« 【東京アウトローズ一行情報】金融評論家・松本弘樹氏、アクセスジャーナル山岡の「誹謗中傷記事」に反論 | トップページ | 【連載コラム】金融経済評論家 松本弘樹「マネーゲームの罠」 »

2009年12月28日 (月)

【東京アウトローズ一行情報】ジャスダック上場「サハダイヤモンド」、正体不明の韓国人ブローカーが増資絡みで「暗躍」

■ジャスダック上場の宝飾品販売会社「サハダイヤモンド」(今野康裕社長)。同社は14日、それまで発行していた第8回新株予約権(MSワラント)を消却し、新たに第9回新株予約権(調達見込額8億円、行使価格5・2円)の発行を決めた。その割当先は「NETBANCO」など2社で、払込期日は12月30日。■しかし、今回消却された第8回新株予約権は、その譲渡先であった「EBANCO」が先月25日、公開買付(TOB)の開始公告をしなかったとして、金融庁から750万円の課徴金を納付するよう命令されたばかりであった。そのため、市場関係者などの間では、「よくジャスダックは新規の予約権発行をOKしたね」との声も聞かれる。■割当先として登場するEBANCO、NETBANCOの2社は、韓国人ブローカーの朴峻弘(Joon H.Park)氏が実質上、支配する会社だが、「朴は日本では松岡と名乗っている。赤坂の韓国クラブによく出没するが、方々で飲み代を踏み倒している」(関係者)というような正体不明の人物。はたしてジャスダックは、こうした事情などを知った上で、新たに新株予約権発行を認めたのか、大きな疑問符がつく。

« 【東京アウトローズ一行情報】金融評論家・松本弘樹氏、アクセスジャーナル山岡の「誹謗中傷記事」に反論 | トップページ | 【連載コラム】金融経済評論家 松本弘樹「マネーゲームの罠」 »

コメント

この記事に出てるNETBANCOという会社のサービス利用者ですが、かなり挙動がおかしいです。
告知無しにコンテンツを閉じたり、閉じるハズのサービスが閉じなかったり、掲示板等も放置状態で、すでに人がいないのかもしれません。  以下、どこぞのサイトからの転載です。↓

NETBANCOハイファイブ事業部は、MMORPG「ブライトキングダム」およびMMORPG「天道オンライン」について、2010年2月28日をもってサービス終了すると発表していたが、現在もサービスが継続されているという。ちなみに、ネクソンでもサービスされていた「天道オンライン」は、ちゃんと2月28日をもってサービスが終了されている。

1月22日の発表では、2月28日をもって両タイトルのサービスを終了し、その後運営移管を行うという内容であったのだが、3月1日を過ぎても何の告知もなく、2月28日23時59分に停止される予定であったゲームサーバーも稼動しているといった、なんとも気味の悪い状況が続いているという。すでに社内に人がいないのではないかと憶測されたりしているが、そうでないのなら一刻も早く何らかの発表をしてもらいたい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/47137082

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京アウトローズ一行情報】ジャスダック上場「サハダイヤモンド」、正体不明の韓国人ブローカーが増資絡みで「暗躍」:

« 【東京アウトローズ一行情報】金融評論家・松本弘樹氏、アクセスジャーナル山岡の「誹謗中傷記事」に反論 | トップページ | 【連載コラム】金融経済評論家 松本弘樹「マネーゲームの罠」 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。創刊時の「ゲリラ精神」を完全に忘れ、警察権力と癒着し利敵行為に走ったアクセスジャーナル山岡俊介弾劾!
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

無料ブログはココログ