« 【ミニ情報】『週刊大衆』に掲載された〝エイベックス空売り〟の脳内妄想記事 | トップページ | 「東京アウトローズ 人物ミニデータ 麻生太郎、久間章生」 »

2008年12月26日 (金)

【特別寄稿】ゴキブリも近寄らないトランス脂肪酸の「恐怖」

Shibou「トランス脂肪酸」(別名・狂った脂肪酸)は、構造中にトランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸である。トランス脂肪酸含有の植物油を原料にして、水素添加して造るマーガリンやショートニング(味付けのないマーガリン)は危険食品である。トランス脂肪酸の摂取は、悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどを誘発する。マーガリンなどは鼠も食べずゴキブリも近寄らない

植物油、植物油脂、植物性油脂、加工油脂などは、ほとんどがトランス脂肪酸を含んでいる。ちなみに、食品中のトランス脂肪酸含有量(100g当たり)を以下に表示する。

明治コーンソフト」9・04g、「ラーマバターの風味」8・10g、「日清とっても便利なショートニング」14・7g、「マクドナルドのフライドポテト」3.37g、「スジャータP褐色の恋人」6・47g。

トランス脂肪酸は米カリフォルニア州では禁止されている。ニューヨーク市も全レストランで使用禁止だ。アメリカのケンタッキーフライドチキンは、「トランス脂肪酸を含む調理油の使用は来年4月までに全店舗で止め、以後は同脂肪酸を含まない大豆油を使用する」と発表している。

一方、日本は、ダスキンが12月末から、「ミスタードーナツ」全店で低トランス脂肪酸油を導入しただけでお茶を濁している。花王の「エコナ」は、厚生労働省の特定保健用食品認可を受け、トランス脂肪酸を多く含んでいるにもかかわらず、「健康」を前面に掲げて、ヘルシークッキングオイルとして売っている。明治乳業は、「重要なこととして認識しているが、今はまだ対応できない。食品安全委員会の動向には注目している」としている。

とくに、マクドナルドのフライドポテトは危険で注意を要する。厚生労働省は速やかにトランス脂肪酸の健康に対する害を公表し、国民に告知すべきだ。同時に全面禁止にすべきだ。国民の健康と安全を守るためにも。

【文責・企業犯罪研究会】

« 【ミニ情報】『週刊大衆』に掲載された〝エイベックス空売り〟の脳内妄想記事 | トップページ | 「東京アウトローズ 人物ミニデータ 麻生太郎、久間章生」 »

コメント

マーガリンなどは鼠も食べずゴキブリも近寄らない。

葱、じゃがいも、チョコレート、キシリトール、
これらは犬にとっては毒である。

アーモンド、イカ、牛乳などの乳製品、
これらは猫にとっては毒である。

人間はいかに丈夫な種族であるか分かっていただけただろう

という話?

トランス型脂肪酸はどのぐらい問題か
http://www.yasuienv.net/TransFat2005.htm

で、トランス脂肪酸を摂取する場合と摂取しない場合ではどれほど

>悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどを誘発する

確率が違ってくるんですか?

米・ニューヨーク州の外食産業で使用禁止になってから大騒ぎになったんですね。
それまでにも警告を発している人はいたのだが。

シス-トランス
でググれカス

ここで文章を書いているのはJTのタバコをモクモク吸って
安物の合成酒を飲んで
トランス死亡を使っているゴキブリや鼠はいるけど食わない
居酒屋にしか行けない

石神はテレ東重役の息子でこの番組の製作も噛んでる
藤巻と石神は仲がいいので藤巻をヨイショする番組

なぜ

>とくに、マクドナルドのフライドポテトは危険

なのだろう?

ロッテリアやモスのはそれよりマシなのか?

結局は、何を食べてもいずれ死ぬ

タバコの方が問題性は高い

ゴキブリと人間は同じ感性では無いためゴキブリが食べようが食べまいがかまうこたぁない

ゴキブリはホウ酸ダンゴを食べる

トランスは結局、殆どの加工食品に入っている

結論

個人が個々に対処すればいい。

>結局は、何を食べてもいずれ死ぬ


でも放射能汚染食品食べたらしが早まると思うけど、、そんなの嫌ですね。

>タバコの方が問題性は高い


うちの祖父は数十年、タバコ一日に2箱吸ってた

なのに89歳まで生きたよ、、、、


ベジタリアンのタバコ嫌いがもっと早くなくなってるのに、、、


個人差なんでしょうか、体質の差??

自分の体質はわからないので、
健康に悪そうなものは出来るだけ排除したいと思います。

>ゴキブリと人間は同じ感性では無いためゴキブリが食べようが食べまいがかまうこたぁない

>ゴキブリはホウ酸ダンゴを食べる


つまり、

ホウ酸ですら食べるような怪物ゴキブリですら食べない、、

だから恐ろしいって思いますけどね。

毒団子が平気なゴキブリですら避けるようなものを、

毒団子がダメな人間が食べてはいけないでしょう、、、


普通に考えて

「食べてよいもの」と「食べてはいけないもの」は
動物によって全く異なる。

たとえば、犬はタマネギを食べると病気になる。たくさん食べると命も危ない。
http://hotdog1.net/tyudoku/onion.html

「道路の水たまりの水を飲んでもお腹を壊さない犬ですら食べられないようなタマネギを
道路の水たまりの水を飲めない人間が食べてはいけない」
・・・なんてことは、ないですよね。

まあ、それはともかく、国際機関が示している「トランス脂肪酸の摂取量の上限」は
一日あたり2グラムらしい。(↓ソース)
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_wakaru/

「マクドナルドのフライドポテト100gあたりに含まれるトランス脂肪酸は3.37g」
というのを信じるなら、
マックフライポテトのSサイズ(74g)に含まれるトランス脂肪酸は
約2.5グラム程度ということになるね。

「たまに食べる程度なら気にするほどの量じゃないが、毎日食べるのは良くない」
ぐらいの認識が妥当に思える。

普通の日本人の食生活においては、
塩分の摂り過ぎのほうがよっぽど危険な気がするね。
http://home.c06.itscom.net/maruko/08foods/enbun/enbunhayawakari.html
(↑昼と夜、普通の定食を食べたら、もう塩分過多。)

もちろん、「何が体に悪い食べ物なのか」という話は
個人の体質の違いによって全く変わってしまうんだろうけどね。

国外でこれほど危険視されている
トランスシボウ酸を食品安全委員会で放置する日本の組織、
食品不安委員会と呼称しようじゃないか。
だいぶ金が流れてんだろう。

韓国や中国を笑ってばかりでいられんナ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/43532969

この記事へのトラックバック一覧です: 【特別寄稿】ゴキブリも近寄らないトランス脂肪酸の「恐怖」:

» 【特別寄稿】ゴキブリも近寄らないトランス脂肪酸の「恐怖」 [トランス脂肪酸徹底解析]
「トランス脂肪酸」(別名・狂った脂肪酸)は、構造中にトランス型の二重結合を持つ不... [続きを読む]

« 【ミニ情報】『週刊大衆』に掲載された〝エイベックス空売り〟の脳内妄想記事 | トップページ | 「東京アウトローズ 人物ミニデータ 麻生太郎、久間章生」 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。創刊時の「ゲリラ精神」を完全に忘れ、警察権力と癒着し利敵行為に走ったアクセスジャーナル山岡俊介弾劾!
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

無料ブログはココログ