« 新企画 東京アウトローズ「一行情報」をスタート | トップページ | 【ミニ情報】サイバーファームがひた隠しにしていた、投資会社による破産申立ての「事実」 »

2009年2月 8日 (日)

【特別寄稿】警察、検察、国税〝対策・懐柔・籠絡業〟の「首魁」安藤英雄の正体(6)

Kamibaku200903_2これまで本誌に数多くのスクープを寄稿してきた「企業犯罪研究会」。今月7日発売の月刊『紙の爆弾』3月号には、「名ばかりのフィクサー? 暗黒の業界に蠢く〝首魁〟安藤英雄 疑われるその実力」と題するレポートが掲載された。そのハイライトが同研究会から送られてきたので紹介する。(東京アウトローズ編集部)

警察はパチンコ・パチスロ業界の最大の簒奪者

「雲上人として、多くのパチンコ・パチスロ客の膏血と搾取の上に築かれた黄金の椅子に独座しているのが、今回のメインテーマである、業界の〝首魁〟安藤英雄である。(中略)一介の民間人である安藤英雄が、フィクサーとして君臨しているのは、知る人ぞ知る事実だ。彼はいかにしてパチンコ・パチスロ業界の頂点に独座したのか。それが、実ははなはだ疑問なのだ。先に結論を言ってしまえば、安藤は業界の人間に、解決師としての幻想を与えつつ、君臨しているだけで、真相は幻想を与える能力に長けているだけなのではないかと思われるのである。確かに業界は、安藤をフィクサーとして認識し、その神通力を信じている。しかし、その業績を振り返ると、安藤は単なる〝法螺吹き爺〟に過ぎず、そこに神通力など認められないのだ

パチンコ・パチスロ業界の間で暗躍する警察OBと安藤英雄を糾弾する

「資本主義社会のアスファルトジャングルで負け組の希望無き生活を送る多くの庶民にとって、博打は一瞬の希望であり麻薬だ。権力者は弱者支配の道具にパチンコ・パチスロの実体的賭博行為を目こぼししているといえる。これは、日本の社会の底辺の縮図である。(中略)多くのパチンコ・パチスロ業界は、ギャンブル産業で多くの貧乏人から金を巻き上げる反社会的・反道徳的産業だ。本来、パチンコ業界は、刑法の賭博法に抵触している不法業者であるが、『三店方式』で法律を無力化してきた。この換金システムを古物売買と歪曲して位置づけ、警察公認の脱法行為が許されてきたのである。こうして警察の目こぼしに依存して、成り立っているパチンコ業界。警察に生殺与奪の権利を握られている以上、彼らはお上にみかじめ料を献上せざるを得ない。そこに、安藤英雄のような、警察に特殊なコネがあると吹聴する法螺吹き爺に業界は騙される余地がある。特に、セガサミー(代表取締役会長兼社長・里見治)は04年の、セガサミーの企業合併に際して、安藤英雄に数十億円の裏金を渡したという風評まである。安藤は自ら暴力団との交友を吹聴する反社会的人物であり、上場企業は安藤に近づいてはならない。業界で行われている〝安藤詣で〟は、御利益のない貧乏神・疫病神・死神に莫大な賽銭をしているに等しい。安藤は宗教法人でないので、国税は速やかに、セガサミーから安藤英雄に流れた裏金疑惑を解明し、税金を徴収し、国民の負託に応えるべきだ。セガサミーも上場会社である以上、上場企業としての説明責任を果たすべきだ」

以上は紙爆3月号に掲載されたレポートの核心部分であるが、要するに、安藤へ流れた業界の裏金に脱税の疑いが生じているというわけだ。庶民の犠牲の上になりたっているパチンコ・パチスロ業界は、言うまでもなく脱税の温床である。国税当局は、その頂点に独座する安藤の脱税疑惑を暴き、立件することが急務である。警察の暴力団に対する頂上作戦と同様に、国税当局のパチンコ・パチスロ業界への頂上作戦が希求されている。(以下次号、敬称略)

【文責・企業犯罪研究会】

« 新企画 東京アウトローズ「一行情報」をスタート | トップページ | 【ミニ情報】サイバーファームがひた隠しにしていた、投資会社による破産申立ての「事実」 »

コメント

私は一般人ですが、数年前にパチンコを覚えました。今もしてます。 パチンコ屋の最近の不思議現象、広告に何故か地元警察の名前入り、パチンコ屋が不正行為を(訳もなく連続で玉が出たら副店長が来て、台を無理やりあけ、ロムか何かをヌキ、コードまで外され電源オフ)遊戯中に周りの人もビックリでした。 警察二人も来ましたが、若い警官は、パチンコ屋の不正行為と言って調べ様とすると、年配警官が止め初めは無線を手にしましたが、素振りだけで、離れた場所へ移動して私物の携帯電話から、何処かにかけ、戻って来たら、店とあなたで話してくれて、若い警官は年配警官に、調べないんですかて聞いたら、年配警官は帰るとの事でした。 この出来事は昨年九月十五日の石川県加賀市パチンコ夢○軍での、出来事です。 ちなみに、オーナーと来た警察署は隣です。

セガサミー(代表取締役会長兼社長・里見治)里見治さんはあのアヘン王里見庸の血族ですか?
苗字がおなじなんですけど・・・やっぱり関係ないですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/44001500

この記事へのトラックバック一覧です: 【特別寄稿】警察、検察、国税〝対策・懐柔・籠絡業〟の「首魁」安藤英雄の正体(6):

« 新企画 東京アウトローズ「一行情報」をスタート | トップページ | 【ミニ情報】サイバーファームがひた隠しにしていた、投資会社による破産申立ての「事実」 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

無料ブログはココログ