« 【ミニ情報】小室哲哉容疑者も関与する某音楽製作会社をめぐって「未公開株詐欺」疑惑が急浮上 | トップページ | 【ミニ情報】小室容疑者が高利で金を借りていた相手はワシントングループの河野博晶氏 »

2008年11月 5日 (水)

【特別寄稿】みずほ信託銀行のアキレス腱「京橋プロジェクト」、魑魅魍魎の百鬼夜行"漆黒の闇”を暴き出す(4)

167Dscn1861前回述べた3筆の「売渡承諾書」(=左写真)は、正確には偽造されたものではなく、当事者能力のない者が発行したものである。この売渡承諾書の中にある連名の発行者のうち、「社長室長 今村暢夫」の判は偽造されていた。また、「塚本商事機械株式会社 取締役社長 塚本正進」も同じく偽造だった。しかし、「伊和ビル株式会社 代表取締役 吉田安廣」に関しては不明である。

ここで確かなのは、「塚本商事機械」の代理人である萩原健二弁護士が、当該物件の利害関係人からの問い合わせに対し、平成19年9月7日付の内容証明郵便で、『重ねて申しますが、この物件を株式会社市村企画院に売買したことはないことは確かな事実です』との通知書を出していることだ。

しかし、問題の3筆の売却権が市村企画院にあるかのような風評が、誤って東京のブローカーの間を駆けめぐった。その根拠は次の通りである。

170169 3筆の所有者は塚本商事機械だったが、平成14年9月26日にみずほアセット信託銀行株式会社(現みずほ信託銀行株式会社)に信託を原因とする所有権移転登記がおこなわれた。しかし、その信託期間は5年であり、故に、平成19年9月25日に信託期間が満了し、所有権が塚本商事機械に戻る際に、当該3筆の売却権は市村企画院が有する。そのような架空の権利を根拠とする風説が東京のブローカーを惑わし、寸借詐欺が多発したのだ。

ところが平成19年3月15日、『信託終了の事由 本信託は、信託期間(平成弐四年参月壱四日までとする。但し、信託期間は、受益者と受託者との合意により、これを延長とすることができる。)』と信託条項の変更がおこなわれた。この変更によって市村企画院の虚構は崩壊した。同日、受益者変更も行われ、受益者は「株式会社京橋プロジェクト」から「京橋開発特定目的会社」に移転した。

こうして、当該3筆に纏わる京橋3丁目プロジェクトは、ブローカーの手の届かぬ案件になった。みずほグループが漆黒の闇の中で京橋3丁目プロジェクトの利益を壟断できるかに見えた。天は、不正を許さなかった。天網恢恢疎(てんもうかいかいそ)にして漏らさず。みずほ信託銀行に難題が舞い降りた。当該3筆が裁判沙汰になったのだ。(以下、次号に続く)

【文責・「企業犯罪」研究会】

« 【ミニ情報】小室哲哉容疑者も関与する某音楽製作会社をめぐって「未公開株詐欺」疑惑が急浮上 | トップページ | 【ミニ情報】小室容疑者が高利で金を借りていた相手はワシントングループの河野博晶氏 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/43018468

この記事へのトラックバック一覧です: 【特別寄稿】みずほ信託銀行のアキレス腱「京橋プロジェクト」、魑魅魍魎の百鬼夜行"漆黒の闇”を暴き出す(4):

« 【ミニ情報】小室哲哉容疑者も関与する某音楽製作会社をめぐって「未公開株詐欺」疑惑が急浮上 | トップページ | 【ミニ情報】小室容疑者が高利で金を借りていた相手はワシントングループの河野博晶氏 »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

無料ブログはココログ