、政治資金規正法上も何の問題はない、というものだ。10日の『サンデープロジェクト』(テレビ朝日系列)で、ヤメ検の郷原信郎弁護士もこれを取り上げた。「借入金 小澤一郎 400,000,000」と記載されている官報(号外第223号247ページ=左写真)を示し、さも重大な新事実であるかのような説明をしたため、よく事情を知らない田原総一郎氏らも大騒ぎとなった。■しかし、司法担当の全国紙社会部記者は、「捜査関係者なら誰でも承知している事実で、これを前提に捜査は続けられてきた」と一笑に付す。「いま問題になっているのは、小沢個人からの4億円の借入金を記載していたとか、していなかったとか、そういうことでは全然ありません。これまで小沢側は、この4億円の借入金について、小沢個人の定期預金を担保に銀行から融資を受けていた、と説明してきた。ところが、石川知裕(当時会計事務担当)の供述などから、実際は04年10月28日の土地取引前日までに小沢のポケットから現金4億円が出ていたことが分った。つまり、4億円の銀行融資というのは、小沢の裏金であることを隠す偽装工作だったのではないか、と特捜部は見ているのです」。そのため、4億円の原資も当然問題となり、水谷建設元会長の「裏献金」に絡む供述などが注目されている、というのが疑惑の本筋だ。■ところが、郷原弁護士は、疑惑の本筋から外れ、その解消につながるとも思えない、捜査関係者なら誰でも知っている「自明の事実」をわざわざ意味ありげに取り上げている。これでは、同弁護士は単に「特捜部はおかしい」との印象操作を狙っているだけ、と言われても仕方がない。「法と捜査」の専門家としても、これは非常に危ういことで、行き過ぎた「小沢擁護」は、百害あって一利なし、と肝に銘じるべきであろう。

« 【注目記事】ベルダ1月号 「民主摘発」で露に、特捜検察の制度疲労 | トップページ | 【東京アウトローズ一行情報】東京地検特捜部、小沢一郎・民主党幹事長側を強制捜査 »

コメント

「捜査関係者なら誰でも承知している事実」と逆の話(「記載していない!」というウソ)を強調しているマスコミがありました。マスコミによって作られた印象をひっくり返すには強く指摘する必要があるでしょう。
>>同弁護士は単に「特捜部はおかしい」との印象操作を狙っているだけ、と言われても仕方がない。
特捜部ではなくマスコミへの警告・指摘でしょう。

木を見て森を見ず、になってはいけない、と言いたいのだろうが、事実ではない報道は訂正される必要がある。
全体の流れが大事であって瑣末な間違いは放置しておいてよい、と、この記事の執筆者は考えるのだろうか。

 09年3月の小沢氏秘書の逮捕、家宅捜査は、建前:政治資金の虚偽記載、本音:贈収賄の証拠を集め、が目的で、いわゆる違法な別件逮捕だったのではないでしょうか?この家宅捜査で、たくさんの書類を押収、解析したにもかかわらず、9か月経過した今年1月、再び、建前:虚偽記載、本音:贈収賄を主目的とした強制捜査が行われました。
 今回は、問題の4億円が記載されているにも拘らず、『不記載』、『虚偽記載』として、情報をリークし、世論誘導を行いながら捜査を再開、強制捜査に踏み切ったのではないでしょうか?
 西松建設のダミー団体からの献金が虚偽記載になるなら、この種のダミー団体経由で献金を受けている多くの国会議員、自治体の首長、地方議員の秘書がすべて逮捕・家宅捜査されなければ、法の下の平等が確保されないことになり、これは憲法違反と言えます。犯罪は決して許されるべきではありませんが、犯罪を取り締まる検察が、憲法違反の上違法捜査をすることは、決して許されるべきではないと考えます。
 その上、昨年も今年も、法律違反をしてリークされた検察情報があたかも事実であるかのごとく報道するのは、公平性に欠け、マスコミが憲法の人権を犯し、検察の憲法・法律違反ほう助であり、報道・放送倫理違反といえます。
 『疑わしきは罰せず』という裁判の原則に反するこの種の違法捜査が冤罪をうみ、この種のマスコミ報道が『言論の暴力』となって、さらなる関連犯罪や自殺者を生まないよう、我々国民も冷静に考え、検察、マスコミ等を監視すべきではないでしょうか?

>今回は、問題の4億円が記載されているにも拘らず、『不記載』、『虚偽記載』として、情報をリークし、世論誘導を行いながら捜査を再開、強制捜査に踏み>切ったのではないでしょうか?

まさにその通りで肝に銘じるべきはこの検察リークに乗っかって記事を書いた全国紙社会部記者だろう。

まあココ読んでみてくださいよ
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/776.html
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/779.html

>4億円の銀行融資というのは、小沢の裏金であることを隠す偽装工作だったのではないか、と特捜部は見ているのです

郷原さんは事実を元に自分の見解を述べているのに対して、、アウトローさんの記事は、単なる検察の代弁者(マスゴミ)が書いたものと同様のものに見えます。「司法担当の全国紙社会部記者」という表現も信憑性を下げるだけではないですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/47280056

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京アウトローズ一行情報】「陸山会」収支報告書に小沢氏から「4億円借入」の記載、擁護派の郷原信郎弁護士らは何故、これを持ち出したのか:

» 総務省顧問郷原信郎弁護士は自らの発言の責任を取れ [凪論]
 1月10日の「サンデープロジェクト」において総務省顧問郷原信郎弁護士の発言が波紋を呼んでいる。郷原弁護士は、陸山会の平成16年度資金収支報告書が記載された官報の写しを示し、「小澤一郎」名義から4億円の借入れがすでに記載されており政治資金規正法上問題がな....... [続きを読む]

» 小沢幹事長の周囲に強制捜査 [本質]
資金管理団体「陸山会」の土地取引問題、政治資金問題で、小沢一郎幹事長(67)とそ [続きを読む]

« 【注目記事】ベルダ1月号 「民主摘発」で露に、特捜検察の制度疲労 | トップページ | 【東京アウトローズ一行情報】東京地検特捜部、小沢一郎・民主党幹事長側を強制捜査 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

無料ブログはココログ