« 【東京アウトローズ一行情報】「コリンシアンパートナーズ」巨額脱税事件、海外逃亡中の公認会計士・中村秀夫容疑者が韓国で身柄拘束 | トップページ | 【東京アウトローズ一行情報】「ユニオンホールディングス」架空増資事件、ヤマゲン証券と関係の深い都内投資会社の社長らが事情聴取 »

2009年12月10日 (木)

【連載コラム】金融経済評論家 松本弘樹「マネーゲームの罠」

【第17回】会社を私物化する輩(やから)達

1 招かれざる客

334Matsumotoちょうど1年前、私の著作の熱心な読者だということで1人の老人の訪問を受けた。読者と称する人が訪ねてくることは決して珍しいことではない。いつものように私はその人物の訪問をあっさりと受け入れた。

老人は「小関」と名乗った。小奇麗な格好をした老紳士は投資家を思わせたが、いきなり西田晴夫氏の思い出を語り始めた。私は本の中で彼を取り上げているので不思議ではなかった。しかし、私が記憶している限り、「小関」という人物はいっこうに思い当たらない。それがかえって私の好奇心をかきたて、老紳士の話に熱心に耳を傾ける結果になった。

そこには、西田氏の公務員時代の話や私の知らないエピソードもちりばめられており、ある意味、新鮮な出会いとなった。こうして西田氏の思い出をふり返っていると、あっという間に時間が過ぎ、その日は次回も会う約束をして笑顔で別れたのだった。

それから数週間が経ち老紳士と再会すると、彼はある相談事を持ちかけてきた。それは自分が大株主である上場企業に関する相談であった。ところが、「バナーズ」という名を聞き、失礼ながら私は「なんじゃそりゃ」と、老紳士にはっきりと伝えた。株の業界に精通している私ですら聞きなれない社名。老紳士は昔の埼玉繊維であると語った。

「埼玉繊維?」私の遠い記憶は微かであるが蘇ってくる。西田氏の後半期、まだPSI証券が廃業する前、一時相場になって騒がれた銘柄、でも西田はメインで語ることなく・・・・・。そんな記憶がフラッシュバックのように蘇り、旧埼玉銀行と近くボロ会社だが資産がある、と誰かが語っていたのを思い出したのだった。

「でもあれはワールドの畑崎氏や箱根筋ではなかったか?」
ということは、この眼の前の老紳士は箱根筋のメンバーなのか等々、私の頭の中はにわかに高速回転で動き出していた。  

2 強引な相談

その後、老紳士は埼玉繊維について事細かに説明しはじめた。なぜ、この会社に目を付けたのか。おおよそ西田氏が当時、関係者に話していた内容と一致する。経営悪化していた旧埼玉銀行の関係でボロ会社だが資産はある、株価が安いので魅力もある等々であった。

しかし結局、西田氏は手を付けることもなく、目の前にいる老紳士が関係者同士で買い上がり、その後、社名を「松佳」と変えて投資会社とし、地道に会社を助けて現在に至る、ということであった。

ところが最近、困ったことがあるというのだ。反社会勢力の連中が会社を脅迫している、と老紳士は意外な事実を打ち明けた。すぐさま私は、「警察に」と言うと、老紳士はすでに届け出ていて、証拠も押さえていると語った。

「それなら」ということでその場は終わったが、今思えばそれは巧妙に私の正義感を刺激するように仕掛けられた大きな企みの助走に過ぎなかった。老紳士は、バナーズの業績、そして何よりも株価が2円、3円という上場企業としては信じられない株価について相談してきた。会社を再生したので是非力を貸してほしい、と頼まれ、私も自分の本業なので単純に仕事を受けてしまったのである。

時価総額と事業再生の問題を同時に解決するには、マーケットからのファイナンス(資本調達)が常套手段である。私はざっくりと財務諸表も見ていたので、自分なりの再生プランの青写真を描いていた。だから自信もって、増資引き受けを一部手伝ってほしい、との老紳士の依頼に応じたのであった。(以下、次号に続く)

« 【東京アウトローズ一行情報】「コリンシアンパートナーズ」巨額脱税事件、海外逃亡中の公認会計士・中村秀夫容疑者が韓国で身柄拘束 | トップページ | 【東京アウトローズ一行情報】「ユニオンホールディングス」架空増資事件、ヤマゲン証券と関係の深い都内投資会社の社長らが事情聴取 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/46985227

この記事へのトラックバック一覧です: 【連載コラム】金融経済評論家 松本弘樹「マネーゲームの罠」:

» *〔しーたろう〕の「対馬フォーラム」レポート 2/2* [ガラス瓶に手紙を入れて]
昨日に引き続き、「対馬フォーラム」のご報告と感想などを書かせて頂きたいと思います。 [続きを読む]

« 【東京アウトローズ一行情報】「コリンシアンパートナーズ」巨額脱税事件、海外逃亡中の公認会計士・中村秀夫容疑者が韓国で身柄拘束 | トップページ | 【東京アウトローズ一行情報】「ユニオンホールディングス」架空増資事件、ヤマゲン証券と関係の深い都内投資会社の社長らが事情聴取 »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

無料ブログはココログ