« 「みんなの党」に電撃入党した川田龍平議員の「変節」 | トップページ | 【記事削除のお知らせ】 »

2010年1月26日 (火)

【注目の本】ジェイク・エーデルスタイン『TOKYO VICE』

Tokyovice_6597_3そのあまりに過激な内容から日本国内での発行が断念され、昨年10月に英文で上梓されたのが元読売新聞社会部記者ジェイク・エーデルスタイン氏の『TOKYO VICE』である。

周知のように著者は、08年秋に除籍された後藤忠正組長らのアメリカでの生体肝移植手術を米紙でスクープ、一躍名を馳せた。同書は335ページの大著だが、後藤組に直接関連する部分は1割強で、残りは社会部記者時代の回想が中心だという。「月刊タイムス」2月号にその紹介記事(=写真)が掲載されている。

<小泉元首相の祖父が稲川会組員だった、衆院議員の小林興起が外人ホステス売春関連のナイト・クラブ取り締まりがらみで入管に圧力をかけた、亀井静香が五菱会関連企業から政治献金を受けていたなど一般読者には情報も豊富。日本ヤクザの半分は在日朝鮮人で、残りの相当部は同和関係と部落解放同盟が怒りそうなことも堂々と書いているし、警視庁内部に後藤組のスパイがいて、日本最大の芸能エージェンシー、バーニング・プロダクションは後藤組の企業舎弟、創価学会と後藤組の関連をほのめかしている所もあり、日本のマス・メディアの触れたがらないことも披瀝しているから、迫力もある。>

しかし、同書の圧巻は、何と言っても著者が、後藤組長らの生体肝移植をどうやってスクープしたかだ。情報源の山口組関係者との接触、後藤組からの脅迫、そして警察からの忠告など、その詳細な経緯が描かれているが、驚いたことにスクープの背後には「後藤組長追い落としの陰謀」が関連していた、と筆者は結論づけている、という。

<(08年秋に後藤組長の処分が決まった)直後、筆者によると、山口組のある首脳から電話を受けた。驚くべき上層部の一人で簡潔にこういったという。「この件では注意を促してくれてありがとう。問題を解決し満足している。君の猛烈な仕事には感謝している」

これで話が終わったわけではない。疑問が残っていた。後藤組長の肝臓移植の話を著者に初めて持ち込んできた男、つまりキュクロプス(=筆者がつけたあだ名)は当初から著者を情報操作に利用しようとしていたのではないか。「もちろんそうさ。お前が書いてくれるはずのことを書いてくれてりゃ、奴さんも2005年でおしまいだった。お前が書くとみんなに吹聴したけど、何もしなかったから俺は酷い目にあった」、「取引でどんな風に弘道会の連中を売ったのかもね。そういう記事を書いてりゃあ奴さんのキャリアもあの時、あそこで終わっていた」。>

月刊タイムス誌の紹介記事を読んだだけでも、非常に興味がつきない内容である。同書が英文のみというのは、かえすがえすも残念だ。

【追記】  筆者のジェイク・エーデルスタイン氏と思われる方が、本記事に興味深いコメントを寄せています。

« 「みんなの党」に電撃入党した川田龍平議員の「変節」 | トップページ | 【記事削除のお知らせ】 »

コメント

本の紹介はありがとうございます。日本語版を書いていますが、元新聞記者だから筆が立たないのです。英文の本を訳すのではなく、そもそも日本語で行われた会話を日本語に戻したりして時間がかかります。書き終えたところ、出版してくれる勇気のある出版社はあるかどうか、疑問です。
後藤元組長の引き下ろしに意図的に加担したわけではないのです。最近、僕は別の派閥に利用されたと思ってきました。自分が愚者と認めたくないが、そうだったかもしれません。自力で取った情報がほとんどだが、元々のネタ元は下心がありました。それを見破けなかった僕は未熟でした。

日本語版が出たら、ネット掲示板にきっと「ユダヤ人の陰謀」とか「アデルステインはCIAの工作員」と「ヤンキー、アメリカへ帰れ」「日本の問題をほっておけ。鼻を突っ込むな。アメリカを批判したら」など下らない書き込みが殺到します。まあ、覚悟しています。一応、言っておくが、日本に永住しています。この国が好きです。だから、あくどい物事があったら、それを無視できないでしょう。住めば都です。
理想家だから、新聞記者や調査報道のジャーナリストは社会正義を守るのが業務の一部と信じています。日本の社会でもアメリカの社会でも。

複数の人から後藤組長は真面目に修行していると聞いており、彼の面倒をみて指導している住職にも接触してきました。彼の過去はともあれ、(仏教徒として)改心している努力に尊敬の意を払わなくちゃならないのです。東南アジアで本当に善行を積んでいるもようです。不思議な世の中。

小泉元首相の祖父が稲川会の組員だったというのは、
もしかしたら小泉元首相の選挙対策本部長を30年勤め、神奈川県議会議長までやった
竹内明氏の勘違いではないでしょうか?(FRIDAY記者の岩崎大輔著『ダークサイド・オブ小泉純一郎』(洋泉社)には竹内氏のインタビューが収められています)

祖父の又次郎氏は全身に入れ墨を入れた政治家でしたが、稲川会の組員だったとは聞いたことがないのですが。

祖父の又次郎は稲川会系組員でした。間違いないと思います。だから「入れ墨大臣」と呼ばれていました。浜田元代議士も稲川会でした。

稲川会が出来たとき小泉の祖父はすでに80近い老人ですね。
組員であるはずがないでしょう。
入れ墨は港湾鳶の親方として明治時代は当たり前にいれていたわけです。
入れ墨を入れていたからヤクザだというロジックは馬鹿のロジックか、ためにするデマゴーグですね。
竹内明は博徒でした。田岡三代目の時代ですから今の暴力団と偉い違いだ。
浜田幸一が稲川会組員というのは周知の事実だが小泉の祖父と何の関係があるのですか。小泉の祖父は明治の人なんだよじぃくさんと言うお方。
誹謗中傷はいけないですね。
正義かポジショントークか、はいどっち。

あんたの本名は何の指摘について。小泉の祖父は稲川会横須賀の全身母体の博徒組織に属しした。それも元々双愛会系団体でした。名前は正確に覚えていないです。ヤクザの生き字引でないですけど。横須賀一家の全身母体を稲川会の団体として見なすのも妥当だと思いますが、意見が分かれるところでしょう。ただし、もっと正確に書くべきでした。過失でした。稲川会横須賀一家の人間の仲で、祖父を自分の元一員と考え、誇りに思っています。

@あなたの本名は何。
正確にいうと、祖父が稲川会横須賀一家の全身母体だった博徒組織に属したことです。その母体も一時に双愛会系団体でした。横須賀一家になった時期は覚えていないのです。ヤクザの生き字引だったらいいけど。
稲川会横須賀一家の一部の幹部の仲では、全身母体も横須賀一家と見なしており、「入れ墨大臣」が過去に存在したことを誇り高く思っています。
ご指摘ありがとうございました。もっと正確に書くべきでした。

横須賀一家一部幹部が証言すれば小泉又次郎が稲川会組員になる。
風が吹けば桶屋が儲かる。
昭和20年に小泉又次郎は80才の元逓信大臣。その爺さんが双愛会(1955年に独立、前身は博徒高橋)
の組員。
稲川会の二次団体が双愛会を横須賀一家と見なす。見なすという言葉は反論を認めないと言うことですがそういう一部幹部の名前はなんですか。
ジェイクさん、あなたが指摘した小泉又次郎稲川会組員説はほとんどの人が問題にしないから名誉毀損にならないわけですよ。
小泉又次郎にも家族はいて生きているわけですね。
稲川が錦糸町で一家を挙げたときは又次郎爺さんは84才なんですよ。
どうして30才そこそこの博徒の親方の組員になるんですか。
稲川はそれまで横浜港の港湾荷役の親方鶴岡政治郎氏の代貸しなわけ。
綱島温泉のオーナーですよ。三橋三智也もそこで風呂掃除して歌を歌っていたわけ。
港湾鳶の親方であった又次郎が港湾荷役より格上なのが常識中の常識なわけ。
だから博徒の組員になるわけないの。
どういう意図で小泉又次郎をヤクザにしたいのかわかりませんが小泉又次郎を稲川会組員と名指す横須賀一家の幹部名を開示されたら如何ですか。
ちなみに稲川会が山口組と親戚なのは田岡三代目と鶴岡氏と東京港の荷役の親方のTさんとの杯事が始まりですね。
このときに美空ひばりの興行権が田岡に渡されたわけ。お祝いですね。
神戸芸能社です。
Tさんの息子さんは明治大学を出て今不動産屋をやっている。田岡氏の息子さんと同い年ですね。慶応大学出て運送屋やっている。
田岡氏が山口組三代目になったけど基本は興行師をついだわけ。吉本興業と同じ仕事してたわけです。
博徒であり荷役の親方でもあった。
ジェイクさんがこれ以上強弁されると信用なくしますよ。

細かいことはしらんが
本名出してる ジェイク・エーデルスタイン
が勝ちだな。言葉に重みがあるよ。
という自分も仮名だが。

神奈川県は稲川会に話をとうさないと、なにも出来ないとこだと聞きましたがw

興味深い記事を見かけたので是非ご覧ください。
在日40年、ドイツ系アメリカ人元在日米軍海兵隊マックス・フォン・シュラー小林さん
http://tokyomaxtalks.blogspot.jp/2014/11/english-newspapers-are-anti-japan.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/47394843

この記事へのトラックバック一覧です: 【注目の本】ジェイク・エーデルスタイン『TOKYO VICE』:

« 「みんなの党」に電撃入党した川田龍平議員の「変節」 | トップページ | 【記事削除のお知らせ】 »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

無料ブログはココログ