« 【ミニ情報】巨額脱税事件で逮捕された遠藤修容疑者と「三菱UFJ証券」五味康昌会長との〝接点〟 | トップページ | 【ミニ情報】ヘラクレス上場「サイバーファーム」が自己破産を申請 »

2009年1月31日 (土)

「東京アウトローズ 人物ミニデータ 佐藤優」

Satou3210佐藤優】<006>(作家、自由主義的保守主義者)[保守反動のイデオローグ、元国家の走狗] 佐藤は、田原総一郎との対談集『第三次世界大戦右巻』のまえがきで、「1920年代前半、イタリアでベニト・ムッソリーニが展開したファシズムには魅力がある。初期ファシズムは、共産主義革命を排し、資本主義体制を基本的に維持するなかで、国民を動員し、束ねて、貧困問題を解決し、社会的格差の縮小につとめた。(中略)イタリア型ファシズムには、高度の知的操作によって国家機能を強化し、その結果、資本主義の弊害を除去する可能性を示す。また、国民の能動性を高め、人間の社会的連帯を重視する。(中略)いずれにせよ、ファシズムが日本においても、政治の現実的な選択肢に入りはじめた私は見ている」と驚くほど明け透けに書いている。

Satou4このように、佐藤は「イタリア型ファシズム」を礼讃しているわけだが、佐藤は官僚であったので、「国家機能の強化」も絶対に忘れない。しかし、「国民を動員し、束ねて、貧困問題を解決し、社会的格差の縮小につとめた」という初期ファシズムがその後、どう展開していったのか。言うまでもないことだが、ルンプロと小ブル層を組織したファシズムが30年代に権力を掌握した結果、国家として民族排外主義と侵略戦争への道をひた走ったわけである。また、権力掌握後にファシズム内で権力闘争がおき、初期ファシズムの反資本主義的な路線に固執する勢力が粛清された事実も広く知られている。

ただ、日本の新たなるファシズムは、国民がファシズムとして認識し得ないソフトな〝微笑みのファシズム〟であろう。すでに、いまの日本社会を見渡せば、その土壌は醸成されつつあると言わねばならない。国家による愚民化政策がその一つで、国民は支配・管理・監視されている意識すら持ち得なくなる。

このような来るべき〝微笑みのファシズム〟のイデオローグとして最適な存在こそ佐藤優なのだ。同書の中で、佐藤は「私はキリスト教の信者だけれど、マルクス主義の信者じゃありませんからね」と開き直っている。たしかに、佐藤がマルクスをどう読もうと勝手である。

しかし、佐藤を使っている『世界』『週刊金曜日』などの左派系雑誌は、佐藤の本質を知るべきである。反資本主義的な要素も含む「初期ファシズム」の信奉者たる佐藤にとっては、こうした左派系雑誌に登場することは何ら矛盾する行為ではないのだ。週刊金曜日が力を入れている「反貧困運動」に対する佐藤の〝共感〟とは、ファシストとしての共感なのである。

「論語読みの論語知らず」という諺があるが、佐藤は「マルクス読みのマルクス知らず」に過ぎない。佐藤の博覧強記は認めるとしても、佐藤ごときの「私のマルクス」(週刊金曜日)といった〝解釈・講釈〟に頭をたれる必要はまったくない。

« 【ミニ情報】巨額脱税事件で逮捕された遠藤修容疑者と「三菱UFJ証券」五味康昌会長との〝接点〟 | トップページ | 【ミニ情報】ヘラクレス上場「サイバーファーム」が自己破産を申請 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/43908245

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京アウトローズ 人物ミニデータ 佐藤優」:

« 【ミニ情報】巨額脱税事件で逮捕された遠藤修容疑者と「三菱UFJ証券」五味康昌会長との〝接点〟 | トップページ | 【ミニ情報】ヘラクレス上場「サイバーファーム」が自己破産を申請 »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

無料ブログはココログ