« 【ミニ情報】破綻した名門建設会社「井上工業」でも山口組系2代目古川組企業舎弟・永本壹桂が〝暗躍〟 | トップページ | 【ミニ情報】後藤忠政元組長が神奈川県伊勢原市の寺院で出家 »

2009年4月 7日 (火)

【ミニ情報】元祖巨乳アイドル「細川ふみえ」の夫が経営する不動産会社〝事実上倒産〟

Hosokawa かつては、104センチのバストを武器に巨乳アイドルとして雑誌グラビアを席捲した細川ふみえ(=左写真)。「フーミン」の愛称で、その怯えた表情が男心をくすぐった細川もすでに37歳となり、07年11月には不動産会社社長の遠藤久人氏と入籍し、男子も出産していた。

ところが、夫の経営していた不動産会社が3月31日までに事業を停止し、事実上倒産していたことが分かった。東京・渋谷区の「京和建物」で、民間信用調査会社によると負債総額は約11億円(08年1月末時点)。同社は96年2月に設立され、自社ブランド「サンテミリオン」などの投資用ワンルームマンションの販売を手がけ、04年1月期には約80億円の売上をあげていた。

実は、この2人が結婚にいたるまでには様々な騒動があった。07年4月にサイパンで挙式を挙げた際には、遠藤氏が既婚者であったため「重婚疑惑」が浮上(その後、遠藤氏は前妻と協議離婚している)。さらに同年8月には、遠藤氏が恐喝と暴行容疑でサイパン警察に逮捕されるという事件もあった。これは不起訴処分になったものの、ワイドショーなどで大きく報道されたため、同氏の経営する「京和建物」の信用不安につながったという。

その後、遠藤氏は社長を辞任し、経営の一線からは表面上退く形になっていた。同氏を知る関係者は次のようにいう。
「遠藤は細川ふみえと一緒になってから完全な落ち目だったね。それまでは千代大海のタニマチなどもやっていて、その名にちなんだ『大海』というチャンコ屋を出すほど羽振りがよかった。六本木ではバーも経営していた。結婚後、遠藤がほとんど細川の所に寄り付かなかった気持ちも分かるような気がする。遠藤は商売柄、暴力団関係者との付き合いも多い。細川のようなタレントと結婚することでマスコミの〝格好の餌食〟になったことが痛かった」

« 【ミニ情報】破綻した名門建設会社「井上工業」でも山口組系2代目古川組企業舎弟・永本壹桂が〝暗躍〟 | トップページ | 【ミニ情報】後藤忠政元組長が神奈川県伊勢原市の寺院で出家 »

コメント

京和建物は、タイ人の元プロボクシングミニマム級世界王者(角海老宝石ジム所属だった)の
イーグル京和選手のスポンサーでもありましたね(リングネームが社名にちなむ)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 不動産会社社長 遠藤久人 [50秒ですぐ読めるニュース]
細川ふみえ今週中にも離婚、ヌード披露も 2009122 Fカップのバストで元祖巨乳アイドルとして活躍したタレント細川ふみえ(38)が、元不動産会社社長の遠藤久人氏(46)と、今週中にも離婚することが2日、明らかになった。2人は07年11月1日に結婚、同年12月2日には長男にも恵まれたが、2年で結婚生活に ... (続きを読む) 大阪住宅建設ホームページ作成とかのブログ : Google日本語入力 大阪住宅建設ホームページ作成と... [続きを読む]

« 【ミニ情報】破綻した名門建設会社「井上工業」でも山口組系2代目古川組企業舎弟・永本壹桂が〝暗躍〟 | トップページ | 【ミニ情報】後藤忠政元組長が神奈川県伊勢原市の寺院で出家 »

警察権力と癒着し、事件屋・大塚万吉らと結託するアクセスジャーナル山岡俊介を徹底弾劾せよ!!


  • 本誌との「停戦合意」を一方的に破棄し、本誌編集長・奥村順一に対する言われなき誹謗中傷を繰り返すアクセスジャーナル山岡俊介を我々は断じて許すことはできない。すでに「我慢の限界」を超えている。本誌は反撃・報復する。
  • 山岡俊介「全面自供」

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

無料ブログはココログ