« 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 | トップページ | 「東京アウトローズ 人物ミニデータ 松浦勝人、中川昭一」 »

2008年12月12日 (金)

【ミニ情報】大手取次トーハンが告発本『セブン-イレブンの正体』を前代未聞の配本拒否

Seven年間2兆4000億円を売上げる世界最大のコンビニチェーン「セブン・イレブン・ジャパン」(東京都)。その悪事の数々を告発する単行本『セブン-イレブンの正体』が11月末、『週刊金曜日』の発行元である株式会社金曜日から発売された。

しかし、大手取次会社「トーハン」(東京都)がこの本の配本を拒否するという事態が発生している。セブン・イレブン・ジャパンの実質的創業者である鈴木敏文・代表取締役会長兼CEOは、トーハンの取締役副会長も務めているのだ。トーハン側の担当者は、「委託配本するということは、トーハン取締役(鈴木氏)の不利益になるような商品を積極的に販売することになり、そのようなことはできない」などと金曜日側に説明したという。

しかも、金曜日が指定した書店に配本することについても拒否している。トーハンはこれまで、「違法な出版物」の類について配本拒否をしたことはあるが、このようなケースでの配本拒否は初めてのことだという。

セブン-イレブンの正体』では、「カリスマ経営者」鈴木敏文氏の独裁体制による社内の閉塞状況や、セブン-イレブン本部が全国1万2000店舗の加盟店からいかにして不当に利益を巻き上げているか、「詐欺的商法」とも呼ばれるそのカラクリなどを徹底的に追及していた。加盟店は超低収入に追いやられ、過労死や自殺、夜逃げなどが相次いでいるが、それでも大手メディアで取り上げられることはない。

かつてこの会計システムの実態を告発した論文が『週刊エコノミスト』に掲載される予定だったが、校了直前にセブン-イレブンの役員が毎日新聞社を訪れ、コンビニから『サンデー毎日』を撤去すると脅して論文の特定記述を削除させていたこともあるほどだ。これまで隠し続けてきた一連の悪事を暴露されることに、過剰な反応を示しているようだ。

« 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 | トップページ | 「東京アウトローズ 人物ミニデータ 松浦勝人、中川昭一」 »

コメント

世論がどこまで大きくなるかが鍵ですな。こういう騒動は、できるだけ穏便に済ませたいときはうまくやらないと炎上するのです。株価にも響く。取締役のために株主に影響が出る行為を何も考えもせず行うのはいかがなものか。どのような内容のものでも、公序良俗に反しないものなら、流通という事業を優先して配本すればいいのです。民間企業でも中立であるべきなんです。

どうしてセブン・アンド・ワイでは売っているのか不思議です
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/32171736

ここで紹介していなければ、新刊の洪水の中に沈んでしまい発行さえ知らずにいたと思います。今日、買って来ました。敢えてセブン&ワイのお取り寄せで(笑)
かつてIYの中で働いていたので、苦笑しながら読みましたが妙に納得出来る箇所が多々ありました。感想は「やっぱりか」ってところですね。
素晴らしい本のご紹介ありがとうございます。アフィに協力しなくてごめんなさい。

セブン・アンド・ワイは流通にトーハン使ってたはずだが。
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032171736

後、トーハンから取り寄せできるよ。

内容については、ロー○ン裁判などでも争点になった部分が扱われており、従来の「コンビニのヤミ」本系列の範疇を越えていません。

しかし、トーハンの回答は完全に鈴木イズムを逸脱したものですねえ。
「売る側の勝手な都合」で行動するのは「お客様の立場で考え」ていないとしか思えませんが・・・。
私のように興味を引かれ買った者がいるのですから、店頭配本拒否は明らかに「販売機会ロス」を生んだことにもなります。
何よりも、ある商品が売れるか売れないか・売るべきものなのかの検証は「全て店頭売り場でやらねばならない」じゃなかったですかね?
鈴木CEOは、トーハンの中では全部反対の事を訓示してるのかしら?

rjxydk eocqgifv cijq kftyqaxh rghiknbz bvezlmhdo bsrhjpcvx

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/43396101

この記事へのトラックバック一覧です: 【ミニ情報】大手取次トーハンが告発本『セブン-イレブンの正体』を前代未聞の配本拒否:

» セブンイレブン暴露本の流通拒否! でもセブンイレブンで買えます [未来検索ガジェット通信]
セブンイレブンに対する事実上の暴露本『セブン-イレブンの正体』の流通を、出版物流通会社・トーハンが拒否していることが判明した。『セブン-イレブンの正体』を執筆したルポライ... [続きを読む]

» 大手取次トーハンが告発本『セブン-イレブンの正体』を前代未聞の配本拒否 [リアルの現在]
大手取次トーハンが告発本『セブン-イレブンの正体』を前代未聞の配本拒否 http... [続きを読む]

« 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 | トップページ | 「東京アウトローズ 人物ミニデータ 松浦勝人、中川昭一」 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。創刊時の「ゲリラ精神」を完全に忘れ、警察権力と癒着し利敵行為に走ったアクセスジャーナル山岡俊介弾劾!
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

無料ブログはココログ