« 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 | トップページ | 【ミニ情報】理事長が刑事告訴される〝異常事態〟の「常翔学園」、今度は反理事長派全員が排除 »

2008年8月19日 (火)

【ミニ情報】本誌指摘の川田龍平「後援会」内紛問題で週刊ポストなどが記事化

088本誌既報の川田龍平・参議院議員の「後援会」内紛問題。ついに今週発売の週刊ポストと週刊朝日(=左写真)が取り上げる事態にまで発展した。とくに週刊朝日(8月29日号)は「川田龍平の『新妻病』」とのタイトルで、3ページを割く力の入れようだ。

週朝記事の中では、夫人である堤未果氏の「パスポート発給」問題についても具体的に触れられている。これは今回、川田議員側に反旗を翻した形になっている元事務局長らが暴露していた。

本誌の取材によれば、川田議員が未果氏とともに米国へ「視察旅行」へ行こうとしたのは昨年12月28日。ところが、出発当日になって未果氏のパスポートが失効していることが空港で分かった。そのため、秘書が慌てて外務省に連絡したが、この時は年末ということもあり、発給を断られている。翌日、今度は川田議員本人が外務省に直接電話し、未果氏のパスポートを特別に発給させていたというのだ。

しかも、関係者によれば、「視察というのは名ばかりで、実質は未果さんとのプライベートな旅行だった。費用も川田持ちでしたからね。さすがに、これは議員特権の行使ではないか、ということで内部で問題になった。最初に外務省との交渉に当たらされた秘書も大いに悩んだようです」という。

週朝、ポスト両誌を読む限り、どうやら今回の騒動は、川田議員の母親・悦子氏も含めたもののようで、そう簡単には決着が付かないのではないか、との見方が早くも出ている。

« 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 | トップページ | 【ミニ情報】理事長が刑事告訴される〝異常事態〟の「常翔学園」、今度は反理事長派全員が排除 »

コメント

週刊朝日の記事は嫁姑の争いにしか読めなかったが・・・・・

旅券問題については、東京アウトローズさん(この記事)の方が詳しく書いていますね。

参議院議員ならば年末の12月29日でも、外務省にパスポートを発給させることができるのか。
ほんとにたいした議員特権だ。
川田龍平、参議院議員になって「自分はエラいんだ」と驕るようになったか、ばかもの!
しかも、自分の女のパスポートを発給させたなど、お前はただちに議員辞職しろ。
バカ女を女房にして、夫婦そろってサイテーの人間になったのか、恥を知れ!

「視察旅行」「費用は川田持ち」って書いてあったけれど、
まさか税金から出ている政務調査費のようなカネで女と一緒にアメリカ旅行へ行ったのだろうか。
もし国費で自分の女と外国へ行ったのなら、これはとんでもないことだ。
堤未果、ジャーナリストを自称するなら、正直に答えてみなさい。
「川田持ちの費用」とは、どのような性格のカネなのか。

8月8日の事務局開催の説明会では、12月28日から私費でのアメリカ旅行に行った、という説明がなされていました。

緊急発給のために外務省への連絡をした秘書は、ずいぶんツライ思いをしたでしょうね。今もツライのかもしれません。

なんかすっかりこのサイトにお世話になってます。
本家の川田氏のサイトは書き込み禁止状態が続いているので、皆さん、
こちらに書いているようですね。 まぁ、自分もですが。

http://homepage3.nifty.com/emitsutsumi/poem.html

↑これは奥さんの母親のサイト。

詩人と自称しているけど、おそまつくん(だれも笑わない?)

ジャーナリストというのもおそまつくん#2だね。

せめて食事の支度くらいやってやれよ。
病人と結婚したんだから、健康管理に専念しろよ。
嫁さんはサプリ常用者っていう顔つきじゃない?

川田選挙に関わった者です。
応援した手前、なぜこのようなことになってしまったのかどうしても知りたくなりました。

パスポート問題などについて関係者に聞きました。
このことは内部でも多いに問題になった模様です。中には「こういう問題は開示すべきだ。許されない」というスタッフもいましたが、議員は「視察だ」と言い張ったといいます。マスコミから問い合わせがあった場合には、議員を守るというスタッフと、黙っているわけにはいかないというスタッフの対立もあったそうです。そこで「報告書が出されるなら」と妥協がはかられたそうですが、報告書が未だに作成されないことに加え、もはやサポートできないところまで議員のコミュニケーションがとれなくなってしまったため事を明らかにしたようです。

対応に当たらされた秘書は・・・事情もあったようですが・・・議員の一存でスタッフに知らせずに退職処理がなされました。そうした議員の対応を当然事務局長は批判します。事務局長が議員を叱責した場にたまたま堤氏もいたそうです。
翌日になったら突然「事務局長解任」が議員から通告されます。
なんて情けない。

報じられている六ヶ所村再処理工場視察のキャンセルは、本人は視察に入るつもりだったようです。しかし、携帯にある人から電話が入り、その直後にもう目の前なのにキャンセルとなったそうです。「週刊朝日」の取材には”体調不良”と答えていますね。
議員が再処理をやめさせたいという思いを持っていたことは過去の経緯からして疑いようがありません。マニフェストは選挙の時だけのリップサービスではなかったと思います。
しかし、何かが変わってしまったのです。

個々の事象を総合すると原因の想像はつきますが、それはまるでゴシップ。
よってスタッフの方々も公にはそれらしき原因を説明できずに、起きたことだけ伝えることしかできずにいます。

龍平応援団のページには著名人の名前と写真がたくさんありますね。
堤氏のmixiにも市民運動関係の有名人との写真がたくさんありますが、そうした方々はこの事態をどう見ているのでしょう?

市民運動の方々はアメリカの戦争について言ってたじゃないですか。「友人が間違ったら正すのが本当の友人」と。

議員の変節にスタッフはショックと疲労困憊のようで、事の詳細をもっと聞きたいのものの、さすがに詰問はできませんでした。早く終結させ縁を切りたいというのが本音のようです。

あの選挙は本当にたいへんでした。
皆さんとはすみませんが応援する理由が違い、川田さんを応援したいというよりも東京で一議席獲得できる可能性、安倍首相肝いりの与党候補を落として当選する可能性(実際にはベテラン現職が落選)、それが安倍政権への打撃となりうると考えたからです。
当選に向け、そして当選後も議員活動を支えるべく心血を注いだ大事な議席です。
選挙区と政党の事情に加え、同じ年に統一地方選があったことや、無所属を選択したことで幅広い支持を得られたこと、しかし基盤はみどりの政治の人たちがしっかり担ったこと、そして候補の個性が最大に発揮されてやっと得た議席です。
そのことが議員にはまったくわかっていないのが残念であり、悲しく思います。
今後、力を合わせて国会議員を誕生させようという気運は当面なくなることでしょうね。傷が癒えるには長い時間がかかります。でも、機会はまたやってきますし、つくらねばならないでしょう。

薬害肝炎問題の時のように、議員には目を見張るような頑張りを見せることがあります。しかし、一社会人としては失礼ながら未熟すぎるのでしょう。ウチとソトの使い分けもやめていただきたい。それでも議員としての仕事をまっとうしてくれるのであればと期待を寄せていました。
議員には誠意ある対応と説明を希望します。

内部の方は書き込まない、書き込めないのでしょう。私の書き込み情報も信憑性はありません。
スタッフの方々は文書を出さざるを得なかったとは思いますし、苦労は察しますが、文書では双方の応酬になってしまうので内輪もめの域を出られません。
そこで議員と元スタッフがともに同席する説明の場を設けていただきたいと切望します。支援者は全国です。よって、その内容をYoutubeにアップしていただきたい。


龍平さん、私はあなたがこうした書き込みを事細かく確認しているのを知っています。だから最後にメッセージを寄せます。

あなたには他人には決して真似のできないよいところがあります。それを生かして議員の仕事をしていただきたい。
しかし、あなたは他人を愚弄しすぎます。いつまでも自分は特別扱いされると信じ込むのはおやめなさい。その態度は公人となった今ではきついしっぺ返しとなりますよ。

家庭を大切にするのはけっこうなことです。しかしあなたは公人です。再処理工場に入らない、議会をサボって付きそいなどするならば議員辞職なさい。
あなた方夫婦にとってはあなたが議員という名誉を得ていることに意義があるのかも知れませんが、そうであればとんでもない勘違いです。名誉ではなく大きな責任なのですよ。そして話がここまで大きくなってしまった今となっては誠実さや人権を掲げて当選した議員としての価値はもはや失墜しています。あなたはスタッフを切り捨てても代わりがいるとお考えなのかも知れませんが、あれほどまでに親身になって支え続ける人など、もう二度と現れませんよ。

しかしあなたにはどうやら危機感がないようです。与党議員ならやり直しがきくでしょうが、あなたは誠実さを失っては議員活動を続けることができないのですよ。

あなたのよい所を生かすためには仲間が必要でした。その人たちを大切にして欲しかった。あなたとの別れの挨拶で、また度々私が申し上げてきたことです。覚えていますね。
これまで誠実に尽くしてきたスタッフをこれ以上おとしめるようなことがあれば、その場しのぎの嘘をつき続けるようであればそれなりの対応をします。

自分も昔、ちょっとだけ応援していた者です。
個人的な付き合いの中で、(おそらく今回の事務局の方たちが受けたものと)同じような態度をとられましたので、なんとなく想像はつきます。

自分も、最後には(一方的かもしれませんが)愛情をもって、支援者Aさんと同じようなことを、身を引きちぎるような思いで伝えて、決裂しました。結局、変わってはいらっしゃらなかったのですね・・・。残念です。

>支援者A さん


安倍政権をって、、、最高だったじゃないですか。

安倍さんは、日本と日本人のことを考えていた「まともな」政治家なんですけど?

拉致問題でも、国内外の反日外国人退治も、一生懸命やってたのは安倍さんだ!
われわれ本物の日本人は、安倍さんを評価してた。


民主や社民のように、日本を貶め、
中韓に利益になるような事ばっかりする反日政党、反日政治家とは違うんだよ


安倍さんに打撃を与えて喜ぶような人間は、反日不良外国人。あと無知なサヨクも。

AAAさんはKKKの間違いじゃないかと思えるんですが・・。
黒覆面をかぶる奴ですね。スルーします。

支援者Aさん、書き込みありがとうございます。一般人の自分にも
Aさんのご意見、理解できます。
いまだにご本人が何も対応されていない事は危機意識の欠如と
言われても仕方ないですね。

昨日21日、議員会館へ連絡した事があります。
2CHで応援する会の一部メンバーの実名と職場や所属団体名が
晒されてしまっているのを発見したからです。
実在する方なのか、私にはわからなかったので、まず確認をしました。
次に、川田議員に、この方々のために(こういう時こそ)ご自分の力を
使って、削除依頼を出して下さいと提案しました。(電話相手はスタッフの方です。)

堤さんのために、これだけひんしゅくをかっている現状で、彼がどこまで
他人のために働けるか、いわば宿題を差し上げました。

ところで、一方、これは別の問題を含んでいる事象です。
応援する会の名簿が漏れたという事は、知りえる立場の人間が漏らしたわけですね?
まさか議員本人が書き込んだとは思いたくないのですが、これは報復行動でしょうか。
そうでは無いことを祈っています。

早く総会を開いてください。関係者の方は必ず出席して説明をお願いします。

川田龍平よ、お前はバカだ。
この支援者Aさんのように言葉を尽くして忠告してくれる親切な人は、世の中にそうそういないのがわからないのか。
むしろ、お前はこうした人たちの善意を喰って生きてきたのだろう。
堤未果さん、あんたはジャーナリストなんだろう。
これだけ大ごとになっているのに、なぜ表に出て説明しないのでしょうか。
あんたは、本当にあの本を自分で書いたのか。
ゴーストライターを使ったのではないでしょうね。
龍平みたいなアホをうまくたらしこんだとほくそ笑んでいるのだろうが、
真実はかならず明らかにされるぞ。

川田さんに対する誹謗中傷ばっかだな。ここの書き込み。
何一つ証拠も示さずよくもまあ作り話ばっかり書けるな。

>何一つ証拠も示さず

ん?
証拠晒しちゃってもいいって事?

リアル支援者さんと同意見。ここの書き込みはどう読んでも2CHレベルの一方的な川田批判にしか見えない。
何があったか知らんが、週刊朝日や、出回っていた執行部が書いた文書の内容と、あの川田本人の回答を比べてみると、こういう後援会とは早く
縁を切った方がいいのではないかというのが俺と俺の周りの人間の結論だ。
言うこと聞かないと本人抜きでの説明会やメディアまで使って糾弾する後援会って、、ほんとに後援会か?行動を見てると川田議員をつぶしたくてたまらんとしか見えないが。


元衆議院議員だった母親が息子の奥さんには仕事辞めろって、、うーん、ちょっとなあ、、。笑
法案についての賛否やチベット問題などでもかなり反対されたとか。
川田さん親子が、息子さんがお母様の衆議院議員時代秘書をやっておられた頃から価値観の違いでぶつかっているという噂は聞いていましたが、親子といえども息子さんはもういい大人なんですし、仕事内容やプライベートな事まで余り口を出すのはどうかと思いますよ。
うちならそんなことしたら確実に息子達に絶縁されます、ハイ。

私も説明会に出るまでは、このサイトの善意の方々の書き込み同様、「いったい何をやってんの?」で、終わっていたと思います。
たまたま、その日は時間があり、自分の耳で聞く事が大切だという思いから出席しましたし、ご本人も当然、国会休会中ですから出席すると思っていました。

ご本人不在の欠席裁判のような感じになってしまう事を避ける配慮の行きとどいた説明を聞き、その上で自分で感じた疑問を一般支持者が出す質問によって、事務局が言いにくい問題点が、みんなの前にあぶりだされた感じでした。欠席を選んだのはご本人であった事もここを読むみなさんに知っておいていただきたいことです。

その席上では「困惑」「あきらめ」「疑念(政治的な面で)」などとともに、「育てる」という認識も色濃く漂っていた事を、出席者の一員としてお伝えしたいと思います。
そして以下の点はきちんと議員会館に電話をして伝えました。
「総会をきちんと開きご本人をはじめとする関係者の出席のもと、説明をすれば、修復できる余地はあると思う。」
この電話内容はご本人にも伝わっているはずです。
支持者の色合いとしては、未熟な議員を育てたいという思いがある事、こういう思いまでもが伝わらないとすれば残念です。

私見ですが、25日現在もってしても総会の案内がないという事は、ご本人としては、もう、このまま、振り切って進むという判断をされたのかも知れないと観測しています。その方が奥さんもご自分も傷つかないからです。そして、多くの善意の支持者、かつ、説明会に出ていない方の支持は、いまだに失う事はないだろうと計算しているかもしれません。この点はスタッフの方の観測が影響しているかもしれません。

強く申し上げたいのは、私自身は一般人で、何の市民活動もしていませんし、都内居住者で、三多摩地区の活動とは縁がない者です。ついでに言えば「左翼」も「右翼」も、群れなきゃ何もできない人だと思っています。

言いたい事は、なぜ、総会を開いて説明をしないのか、その一点につきます。
説明責任を果たさないで議員を続けることは現代では許されない状況だと認識してほしい。
奥さんに「捉われ過ぎ」ては国民が見えなくなってしまうことも認識してください。
なんか、最後はご本人へのメッセージになっていますが・・・・。


議員本人へのメッセージ、書いてもよいと思います。おそらく御本人は読んでいらっしゃるでしょうから。

川田氏のサイトのコメント記入欄、再び閉鎖されました。どうぞ書いてください、という姿勢になったのかな、と思ったら違いましたね。

投稿 元 | 2008年8月24日 (日) 02:17へ

晒せるもんなら曝して見ろや、ほれ。
できないだろうが。

リアル支援者さん。
「何一つ証拠も示さずよくもまあ作り話ばっかり書けるな。」とのことですが、
いろいろある書き込みの中で、どの部分が作り話なのかを証拠を示して教えてください。

みちひろさん。
それは悪魔の証明というものです。
ここに書き込まれた川田批判や説明会とやらの話は何の証拠も責任もなく匿名名無しの人間によって書き込まれたものです。
いったいどんな証拠、情報ソース、文責を提示して書き込んでいるのでしょうか?

人を批判する以上、それらをはっきりさせて書き込まなければ、所詮2chと同等かそれ以下のレベルの便所の落書きレベルに
にすぎません。そのような状況下で書き込まれた内容を「何一つ証拠も示さない作り話」と私が判断するのは当然であり、
私に立証責任はありません。川田批判やら説明会やらを書き込んだ人間が自説の正しさを証明することが先でしょう。

そんなことも分からない馬鹿ですか、おまえはw

国鉄分割民営化・国労や全動労(建交労)に加盟・所属をしている組合員をJRに採用せず解雇した問題などで
川田議員を応援しておりますが、内紛(報道)が事実なら残念です。
議員に就任して1年と1が月になるのではと思います。これからの飛躍を期待していたのですが?

本来よそ様の所にはあまり書き込まないのですが
作り話にしては出来すぎてるなと思い足跡を残します。

消されたコメントは興味深く読ませていただきました。
内容がと言うよりこの程度で消すのかと言う意味で。
「週刊ポスト」及び「週刊朝日」に関しても全文読みましたが
出回ったという事自体のダメージはともかくとして
内容自体は正直この程度。

書き込みされている人が本当に支援者の方々であるとすれば
川田議員の説明不足がかなりの要因と言えますね。
この程度の問題を抑えられないのは余程言語能力が足りないのか
それ以上に支援者に隠していることがあると捉えるのが一般的かと。

>支援者Aさん
> 龍平さん、私はあなたがこうした書き込みを事細かく確認しているのを知っています。

これ、リアルに信じても良いんですかね。
見ようが見まいがは構わないのですが見てる状況想像すると面白れーなーって。

しかし随所に使われている体調不良でまかり通せるのは本当に便利な武器ですね。

川田龍平さま
参院選で川田龍平氏に一票を投じた者です。
週刊朝日などマスコミなどでも報じられている問題について、
ぜひ当事者の川田氏から詳しい説明を聞きたいと願っています。
薬害肝炎問題で厚労省やミドリ十字など製薬会社がきちんと事実を説明してこなかったことが、
血友病患者やそのご家族の苦しみを何倍にも倍加させたのではないでしょうか。
いろいろな情報が錯綜し、誤解や問題がどんどん膨れあがっているように思います。
ぜひ公の場に出てきて、川田さんの考えなどを明らかにしていただけませんでしょうか。
よろしくお願い申しあげます。

いやぁ、この様子ではもう、だめだね。

今更ながら、小林さんの指摘が正しかったかもね。

誤解じゃなくて、本質を突いているからこそ、いろいろな
書き込みに対して何も言えないんだろう。

誤解だったら、必死で説明するからね、人って。


rainthundertyphoonrain

  今日も総会案内こないけど・・・・。
 
  もう、このまま放置されるのなら会費3000円の振込用紙は
  ポイ捨てになるよ。。。。。。

  秘書の方、どうなっているんでしょう?
  書き込み場所をお借りしている事情は、議員のサイトが
  コメントを受け付けない=コメント0とあるが実態は書けない
  状況だからなのです。

  それと、うちらは、馬鹿みたいにCIAに頼まれている者でも
  ないし、リアル支持者です。
  それだけに一般人を蚊帳の外において、イデオロギーに
  固まった人と、無責任夫婦にいたぶられたのか?と、
  これだから政治家は信用できないという結論に飛びつきたく
  ないから、発言しているのです。

  

川田龍平さんからこれまで、この件についてまったく説明がありません。
なにかご存じの方は、ぜひ教えてください。
内容はともかく、福田首相だって辞任記者会見で一応の説明を行ったのですよ。
まったく音沙汰がないというのは、どういうことでしょうか。
後援会の関係者の方、川田龍平氏の周辺にいた方、
ぜひ、その後の動きを教えてください。

diamond一票さんへdiamond

自分が知っていること、少しですが書きますね。でも、お断りしておかなければいけないのは、伝聞情報に関しての裏は、まだ取れていないことです。読まれた方のなかから、ご自分なりの方法で確認していただければ確実情報になるかと思いますので、その点、よろしくお願いします。

総会通知を待っていたところ先週、チーム龍平ニュースが送られてきました。原稿→印刷まで、ずいぶんと時間がかかっているようで、文面からは現状の厳しい状況は全くうかがい知れません。第一秘書が辞任したと漏れ聞いていますが、このニュースでは「第一秘書からのごあいさつ」となっています。 (まさか、このニュースは私のところにだけ送られたわけじゃぁないよね?)

残る秘書は2名。その手が足りない中で、四谷の事務所から某所へ引越し騒ぎ。この点は電話番号が変わっているので確認取れています。
注)電話番号が変わっていることから推測するに、都内移転であれば電話番号をそのまま持って動けるところ、わざわざ公的な番号を変えいます。番号変更のアナウンスが流れるから、移転は事実でしょう。

支援していた市民活動の方々には不十分な内容ながら、とりあえずの何らかの返事はあった模様。

議員本人の行動として特筆すべき点があります。
なんと弁護士を雇ったそうです。
弁護士は通常、依頼人の代理でもあるので、今後は弁護士から事態収拾のアドバイスを受けるのか?もしくは私もその一員ですが、「どうなっているの?」と、やきもきして書き込んでいる内容が誹謗中傷にあたると、身辺保護に動いてもらっているのでしょうか? 
議員であれば決断するのは自分自身なのですから、さっさと事態に自分で対処しなくては、資質が無いの?と、思われてしまいますよ。まったく、何で弁護士なのか、センスをうたがってしまいます。なんともアメリカ的発想と思うのは私だけではありません。

本人が発言しないので支援者・関係者みな、困っている状況だということを認識してほしいですね。でも、私見ですが、寝た子を起こす必要も無いという判断をしたのかもしれませんよ。所詮、何があったか知りたいと、阿佐ヶ谷の説明会に出て、びっくりしてネットで騒いでいる私のような人は少数派だと判断されたのでしょう。あの説明会の出席者の中には未果さん派と思われる女性3名ほど、居ましたから。

くれぐれも鵜呑みにしないでご自分でも直接電話をかけて聞いてくださいね。

リアル支援者さん、お久しぶりです。
>いったいどんな証拠、情報ソース、文責を提示して書き込んでいるのでしょうか?
説明会や事務局から送られてきた手紙を証拠・情報ソースとしていますね。

みちひろさんへ。

「投稿: | 2008年9月 7日 (日) 12:52」のどこが「証拠・情報ソース」なのか。
手紙をスキャンして写真画像を出せ、とまでいわないが、せめて文面の引用ぐらいは出さないと。
「投稿: | 2008年9月 7日 (日) 12:52」では「チーム龍平ニュース」が送られてきたということぐらいしかわからない。
あとは、文面内容も示さず(すなわち証拠・情報ソースも示さず)第一秘書がどーの、電話番号がどーの、
弁護士がどーのと、川田議員への誹謗中傷目的の私見を述べているにすぎない。

便所の落書きといわれる2chでももう少し周りから信用されるような書き方、情報提示をするぜ。

すいません、「みちひろさん」と「リアル支援者さん」に割って入るのもなんですが、
誹謗中傷と言ってもらっていますが、ニュースソースは明かせないのは当然ながら、私自身の情報収集の
中で、直接的に伺った話なので名前はだせないということなのですよ。

もしかすると「リアル支援者さん」は「みちひろさん」と私とが同じ人物と考えているのでは?
私の思いすごしでなければスルーしてくださいね。

誹謗中傷ととるか、実情と受け取るかは、何しろ説明を聞くまでは判断できないという事を再度お伝えしながら、
でも、私自身のの情報収集ではこのような事を拾いましたという、報告なのですよ。
信用するしないはご自分で議員に接触できる方はなさってくださいと、改めてお勧めします。
何しろ電話一本かければ良いのですからね。チーム龍平を読んで、あれ?って感じたから動いたまでの事で、
信用するしないは皆さんの判断です。判断を自分でするための材料を待っていても議員側からは何もないまま
いたずらに時間がたっていますね。何とか説明を聞きたいものです。

「リアル支援者さん」、「みちひろさん」、私は自分で考えて行動する人間なので、もしかすると「うざったい」と
感じていらっしゃるのかもしれませんね。煩い市民の一人として、発言は続けます。

書き忘れですが、チーム龍平というのは支援者に送られるニュースの事ですので、支援者でしたら受けてっていますよ。

書き忘れですが、チーム龍平というのは支援者に送られるニュースの事ですので、支援者でしたら受けてっていますよ。

「投稿: | 2008年9月 8日 (月) 10:06」さん。
「投稿: | 2008年9月 8日 (月) 10:07」さん。

ここは別に川田龍平関係者専用コメント欄じゃありませんので、私みたいな川田議員やその関係者、
関係団体とまるっきり無縁な人間も読みますし、意見も発信します。ですから電話で確認とやらもできませんし、
存在するかしないかも不確かな「チーム龍平ニュース」とやら鵺のようなものいきなり出されて振りかざされても、
それの具体的な内容(できれば紙面の画像アップ、それができないのならせめて当該部分の本文引用など)も
示さず、やれ第一秘書がどーの、電話番号がどーの、弁護士がどーのと、手前味噌に具体的な話をされても
それを信じろと言うほうが無理です。

もう一度いいますが、ここは川田龍平関係者専用コメント欄ではありません。何を勘違いしているのですかね。


はいはい、失礼しました。

リアル支援者さんは本当に支援者ですか?
チーム龍平も知らないなんて。。。

チーム龍平とかを知らなければ川田議員の支援者になってはいけないんですかね。

リアル支援者さん

知らなきゃ支援しちゃいけないって事はないけど
あなたのこれまでの書き込みは川田議員及びその周辺の状況を掌握した上で
一連の騒動に対し全てが"作り話"とお話されているのだと
ここに書かれている人たちが思われていたのではないでしょうか?

皆さんの意見が知りたいのはどちらにしても真相なのではないのでしょうかね。

これじゃーなんだ結局何も知らないのかよと思われてもしょうがないのではないのでしょうか。

リアル支援者さん

ここで話題になっている「川田龍平を応援する会」にご入会されてはいかが?
  ・ 「チーム龍平ニュース」 4回/年 発行。郵送いたします。
  ・ FAXニュース 1回/月 (メールに切り替え中)
  ・ ボランティア メーリングリストに参加できます。
とのことです。
http://ryuheikawada.jp/support/index.shtml

ただし、このウェブページを見る限り、
ほぼ全員が川田議員と対立している事務局人事も、事務所住所もそのままになっています。
事務局長を兼ねた第一秘書まで辞任の意向だとすると、
ウェブページを更新する「応援する会」専従スタッフも、
もういないのではないでしょうか。

ブログ形式のウェブページじたいが、
7月の市民サミット報告を最後に、内容の薄いものになりました。
http://ryuheikawada.seesaa.net/
川田議員が参加した団体のパンフの文章引用が続き、
最新の文章は、川田議員本人の声明文です。
もともとは「龍平日記」が川田議員本人のブログ、
「参議院議員川田龍平」ウェブページは国会事務所&後援会、
という役割分担だと思われるのですが、
「龍平日記」は結婚を機会に更新中断、
議員ウェブページは議員本人が文章作成、ということになったのでしょうか。
事務局スタッフがまったく機能していないことがうかがい知れます。

川田議員は9月中に後援会の総会を開催したいと『週刊朝日』で答えていましたが、
結局、「新体制」もできず総会も開催できず、
今回、会員に送られてきたのが最後の「チーム龍平ニュース」になるかもしれません。

ドラえもんの「独裁スイッチ」を思い出してしまいます。

「ここは川田龍平関係者専用コメント欄ではありません」
 とのことでですが、そんなことは言われなくてもわかっています。
私は川田龍平さんに一票を投じた者として、
この間の事態についてきちんと判断するために情報が欲しいのです。
しかし、川田議員からはその後もまったく自分の考えを公表されていません。
いわば、この間のことについて参議院議員としての説明責任が果たされていないのです。
本来は、川田龍平さんのホームページで情報や
さまざまな意見が交換されてしかるべきだと思います。
しかし、それがなされていないからここに投稿し、
川田議員やこの間の事態の推移についての情報をおうかがいしているのです。
一体全体、9月になってから、どのようになっているのか。
ご存じの方は、ぜひ、もっと詳しいことをおしえてください。

川田をずっと支援してきたものです。僕はリアル支援者さんやみちひろさ(週刊朝日やポストの記事はうちのおやじが読んで、「息子が結婚してイライラしているおかんの記事やな、と笑っていました)
みちひろさんたちが言うように、一部の人がここで流している川田さんの中傷は悪意に満ちていて引きます。
必死に秘書がどうとか奥さんがどうとか細かい事をネットに書きこんでいますが、支援者として川田を心配してるとはとても思えず、信憑性がありません。
でも僕も会費を払っているし学生時代からの友達として言うべきことは言おうと思い、この件については本人に直接聞きました。
視察が嘘だと書き込まれているよと聞きましたが、年末の視察報告書はちゃんと作成されていて見せてくれましたし、視察の内容もあちらで意見交換した人々は環境系や基地関係者など結構な面々でした。
保坂展人議員など日本の国会議員とコネのある現地のアメリカ人が窓口になってずっと同行していたようです。
嘘だと思う人は本人にいえばみせてくれるので確かめるといいですよ。
質問書を出した事務局への回答もすでにされていまし、弁護士を雇った理由も全然別の理由でしたね。
HPの更新も、されない理由がわかりました。
まあネットや週刊誌の情報は2CHと変わらないから自分は鵜呑みにしないが、俺のように直接聞けない支援者たちはみんな本人の口からの言葉を待っているから早くしろよとそこは友人として厳しく伝えておきました。
総会の準備も新体制もちゃんと進んでいるようで、安心しました。

一票さん、本当の事はネットには書いてありません。ここで聞いても裏はとれません。本人に聞くのが一番です。総会は近々開かれるそうですからその時直接聞くことをお勧めします。

中傷ととらえられたのは心外です。
でも、けんたろうさんへ答えたのならば、なぜ、多くの支援者へ
きちんと対応しないのか、その理由がやはり見えてきません。

けんたろうさんが聞かれたのとは時間差が大きいわけで、
少なくとも私は、ガセネタは流してきていません。
まぁ、本人がどのような説明をするか。。。
とはいえ、正直なところ見えてきてしまったものがある以上、
支援は難しいと感じています。対応が遅すぎるという事は
まずいことですから。

rainけんたろうさん、2chにも貼り付けてますか?

アメリカ視察がうそだとはだれも問題になぞしてません。
論点を微妙にずらした書き込みはずるいですね。
真剣に支援してきたからこそ腹を立てているという状況で、
けんたろうさんの認識は恐らくは現場を御存じない(ご本人同様)
から、無理もないかもしれませんが、支援者を切り捨てるという
行動が生んだ感情をここへ書かせていただいたという事を理解ください。


「東京アウトローズ様」

よその問題なのに場所をお借りして、ご迷惑をおかけしました。
ここまで貸してくださって、心からお礼申し上げます。
私は本日をもって書き込みを中止します。
理由は「けんたろうさん」のような恐らくは内部の方が語って書いて
いる、その微妙に論点をすり替える方式が、まさに今の奥さんの方式に
近いと感じたからです。つまりは「こりゃ、本当にもう、だめだ」と感じました。
正攻法での対応ができない人間に政治を任せる事はしたくないと、つくづく
感じています。
川田議員は他の手あかのついた政治家とは違うだろう、というのは勝手な
自分の幻想でした。ひとたび裏切られたと感じると支援者だからこそ、その
ショックは大きいのです。
この場をお借りできたことで、いくらかでも自分が収集した情報を流せて
良かった、お礼申し上げます。私自身は政治家になりたい人間はやはり
信用できない人種なんだと諦めました。献金額計1万円なりで勉強しました。

リアル支援者さんへ

8月12日の記事(このサイト=東京アウトローズさん)に事務局からの手紙の画像(一部)があります。
http://outlaws.air-nifty.com/news/2008/08/post_b4f5.html

ちなみに、
>(できれば紙面の画像アップ、それができないのならせめて当該部分の本文引用など)
という部分は同感です。

ただ、電話番号ウンヌンは川田氏のウェブサイトを見れば載っていることなので、(直接事情を聞きたい人は)それくらいは自分で調べてください、とは思います。

蛇足ですが、
今日(2008/9/24)の朝日新聞朝刊(およびasahi.com)に<妻の旅券「公務」と申請>という題名で記事が出ました。

たしかにきちんと取材されていますね。

http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000000809240003

けんたろう様
川田龍平議員と会われ、お話しをされたのですね。
ぜひ、けんたろうさんにお願いがあります。
年末の視察報告書や事務局の質問書への回答、弁護士を雇った理由、
HPの更新がされない理由などについて、
ご自身のホームページで公表するように川田龍平議員へお話ししてもらえないでしょうか。
なぜなら公表したほうが誤解も解けるし、
私のような一票を投じただけの者にも判断の材料となるからです。
総会の準備や新体制についても逐次、
ホームページで公表されれば事実がよくわかり安心できます。
ネットにはウソの記載などが含まれていることは重々承知しています。
しかし、川田龍平議員のホームページに公表されたものであるならば、
川田議員の真実の声が書かれるのではないでしょうか。
けんたろうさん、ぜひ川田議員を説得し、
ホームページに公表するように説得していただければ幸いです。
よろしくお願い申しあげます。
    

この記事
http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000000809240003

>川田氏は「公務遂行のため通訳として(妻が)必要だ」と告げ
>川田氏は「事務所がやった」と自らの関与を否定している。

朝日と川田、どっちがウソついてんだ?!
はっきりして欲しい。

年末の「公務」って、こういう事を指しているみたいです。
妻(当時は婚約者だよ)の取材旅行に、国会議員が同行の図、
とは、議員本人は思ってないようですが。

堤未果嬢mixiより:
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=677495441&owner_id=9499037

>HAPPY NEW YEAR!! 2008年01月07日19:10
>みなさまあけましておめでとうございます。
>年末年始はアメリカに取材に行っておりました。

>UCバークレイで開発のために自然破壊しようとする大企業相手に樹齢400年の木の上で座り込みをはじめ、
>そのまま決着がつかず一年も木の上にすんでいる若者たちや、基地の廃棄物を捨てた埋め立て地で声を上げる
>貧困層の市民、湾岸戦争の処理班にいた米軍関係者などなど、、、ここにすべて書ききれませんが今年連載や
>単行本でわかりやすく発表していきますね♪

川田のHPの内容にある視察日程:
http://ryuheikawada.jp/

>同時通訳である堤氏の連携により、環境問題に力を入れている大学施設、汚染された米軍海軍基地跡地の視察、
>元GE原子力関連工場検査官訪問など、環境委員会所属議員である自分にとって非常に意義のある視察日程が
>実現しました。

奥さんの母親、豪華客船のあすかで朗読やってたんだって。
船上の詩人。悪酔いしそう。

奥さんの母親の息子は、母親の詩集の挿し絵を描いてる。
画才は、母親譲りだね、きっと。

9月25日にホームページで朝日に対しての抗議文を掲載している人が、
なぜ、事務局へ報告書をぐずぐず提出しないでいたか。

また、問題点を微妙にずらしている。結婚前である事が問題なのではなく、
議員特権を行使して、通訳として同行する人間の期限切れパスポートを
発券させたことが、「まずいんじゃない?」と指摘しているのにね、理解し
ていない。

本当のところ、通訳でもなんでも、仕事として受けたのなら、管理能力が
無い事は、この際、本人の能力の問題だから、かわいそうなので追及は
誰もしていない。
期限切れパスポートの本人が、仕事を依頼された国会議員のアメリカでの
職務遂行のために、自分のネットワークを使って代理を立てるくらいの責任
感を見せるのがプロじゃないのかな?

川田さん、ここでの指摘を真摯に受けて一回り大人になろうよ。
「みな、我よりも上」と思えるような、低い心をもって下さい。
高慢は人を退歩させます。言い抜ける事ではおさまらないくらい、支援者は
期待していたのだという事に気がつくべきですよ。

成長してほしい。

川田さんを支援していた者です。
今回川田さんのHPを読みとても悲しく思いました。
HPに掲載された内容文は問題部分に目を背けて、そしてそんな
自分自身を正当化して逃げてしまっている姿が受け取れました。
もっときちんと目を開いて今の状況と、本当に心から心配なさっている人達が誰なのかということに気がついて下さい。
川田さんのことを本気で支援してきた方々への感謝の気持ちを忘れないでください。
言い訳を正当化するのではなく、事実を正当に受け止め正当に進んでいくこ強い心持をわすれないでください。
偉そうなことを申しあげてしまい、誠にすみませんでした。
御自分の信念をつらぬいて進んでいけること願っております。


ムキになって川田議員をかばう人たちの書き込みがすっかり無くなった。
やっぱり印象操作のための書き込みだったのだろうか。
作り話っぽい文章ばっかりだったし。

>ムキになって川田議員をかばう人たちの書き込みがすっかり無くなった。

笑止。川田議員叩きに粘着しているお前らが何を言うw

自分には報告書を見せてくれた、とか、電話したら本人が説明してくれた、とか言われても説得力ないね。
印象操作ご苦労様でした。

いくら操作しても、実際の後援会の私のところに案内が
今もって送られていないという事実をもってしても、
事実はどうなのかがわかります。

結局は政治に携わる人種に期待をした自分が世間知らず
ということだったと、自分の気持ちを収めている次第です。

それにしても毎日新聞での奥さんの堤さんの活躍はすごいですね。
実態を知らないというか、記者自体の見る目のレベルも同程度と
いうことですかね。

毎日の記者のレベルというよりも、実態をほとんどの人は今後も知らないままだろうとネットユーザーを舐めているからではないでしょうか。だから時の人としての商品価値を使っているだけのことではないかと。

元後援会の方々の集まりになぜ川田氏は出席しないのか?逃げまくるのか?

一度、後援会の場ではありませんでしたが、半公開の場に川田氏が出席しました。
その時に同席していた人たちは口々に「結局、カネだったのね」と言っていました。本人は「カネ」とは言わなかったけれど、そうとしか理解できないその場しのぎの発言を繰り返す。

「霊が憑いている!」と言って、住居を変更し、新居を夫に買わせた某女史。
当選したら、さらに生活費は夫が負担し、家事も(相手は障がい者なのに・・)身の回りの世話もしないという約束で婚約した女性。大臣就任も条件にあったという話もちらほら。大臣ははなから無理でしょうに。

それなら、カネに困ってしまうのは当たり前だし理由を公にできないのもわかります。

はい、これは暴露です。

結局、川田が過去の運動で学んだのは、嘘で塗り固める、強弁を繰り返すという相手方の態度そのものだったということか。


     up
なるほど、ネットユーザーをなめているんですね。
だからネットの書き込みを軽視しているわけですね。

確かに指摘されることは、気持ち良いものではないでしょう。
でも、ネットだからこそ支援者(含む諸々の立場の方々)が
こうして意見を交換できているわけで・・・(ヤドカリですが)。

体が不自由でネットでしか意見を表明できない
遠隔地からの声もネットならリアルタイムで参加可能
お金に不自由で自前の発言場所が無くても書き込める
                           等々、
使い方さえ心得れば、有効な手段でしょう。

お尻が重い川田さんでも、ネットならば、すぐに
返答ができるはずだが。

政策秘書がついに退職。板挟みでつらかったと思われる。
次にやる人はいるのだろうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/42211586

この記事へのトラックバック一覧です: 【ミニ情報】本誌指摘の川田龍平「後援会」内紛問題で週刊ポストなどが記事化:

» 川田龍平さんジャーナリストの堤未果さんと結婚 [あの人はこんな方]
川田龍平さんジャーナリストの堤未果さんと結婚薬害HIV訴訟の元原告で参議院議員の川田龍平さん(32)が3日、ジャーナリストの堤未果(みか)さんと結婚したと発表した。川田さんは「彼女は最大の理解者であり大きな支え。未熟な2人ですが、一生懸命頑張りたい」とのコメントを発表した。本当におめでとう御座います。堤未果さんの画像<川田龍平さん>ジャーナリストの堤未果さんと結婚http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=...... [続きを読む]

« 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 | トップページ | 【ミニ情報】理事長が刑事告訴される〝異常事態〟の「常翔学園」、今度は反理事長派全員が排除 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。創刊時の「ゲリラ精神」を完全に忘れ、警察権力と癒着し利敵行為に走ったアクセスジャーナル山岡俊介弾劾!
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

無料ブログはココログ