« 「東京アウトローズ 人物ミニデータ 佐藤優」 | トップページ | 【ミニ情報】大証ヘラクレス上場「サイバーファーム」で〝金銭トラブル〟 »

2008年12月 5日 (金)

【連載コラム】金融経済評論家 松本弘樹「マネーゲームの罠」

【第2回】弱者のファイナンススキームを悪用した輩(やから)たち(1)

Matsumoto私は証券会社を退職した後、大手幹事証券が面倒を見なくなった上場企業を相手に、企業の存続をかけてコンサルティングをおこなうようになった(今は金融商品取引法の施行でこの業務はできない)。当時は、正直西田氏が中途半端にかかわった上場企業へのアドバイスが主であったが、目が肥えてくるうちに自分の力で企業を再生させようという無謀な野望が芽生えてきた。

それは西田氏の存在というよりも、私自身が3年間世話になって、その間に全くの〝インチキ会社〟から〝ネットの旗手〟にまで生まれ変わったソフトバンクに対する憧れがあったと思う。ソフトバンクの株価は29倍近くに跳ね上がったが、働いている社員はみな幸福になれる理想郷を求めていたのかもしれない。
  
私が『共生者』の中で述べたように、当時はまだポピュラーでなかった新株予約権と投資組合のスキームは、経営難に陥っていたキムラタンという会社で初めて採用した手法で、画期的なものであった。いわゆる新興企業で「打ち出の小槌」といわれたストックオプションを投資家に付与し、銀行からの無責任な貸し剥がしにおびえる発行体の信用保全をおこない、片方で気まぐれな投機的資金には余裕を与えて確実に投資を促す。これでキムラタンは倒産をまぬがれ、現在も会社は存続し社員の生活は守られている。

もちろん、このスキームは企業が延命するだけの一時しのぎの対策ではない。時間とチャンスを与えたのだから、経営者は過去の失敗を恥じて、一から再生にとりかかるのが筋である。

そして、私はビジネスの現場から一線を画し、外から支援することに徹していた。それがプロとしての金融マンの姿勢であり、後に出てくる輩とは違うということを読者は記憶にとどめておいていただきたい。

西田氏を仕手筋と揶揄する声は否めないにしても、彼の功罪は相半ばしており、必ずしも全面的に否定できるものではないと私は考えている。今後、2回に分けて説明するのは、私が入院し証券界から離れていた頃、いろいろな人たちによって私のスキームが姿形を変えて悪用され始めた実態についてである。

次回の第3回目は『仕手の現場の仕掛人』の中でも語った「ディストリビューションのからくり」を、そして第4回目では「さらに罪の重いMSCB」について具体的事例をあげて説明していきたいと思う。

« 「東京アウトローズ 人物ミニデータ 佐藤優」 | トップページ | 【ミニ情報】大証ヘラクレス上場「サイバーファーム」で〝金銭トラブル〟 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/43323570

この記事へのトラックバック一覧です: 【連載コラム】金融経済評論家 松本弘樹「マネーゲームの罠」:

« 「東京アウトローズ 人物ミニデータ 佐藤優」 | トップページ | 【ミニ情報】大証ヘラクレス上場「サイバーファーム」で〝金銭トラブル〟 »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

無料ブログはココログ