« 【東京アウトローズ一行情報】旧グッドウィル買収仲介の公認会計士が設立したダミー会社、元暴力団組員は不起訴に | トップページ | 【ミニ情報】東証1部「CSKホールディングス」、短期無担保借入金295億円を毎月ロールオーバーの「瀬戸際」 »

2009年8月16日 (日)

【書籍紹介】安藤昇『人生を変える九門「家相」術』(KKベストブック)

画像 551画像 550筆者の安藤昇氏は1950年代、東京・渋谷に安藤組を結成した「伝説のヤクザ」。64年に組を解散し、その後、映画界に転身する。50数本に出演するなど人気俳優として一時代を築いた。俳優引退後は作家として多数の著書を残しているが、実は安藤氏は家相の研究家でもある。博徒や実業家など多彩な人生経験をもとに編み出した「九門家相術」は、政界や芸能界など多くの信者を持つという。

同書の「まえがき」には次のようにある。
<自慢にもならないが、私は平凡とは言い難い人生を歩いてきた。60余年前、19歳で終戦を迎え、死を覚悟した特攻隊基地から廃墟の東京に復員。新宿や渋谷を根城として愚連隊を率い、28歳で安藤組の看板を上げる。そして昭和33年6月、「横井秀樹襲撃事件」の首謀者として懲役8年の刑を打たれるのである。故横井秀樹は後年、赤坂の「ホテル・ニュージャパン」を乗っ取り、火災という大惨事を起こして有罪判決を受けた人物と言えば思い出す読者も多いだろう。私はその後、曲折を経て安藤組を解散し、請われて映画界へ転身して50本以上の作品に出演することになる。
 そんな半生を通じて、いろいろな人生を見てきた。抗争に明け暮れるヤクザ時代、死ぬべき人間が生き残り、生き残るべき人間が死ぬという人生の不条理はいくらでもあった。飛ぶ鳥を落とす勢いだった実業家がまさかの破産をし、名医と評判の医者が豪邸を新築したとたん、急死というアクシデントもあった。これまで運・不運のひと言でかたづけられてきた彼らの人生が、のちになって住まいの家相を調べてみると、ことごとく凶相であったことに慄然とする思いがしたものだった>

ちなみに安藤氏は法政大学出身で、当時、背広の着用を推奨し、刺青・指詰めを厳禁した安藤組には多くの学生も加わったという。同書は8月22日、全国書店にて発売される。

« 【東京アウトローズ一行情報】旧グッドウィル買収仲介の公認会計士が設立したダミー会社、元暴力団組員は不起訴に | トップページ | 【ミニ情報】東証1部「CSKホールディングス」、短期無担保借入金295億円を毎月ロールオーバーの「瀬戸際」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/45949325

この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍紹介】安藤昇『人生を変える九門「家相」術』(KKベストブック):

« 【東京アウトローズ一行情報】旧グッドウィル買収仲介の公認会計士が設立したダミー会社、元暴力団組員は不起訴に | トップページ | 【ミニ情報】東証1部「CSKホールディングス」、短期無担保借入金295億円を毎月ロールオーバーの「瀬戸際」 »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

無料ブログはココログ