« 【ミニ情報】東京・南青山3丁目の土地売買契約書「偽造」事件、交渉に同席していたのは山口組系直参組長 | トップページ | 【ミニ情報】本誌、人気ブログランキングで5位に進出 »

2009年1月29日 (木)

【ミニ情報】「チャンネル桜」が「週刊金曜日」記事を〝偏向報道〟と叫ぶ、そのお粗末な中身

SakuraSakura2『週刊金曜日』(1月9日号)に掲載された「田母神前空爆長や防衛族議員らを呼んで大パーティー 破綻したIT企業トランスデジタルの怪」というレポート。これについては本誌1月15日付記事でも紹介したが、『日本文化チャンネル桜』(水島総代表)は「事実をゆがめられた」、「偏向報道だ」と叫んでいるようである。
http://jp.youtube.com/watch?v=wuol3jzCu9g&feature=PlayList&p=9DCDE99CEA327826&index=0

ところが、番組内で水島氏が語る批判をよくよく聞いてみると、何とも他愛もない内容なのだ。水島氏は週刊金曜日の取材に応えたコメントを削られたと大騒ぎしているに過ぎない。しかも、その削られた部分というのは、「チャンネル桜が制作協力するということで、来られた方(編集部注=自衛隊幹部や政治家を指す)も多かったろうと、責任を感じています」などという水島氏側の〝釈明〟がほとんどなのだ(冒頭右写真の赤字の部分)。これでは削られたからといって「事実をゆがめられた」と大騒ぎするほどの内容ではないことは子供でも分かりそうなものである。

Sakura3そもそも、今回の水島氏のインタビューは、取材を受ける側が逆にカメラを回すという異例な状況の中でおこなわれた。何故、水島氏側がこれだけ過敏な反応を示すのか。むしろ、そちらの方に興味が引かれる。

最後に水島氏の事実誤認を指摘しておく。同氏のコメントに「朝鮮大学校で教えていた在日朝鮮人」という箇所があるが、「朝鮮大学校を卒業し、朝鮮高校で教えていた在日朝鮮人」が事実である。

« 【ミニ情報】東京・南青山3丁目の土地売買契約書「偽造」事件、交渉に同席していたのは山口組系直参組長 | トップページ | 【ミニ情報】本誌、人気ブログランキングで5位に進出 »

コメント

トランスデジタルが倒産したときの社長は後藤氏ですよね。


後藤氏はトランスデジタルが倒産する少し前から前社長から社長の座を任されましたが、後藤氏の前の社長のときから経営状態が悪くなっていたそうですね。


噂ではその前社長が水商売をしている女性に会社の経費でマンションをプレゼントしたのだそう。

その後、前社長が退任して後藤氏が社長になった。


その後もトランスデジタルの株価が下がり続けている頃、トランスデジタルという会社が詐欺まがいのことをしだすだろうという噂があった。


後藤氏の父親は警察(又は検察)上層部の人で、捜査が及んでも守れると見込んだ人事ようだという噂でした。


何か仕組まれた倒産だったのでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/43889001

この記事へのトラックバック一覧です: 【ミニ情報】「チャンネル桜」が「週刊金曜日」記事を〝偏向報道〟と叫ぶ、そのお粗末な中身:

« 【ミニ情報】東京・南青山3丁目の土地売買契約書「偽造」事件、交渉に同席していたのは山口組系直参組長 | トップページ | 【ミニ情報】本誌、人気ブログランキングで5位に進出 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

無料ブログはココログ