« 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 | トップページ | 【注目記事】ZAITEN7月号「西松献金事件絡みで特捜部の若手検事らが注視する『原発利権』」 »

2009年6月 8日 (月)

【連載コラム】金融経済評論家 松本弘樹「マネーゲームの罠」

334Matsumoto【第9回】証券市場と企業文化の変遷(2)

私がソフトバンクに入社した1998年、世の中はインターネットの爆発的普及が噂され、新しく産業構造を変えていくという「神話」に支配されるようになる。インターネットという得体の知れない「道具」に興味を持ち、それに長けた若者たちが新しいビジネスを次々と考案。これが10年前の「IT革命」、「ITブーム」となり、起業ベンチャーブームへとつながっていく。

このことは前回述べた日本の伝統的な雇用制度の崩壊には、返っておあつらえ向きであった。なぜなら一方で行き場を失った若い世代は、こぞって手を上げれば自然と事業の立上資金も手に入り、面倒くさい就職などを避けて通れるようになったからである。また、彼らは大学のサークル活動の延長のような感覚で、事業を立上げていったため、社会との確執を経験することなく、生きていくことが可能だった。

そして、我が「ソフトバンク」や「光通信」は、惜しみなく彼らに対して支援する体制を敷いた。小泉政権もいとも簡単に新興市場を開設したため、IT企業が雨後のタケノコのように設立され、世にあふれんばかりとなったのである。

そこで、こうした企業のカルチャーと、従来の「昭和の企業」との違いを述べてみる。昭和の企業は、主に資金調達の手段が銀行による間接金融であったため、自分が属している企業グループの評価が非常に重要であった。株式はそのグループで持ち合っていたので、グループ企業同士の連携や協力の方が重要で、経営者はそれらの関係強化、根回しが何よりも重要な仕事だったのである。企業がピンチを迎えた際も、グループ間の助け合いが平然と行われ、ある意味、今の時代よりも恵まれた状況下で仕事を推進できた。

それに比べ、新興企業はグループというバックボーンを持たず、自力で上場するケースが少なくなかった。最初の資金調達はベンチャーキャピタルから得られるが、上場後にベンチャーキャピタルは株を売却するため、彼らはその後、株式市場から資金を集めなければならなくなる。当時はITブームであったため、高株価も手伝って市場から巨額の資金を調達できたが、上場後に激しく入れ替わる個人株主は、もはや彼ら経営者にとって気を遣う対象ではなかったのである。

経営者の資質も大きく変わった。昭和の社長は、サラリーマンとして下から這いあがるケースがほとんど。最初からエリートと称される若者でも、重役の傍らについて修行をし、経営の帝王術を学ぶことになる。その間、上司から厳しく教育されるため、彼らが年齢を重ね役員に登用される頃には、立派な一人前の経営者として出来あがっているケースがほとんどであった。

一方、新興企業の社長は、ライブドアの堀江に代表されるように、全くそのような教育を受ける環境になかった。上場時に「試験」を受けるわけでもないため、常識が大きく欠けている人間でも、仮に犯罪の前科がある人間でも、平気で上場会社の経営者を名乗ることができた。また、上場して「新規公開」という甘い錬金の汁を吸ったために、いとも簡単に自分の資産を増やす味を覚えてしまった。そのため、サラリーマンから成りあがった経営者と違い、金銭感覚が完全にぶっ壊れており、危険な連中が多かったのも事実であった。

このような変遷を見ていくと、証券市場に巣喰う問題点は、相場や投資家の問題だけでなく、その根底にある「企業の在り方」にも大きく影響されることが分かると思う。

« 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 | トップページ | 【注目記事】ZAITEN7月号「西松献金事件絡みで特捜部の若手検事らが注視する『原発利権』」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/45281230

この記事へのトラックバック一覧です: 【連載コラム】金融経済評論家 松本弘樹「マネーゲームの罠」:

» 「金融庁」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「金融庁」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「金融庁」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

« 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 | トップページ | 【注目記事】ZAITEN7月号「西松献金事件絡みで特捜部の若手検事らが注視する『原発利権』」 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

無料ブログはココログ