« 【東京アウトローズ 一行情報】〝アル中〟の中川昭一は即刻辞任せよ! | トップページ | 【東京アウトローズ 一行情報】CSKホールディングスの巨額損失は「リビエラ案件」 »

2009年2月17日 (火)

【ミニ情報】コンサル会社「大光」巨額脱税事件で逮捕された難波英雄容疑者の意外な〝大物ぶり〟

243大分市のコンサルタント会社「大光」グループによる脱税事件で、30億円以上の所得を隠していたとみられる同社社長の大賀規久容疑者(法人税法違反で逮捕)。大手ゼネコンの「鹿島」が03年以降に受注した大分市のキャノン関連工場のほか、川崎市のプリンター研究施設でも水増し発注による裏金を捻出していたことが発覚した。

その詳細を伝えたのは「毎日新聞」13日付記事(左写真)。このプリンター研究施設はキャノンが約273億円で鹿島に発注したが、そのうち電気設備工事を約9億3000万円で「九電工」(福岡市)が下請け受注していた。九電工側は05年6月、同工事の一部約4億8000万円の丸投げを関連会社を通じて指示、その過程で関連会社の手元に残った約2億4000万円のうち約2億円の裏金が、「浪速コンサルタント」(大阪市)の社長、難波英雄容疑者に渡ったという。すでに東京地検特捜部は、九電工が工事の丸投げを指示した文書などを入手し、この裏金の大半が大賀容疑者に流れたとみている。

周知のように、この難波容疑者は、「大光」グループによる一連の脱税工作でダミー会社を用意するなど中心的な役割を担っていた。業界の内情に精通する人物は本誌の取材に次のように語った。
難波は単なるB勘屋(編集部注=架空の領収書を用意する業者)ではない。全国の各自治体が発注する環境関連施設などの談合でも暗躍していた。難波が、あるプラントメーカーと組んで決めた案件を幾つも知っている。業界では有名な男ですよ」

この人物によれば、難波容疑者は「九電工」とは特別なパイプがあり、つい先頃も鹿児島県内の「汚泥再処理センター」(受注額約82億円)を九電工側に落札させることに成功したという。さらに、難波容疑者と非常に親しい関係にある某プラントメーカーも、しっかりと同センターの工事に加わっている、というのだから呆れるほかない。

当初はB勘屋に過ぎないと思われていた難波容疑者の意外な〝大物ぶり〟が浮かび上がってきた。

« 【東京アウトローズ 一行情報】〝アル中〟の中川昭一は即刻辞任せよ! | トップページ | 【東京アウトローズ 一行情報】CSKホールディングスの巨額損失は「リビエラ案件」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【東京アウトローズ 一行情報】〝アル中〟の中川昭一は即刻辞任せよ! | トップページ | 【東京アウトローズ 一行情報】CSKホールディングスの巨額損失は「リビエラ案件」 »

警察権力と癒着し、事件屋・大塚万吉らと結託するアクセスジャーナル山岡俊介を徹底弾劾せよ!!


  • 本誌との「停戦合意」を一方的に破棄し、本誌編集長・奥村順一に対する言われなき誹謗中傷を繰り返すアクセスジャーナル山岡俊介を我々は断じて許すことはできない。すでに「我慢の限界」を超えている。本誌は反撃・報復する。
  • 山岡俊介「全面自供」

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

無料ブログはココログ