« 【東京アウトローズ 一行情報】インサイダー疑惑の元ジェイ・ブリッジ役員は故・高橋治則氏の「ダミー」 | トップページ | 【特別寄稿】大手ゼネコン・鹿島建設で組織的「裏金」疑惑が新たに発覚(1) »

2009年2月26日 (木)

【真相レポート】東証1部「CSKホールディングス」、子会社上場で私的利益を追求していた経営最高責任者の「実像」(1)

本レポートは、CSK(=当時)の経営者が上場子会社の株価を上昇させるインセンティブを持つ時、そのような行動を取るかどうかを、ケーススタディーの手法を用いて実証的に分析したものである。

親会社の経営者は、上場子会社の意思決定権を実質的に保有している。このことは、親会社が自らに子会社の株式を付与したうえで、業績の上方修正や株式分割などで株価を意図的に上昇させる意思決定をすることで、結果として利益を獲得できることを意味する。このようなインセンティブの存在は様々な利益相反の素地となりうる。なかでも本レポートは、親会社の経営者が、上場子会社の株式を持つ場合に起こる私的利益追求(=利益相反)の問題にスポットをあてた。

【分析方法】
253特定の時期に高い株価を実現し、売却益を得ようとする行動を分析するために、
①売却時期を特定した上で、
②その時期に高株価を実現する意図をもって意思決定をしたか、
について明らかにしなければならない。
株価上昇策は以下の視点で検証し、これらが一定の目的に沿って整合的に行われたかを持って、意図性を判断する。

【分析対象】
ケースとして取り上げる対象企業としてCSKコミュニケーションズ(以下CCO)を選定した。
249(1)親会社の経営者が上場子会社の意思決定権を持っている
親会社CSKはCCOの株式を上場後も65.7%保有しており、実質的に経営上の重要な意思決定をコントロールできる。さらに取締役8名中7名がCSK出身者であり、親会社の経営者A氏が子会社の取締役会長を兼任している。よって、CCOの意思決定権は親会社の経営者が完全に把握していると推定できる。

250(2)親会社の経営者が子会社株式を大量に保有している=株価上昇に対する私的インセンティブがある
同社においては親会社の経営者A氏が4.9%の株式を個人で保有しており、第4位の株主である。よって、株主としてのインセンティブが強く働く可能性が高い状態であるといえる。また、これらの株式はA氏が親会社・子会社の経営権を保有していると考えられる段階で、自身に対して付与されている。

251252(3)実際に株価が上昇し、親会社の経営者が株式売却益を得ていると考えられる
実際の株価を見ると、上場後に最大で4倍近く上昇しており、その後も高く推移している。同業3社や、新興市場指数(ナスダックジャパンは指数を出していなかったので、ジャスダック指数にて代替)との比較においても、非常に高い。この高株価の結果、本レポートの推計によれば、親会社の経営者A氏は約3.4億円の利益を得ていると推定される。(売却時期の推定根拠は後述)

【以下、次号】

« 【東京アウトローズ 一行情報】インサイダー疑惑の元ジェイ・ブリッジ役員は故・高橋治則氏の「ダミー」 | トップページ | 【特別寄稿】大手ゼネコン・鹿島建設で組織的「裏金」疑惑が新たに発覚(1) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/44181846

この記事へのトラックバック一覧です: 【真相レポート】東証1部「CSKホールディングス」、子会社上場で私的利益を追求していた経営最高責任者の「実像」(1):

« 【東京アウトローズ 一行情報】インサイダー疑惑の元ジェイ・ブリッジ役員は故・高橋治則氏の「ダミー」 | トップページ | 【特別寄稿】大手ゼネコン・鹿島建設で組織的「裏金」疑惑が新たに発覚(1) »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

無料ブログはココログ