« 【東京アウトローズ一行情報】大証2部「ステラ・グループ」、筆頭株主が「売り抜け」を画策か!? | トップページ | 【注目記事】FACTA8月号「CSKを裸にした青園雅紘の『罪』」 »

2009年7月21日 (火)

8・6ヒロシマで「核武装」の挑発繰り返す元空幕長・田母神俊雄氏

Dscn2592Dscn2575Dscn2579自民党が歴史的大敗を喫した「都議選」直後の7月13日、元航空幕僚長の田母神俊雄氏らが杉並区で「日本は『侵略国家』ではない!」と題する講演会を開催した。会場となった杉並公会堂前には、警視庁の警備車両などが出動し、ものものしい雰囲気に包まれた。杉並区と言えば、社民党系市民派の福士敬子都議が今回も議席を守ったように、いわゆる「革新勢力」の根強い地域として知られている。しかし、「日本の核武装」などを公然と唱える田母神氏の講演会に当日、表立って反対したのは中核派系の「東京西部労働組合交流センター」のみという状況だった。

周知のように田母神氏は、広島に原爆が投下された8月6日、わざわざ「ヒロシマの平和を疑う」と称する極右団体「日本会議」主催の講演会をぶつけている。広島市の秋葉忠利市長は、「被爆者や遺族の悲しみを増す恐れがある」として日程変更を要請したが、予定通り強行する構えのようだ。

524そうした中での杉並の「田母神講演会」だったこともあり、同氏が何を発言するのか注目された。本誌も杉並公会堂に潜り込んで取材してみたが、約1200席の会場は一杯となる盛況で「田母神人気」の高さを示していたと言わざるを得ない。右隣に座っていた学生風の男性は熱心にメモを取り、左隣の初老の男性は話に何度も頷き嬉々として拍手するという具合である。

田母神氏は聴衆の心をつかむ巧みな話術も備えているようだ。「危険人物と言われている、私が田母神です!」に始まる講演は、随所で聴衆の笑いと拍手を誘いながら、つまるところ日本の軍事力増強と核武装を説くという内容である。その中でも驚いたのは、田母神氏が「(8月6日は)、慰霊祭を広島でまたやるんでしょうね。二度と過ちはおかしません、とかいう主語のない文章で。私はその隣りで核武装すべきだ、とこう言います」と主張していた点だ。さすがに、そこまで言うか、と思われる暴言だが、会場からはヤジ一つなく、逆に拍手喝さいという有様だった。

田母神氏を「広告塔」とする極右勢力は、草の根的な広がりを示しつつある、と本誌は実感せざるを得なかった。現在、ほぼ確実視されている民主党政権の誕生は、逆に彼ら極右勢力の台頭を招来せしめる可能性もある。これまでのように、田母神氏を「荒唐無稽な暴論」として無視できない、社会的な危うさが今の日本にはある。これは間違いない事実として認識すべきだろう。

【冒頭写真=「北朝鮮拉致被害者」を取り返すには、自衛隊「特殊部隊」の出動にまで言及する田母神氏と、会場になった杉並公会堂周辺を警備する警視庁車両。下写真=唯一「講演会粉砕」を掲げる中核派系労組が周辺で配布していたビラ】

« 【東京アウトローズ一行情報】大証2部「ステラ・グループ」、筆頭株主が「売り抜け」を画策か!? | トップページ | 【注目記事】FACTA8月号「CSKを裸にした青園雅紘の『罪』」 »

コメント

『「当日、表立って反対したのは中核派系の「東京西部労働組合交流センター」のみという状況だった。』と書かれていますが、言論の自由が保証されている日本に於いて、ある人が講演会を行うのに対して反対運動が起きないのがさもおかしいかのようなニュアンスの記事は、言論人(ジャーナリスト)でおられる貴サイトに掲載される文章として、おかしいのではないでしょうか?
それと、日本会議は、一般的に「極右」とは看做されていないと思いますよ。そもそも、「極右」の定義は何でしょうか?
また、電力の少なからぬ部分を原発に頼っている日本に於いて、核武装を実際に行うのは現実的ではない(ウランやプルトニウムが購入できなくなり、発電に支障を来す)でしょうが、核武装の可能性について議論する事は、中国や北朝鮮をけん制するという観点からは、非常に意味のある事でしょう。議論さえすべきではない、というのはナンセンスではないでしょうか。
常々、貴サイトの類稀な情報収集力には感服しているだけに、極端に左方向に偏向した記事が散見されるのは残念です。

反権力の極左だからこそ真実を暴ける。この点に留意しましょうや、WBJさん。

>名無しさん

インチキ企業等の悪行を暴く事は、「反権力の極左」でなくても出来ると思うんですが。

まず日本怪議に変更しましょう。

日本怪議は利権保守、似非保守であり極右ではありません。
商売右翼と呼んでも良いかもしれませんね。

又、極右の多くは反体制派であり極左と紙一重なのである。
これは歴史を振り返って見ても、クーデター直前には極右と極左が行動を共にしている。
極右から極左は無いが、極左から極右は多く見られる現象。

極右が支持される状況を嘆く前に、左の諸君は自らの言葉が聞く者の心に響かなかったのはなぜかを自問すべきでしょう。

なるほど
自問し反省し、やつらを圧倒する全人民的な極左勢力になりたいものです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/45696513

この記事へのトラックバック一覧です: 8・6ヒロシマで「核武装」の挑発繰り返す元空幕長・田母神俊雄氏:

« 【東京アウトローズ一行情報】大証2部「ステラ・グループ」、筆頭株主が「売り抜け」を画策か!? | トップページ | 【注目記事】FACTA8月号「CSKを裸にした青園雅紘の『罪』」 »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

無料ブログはココログ