« 【東京アウトローズ 一行情報】西松建設「違法献金事件」、背景に業界内の〝西松たたき〟 | トップページ | 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 »

2009年3月14日 (土)

「東京アウトローズ 人物ミニデータ 小沢一郎」

Ozawa小沢一郎】<002>(衆議院議員、民主党代表)[故田中角栄直系の秘蔵っ子]

小沢の政治資金調達能力は民主党では突出している。小沢の親分であった故田中角栄譲りである。小沢は公共事業の受注に影響力がある利権政治家、とゼネコン各社から思われている。スーパーゼネコンである「大成建設」「大林組」「清水建設」及び準大手の「戸田建設」「西松建設」が小沢の主な資金源である。小沢は5社で年間、約1億円の政治資金を調達していた。

今回、西松建設の違法献金事件に絡み、小沢の公設第一秘書兼「陸山会」会計責任者の大久保隆規が東京地検特捜部に逮捕された。この逮捕劇をめぐり、自民党と野党第一党の民主党との間で綱引きが行われている。民主党はこの逮捕劇を「国策捜査」であるとし、「検察当局のリークは目に余り、世論操作が行われている」との理由で、検事総長・樋渡利秋の証人喚問も視野に入れている。

しかし、検察は国家権力の一部をなす官僚組織に過ぎず、「国家の僧正(ビショップ)」である。「支配階級のイデオロギー」である法を権力の恣意と裁量で運用し、国家意志を反映させる国策捜査は自明の行為である。かつての「イトマン事件」においても、住友総資本の利益を守るため、「朝鮮征伐」という名の国策捜査(実際に検事らは当時この言葉を口にした)がおこなわれ、いつの間にか住友の犯罪がイトマンの犯罪に矮小化された。その結果、許永中をはじめとする数人の在日朝鮮人も逮捕されたが、住友銀行本体に捜査の手が及ぶことはなかった。

ただ今回は、小沢が野党第一党の党首であり、次の選挙において民主党が政権党になる可能性は高かった。そこに民主党側の「国策捜査」批判の最大の根拠もあるわけだ。しかし、民主党は基本的に自民党と同じブルジョア政党であり、検察側も「主人の変更」に何ら痛痒を感じないそのため、検察側は自民党と民主党との間のバランスをとることに苦慮している。国民を前にし、検察は正義と法の味方であるとのパフォーマンスも演じなければならない。要は国民からのレピュテーションリスクに恐れをなしているのだ。

しかし、小沢は今回の秘書逮捕劇でダーティーな政治家であることが改めて暴露された。小沢の本質は政治的マヌーバーを駆使するマキャベリストであり、典型的な利権政治家である。小沢の支配する政治団体及び関係団体が保有する資産は31億円と言われている。小沢が民主党の党首として居直れるかどうかは、民主党の党内力学より選良である国民の民度に委ねられている。

« 【東京アウトローズ 一行情報】西松建設「違法献金事件」、背景に業界内の〝西松たたき〟 | トップページ | 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 »

コメント

本筋とは関係ないところのツッコミで申し訳ないが、

>検察は国家権力の一部をなす官僚組織に過ぎず、「国家の僧侶(ビショップ)」

そもそもビショップを僧侶とは訳さない。
ビショップとは、仏教でいうなら僧正(仏教教団を統括する僧官)であり、
ローマ・カトリックでは司教、東方正教会では主教といわれる。
いずれも教皇(あるいは主教)であるPopeから数えて7番目に位置する。
軍隊で例えるなら中将とか少将クラスの高官にあたる。

http://yagitani.jpn.cx/kurihon/kurihon04.htm 参照のこと。

日本以外の宗教文化圏において、
ビショップ=僧侶とかいう認識でいると大変なことになるので注意すべし。

最近、こうした本筋以外の部分でのアラが目立つ。
先日の「堂ヶ島支店」もコメントで指摘されてから、
なんの釈明もないまま「堂島支店」に直されていた。
googleキャッシュに残っているので改変したことがモロバレで恥ずかしい。

こうしたミスのほとんどがライター、編集者の思い込みによるものであり、
つまらぬことで炎上や荒らしを呼びかねない。
ここでは扱っている内容が内容なだけに、
比喩表現につかう言葉にも十分に精査する必要がある。

>検察側も「主人の変更」に何ら痛痒を感じない
民主党は官と対決すると言っているのだから、痛痒を感じないどころか死活問題だと感じているのではないか。いまや国策捜査の「国」とは自民党や内閣ではなく国家官僚のこと。

>民主党は官と対決すると言っているのだから、痛痒を感じないどころか死活問題だと感じている

それは民主党が言ってるだけで、官と本当に対決できるような政党ではない。民主党政権に危機
感を抱いて検察が国策捜査を始めた、というのは過大評価。ただ、今回の国策捜査で、国家官僚
の権力がますます肥大化するという貴方の指摘は正しいと思うよ。

ご指摘の通り、ビショップは僧侶ではなく僧正が正しい訳語でした。
訂正いたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/44341733

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京アウトローズ 人物ミニデータ 小沢一郎」:

» 鈴木宗男氏、西松建設関連の捜査に対して国策捜査のように感じていると批判 [情報と意見交換の場]
「国策捜査だという思いでいっぱいだ。私自身が国策捜査を受けたからその感を深くする [続きを読む]

« 【東京アウトローズ 一行情報】西松建設「違法献金事件」、背景に業界内の〝西松たたき〟 | トップページ | 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。創刊時の「ゲリラ精神」を完全に忘れ、警察権力と癒着し利敵行為に走ったアクセスジャーナル山岡俊介弾劾!
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

無料ブログはココログ