« 【ミニ情報】東証1部「CSKホールディングス」の金融子会社で社長が事実上の解雇 | トップページ | 【ミニ情報】法政大学「暴処法弾圧」事件、文化連盟副委員長ら5人が起訴 »

2009年6月 6日 (土)

【ミニ情報】田邊勝己弁護士vsアクセス山岡俊介「訴訟」

340339 アクセスジャーナル山岡俊介が、田邊勝己弁護士(第一東京弁護士会)から名誉毀損で訴えられている。その初公判が4日、東京地裁で開かれた。

関係者によると今回、被告・山岡は弁護士を頼まずに「本人訴訟」をおこない、その内容を本にする計画まで持っているという。しかし、ここに山岡側の驕りが見られる。たしかに山岡にとって「裁判沙汰」はいつものこと。失うものは何もなく、逆に本を出して少しでも商売になればいい、という軽いノリであろう。山岡は、これまで20を超える訴訟にすべて勝ってきた、などと強弁しているが、その中には判決に至らず和解したケースも含まれている。そもそも、個人のフリーライターで20件以上も訴えられていること自体、異常と言わねばならない。「書いてしまった後は、野となれ山となれ」、という山岡独特の〝お気楽体質〟が、異常な数の訴訟件数になって現れている(その一方で、最近のアクセスジャーナルを見ると、理由をまったく明示せずに記事を削除しているケースも多い。これは山岡の〝コインの裏側〟である)。おそらく、山岡はフリーライターとしては「訴訟件数日本一」のタイトルホルダーのはずで、今後も記録を更新していくだろう。

一方、山岡を訴えた田邊弁護士は、今回の裁判を絶対に負けられない、と位置づけているようだ。「暴力団勢力と関係のある悪徳弁護士」(訴状)とまで山岡に書かれ、名誉毀損で訴えたのだから、もし負けるようなことがあれば「弁護士バッチ」にもかかわってくる問題だ。そのため、田邊弁護士の決意は並々ならぬもので、関係者によると、「まったく事実がないことを書かれた。場合によっては、山岡に近い記者の人を含めて日本中のジャーナリストと話をしてもいい」とまで語っているという。

ただ、一部関係者からは、「山岡が今後出してくる主張に反証するため、田邊弁護士側はクライアントの守秘義務情報も出さざるを得ない場面があるのではないか」との声も出ている。本誌としては、この裁判に引き続き注目していきたい。

【冒頭写真=訴状の中で田邊弁護士側が「事実に反する記載」としている一覧表】

【参考記事】
本誌5月13日付「一行情報」
http://outlaws.air-nifty.com/news/2009/05/post-7c88.html
アクセスジャーナル・山岡俊介氏提訴される(司法ジャーナル)
http://www.shihoujournal.co.jp/090605_1.html
ネットジャーナリズムにルールを作れ(司法ジャーナル)
http://www.shihoujournal.co.jp/090605_2.html
弁護士対ジャーナリスト(寺澤有氏「インシデンツ」)
http://www.incidents.jp/

« 【ミニ情報】東証1部「CSKホールディングス」の金融子会社で社長が事実上の解雇 | トップページ | 【ミニ情報】法政大学「暴処法弾圧」事件、文化連盟副委員長ら5人が起訴 »

コメント

最近はご高説ばかりのここよりも、山岡ブログの方が面白いな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/45253403

この記事へのトラックバック一覧です: 【ミニ情報】田邊勝己弁護士vsアクセス山岡俊介「訴訟」:

« 【ミニ情報】東証1部「CSKホールディングス」の金融子会社で社長が事実上の解雇 | トップページ | 【ミニ情報】法政大学「暴処法弾圧」事件、文化連盟副委員長ら5人が起訴 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

無料ブログはココログ