« 【ミニ情報】大証2部「東邦グローバルアソシエイツ」、上場廃止の審査中に〝新たな難題〟 | トップページ | 【ミニ情報】法政大学「中核派の活動家6人」逮捕報道に一部誤り »

2009年4月30日 (木)

【真相レポート】〝謎の怪人物〟番場秀幸被告は何故、三井住友銀行堂島支店から巨額融資を引き出せたのか

316本誌既報のように、三井住友銀行堂島支店から84億円もの巨額融資を引き出し、年間売上100億円規模の旅行会社「ホリデー」グループをまんまと手に入れていた〝謎の怪人物〟番場秀幸被告。融資は07年10月10日に実行されたが、この日は、万事に急ぐことが良いとされる「先勝」だったために選ばれたという。

実は当時、番場被告側は一日も早い融資取りまとめをする必要があった。関係者によれば、融資実行に至るまで少なくとも2度、このM&Aはご破算になりかけたという。最初、番場被告は07年6月に、買収金額100億円の「株式譲渡契約書」(=左写真)を提示していた。同年7月12日を期日として、「ホリデー」オーナーの関西アーバン銀行にある個人口座に100億円を振り込む契約だった。ホリデーを含む4社の株式の譲渡先は「ニュービー」(代表取締役氏)とされた。しかし、番場被告は結局、資金繰りがつかず、期日通りに支払うことができなかったという。

そこで番場被告が連れてきたのが公認会計士の堀友嗣氏であった。M&Aを専門的に手がけてきたという堀氏をホリデーのオーナーに引き合わせ、三井住友銀行堂島支店からの融資を前提とする堀氏作成の「買収スキーム」がこの時、新たに提示された。スキームの骨子を簡単に言えば、買収額100億円のうち融資分の80億円は現金、残りの20億円は上場時の株券で渡すというものだった。

314315 オーナー側は検討の結果、この条件を飲むことになる。そして07年9月21日に「株式譲渡契約書」(=左写真)が正式に調印された。今度の譲渡先は「ニューホリデー」(代表取締役・T氏)にかわっていた。同契約書には「平成19年(=07年)9月26日付で発行会社と株式会社三井住友銀行の間で締結した融資契約に基づき、金8、400、000、000円の融資が実行されることを条件として効力を生じるものとする」という一項目が書き加えられていた。

ところが、9月26日の融資直前になって番場被告は、現金80億円の中からニューホリデーの優先株を15億円引き受けてくれないか、と突然言い出した。さすがのオーナー側も度重なる条件変更に怒り、「15億円の話は聞いていない。ご破算にする」と通告。こうして融資実行は一旦流れていたのである。

困った番場被告は、オーナーの説得を何度か試みるが失敗。そこに新たな人物が登場する。「ゴールドマン・サックス証券」戦略投資部のマネージング・ディレクター神田有宏氏(=当時)で、オーナ側との調整を番場被告が依頼したという。数日後、番場被告はオーナーを東京・有楽町のホテルに招待し、神田氏と3人で食事を共にした。関係者によれば、「(この時の)神田氏の説得が効を奏し、オーナーは優先株15億円を出し、現金65億円で納得した」という。実は、この神田氏こそ、番場被告が三井住友銀行から84億円の巨額融資を引き出す際に大きな役割を果たした人物と見られている。周知のように同行とゴールドマンは資本面などで緊密な関係にあり、神田氏の地位を考えれば堂島支店に何らかの影響力を行使しても不思議ではない。

結局、現在に至ってもオーナー側には現金65億円が渡ったのみで、その他の契約は履行されていないという。さらに、驚くべき情報が本誌に舞い込んできた。昨年10月28日に番場被告が逮捕された後、堀氏らは勝手に支配したホリデーの資金を月5分の超高利で密かに融資しているというのだ。関係者によれば、「いくつかの企業に数億円の規模で貸し付けている。2億円ならば毎月の利子だけでも1000万円になります。最近まで毎月、堀さんが直接、利子を取りに回っていました」という。仮にこれが事実なら〝闇金〟にまで手を染めていたことになる。(以下次号)

【参考記事】
■〝謎の怪人物〟番場秀幸被告が買収した旅行会社「ホリデー」に新たな脱税疑惑
http://outlaws.air-nifty.com/news/2009/04/post-7bed.html
■三井住友銀行堂島支店、「84億円不正融資」疑惑が急浮上
http://outlaws.air-nifty.com/news/2009/04/post-dfef.html
■都内有名事件物件「南青山3丁目」、入札前に行われていた〝不可解な土地交換取引〟
http://outlaws.air-nifty.com/news/2008/05/post_f337.html
■不発に終わった「南青山3丁目契約書偽造事件」から浮かびあがってきた〝意外な人物〟(1)
http://outlaws.air-nifty.com/news/2009/03/post-cc6c.html

« 【ミニ情報】大証2部「東邦グローバルアソシエイツ」、上場廃止の審査中に〝新たな難題〟 | トップページ | 【ミニ情報】法政大学「中核派の活動家6人」逮捕報道に一部誤り »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/44843014

この記事へのトラックバック一覧です: 【真相レポート】〝謎の怪人物〟番場秀幸被告は何故、三井住友銀行堂島支店から巨額融資を引き出せたのか:

« 【ミニ情報】大証2部「東邦グローバルアソシエイツ」、上場廃止の審査中に〝新たな難題〟 | トップページ | 【ミニ情報】法政大学「中核派の活動家6人」逮捕報道に一部誤り »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。創刊時の「ゲリラ精神」を完全に忘れ、警察権力と癒着し利敵行為に走ったアクセスジャーナル山岡俊介弾劾!
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

無料ブログはココログ