« 【インタビュー】〝数奇な人生を歩む〟アントニオ・フェレイラ氏「いまの日本なら絶対に来日していないね」 | トップページ | 【ミニ情報】黒岩勇「ワールドオーシャンファーム」事件の逮捕者は18人に達する見込み »

2008年7月 1日 (火)

【注目記事】ベルダ7月号「野村インサイダー摘発の隠れた狙い」

024023員制情報誌「ベルダ」7月号に面白い記事が載っていた。4月に摘発された野村証券の〝インサイダー取引〟を裏側からレポート(=写真)したもので、証券取引等監視委員会から内偵されている事実を事前につかんだ野村側は、側面から捜査に協力していたというのだ。

同記事によれば、摘発の端緒は昨年夏、大手ネット証券がSESCに、M&A情報の公表前後に当該銘柄の取引が急増する不審な口座があることを通報。SESCは、そのネット取引がどのプロバイダーを通じて行われていたのか、データベースに残されていたIPアドレスを丹念に追跡した結果、野村の企業情報部に所属していた中国人社員らに辿りついたという。

SESCは4月22日、この中国人社員らを任意で事情聴取し、身柄を拘束しているが、その際に、捜査権の及ばない香港に在住する同社員を来日するように仕向けたのが当の野村だったとされる。では何故、野村側はこのような捜査協力をしたのか。同記事は〝ある野党議員〟の驚くべき情報を引く。実は、今回の摘発は、足利銀行の野村証券グループへの不透明な売却の経緯から世間の目をそらすための隠れ蓑だったというのだ。詳細はベルダ記事をご覧いただきたい。

さらにベルダ同号には〝気になる情報〟があった。それは連載記事の『情報源』(=写真)で、最近の金融界の不可解な動きとして以下の4つをあげている。
(1)民族系の近畿産業信用組合が、瀕死の新銀行東京の救済に名乗りをあげた。しかし、同信組は、タクシー会社「エムケイ」のオーナーで、在日朝鮮人社会のカリスマとされる青木定雄氏が代表会長理事に就任している。
(2)木村剛氏の日本振興銀行が、イッコー、アプレックに続いて、サラ金中堅の三和ファイナンスから貸出債権の譲渡。
(3)サラ金大手レイクの買収に名乗りをあげた新生銀行。
(4)興和不動産(現ケイアール不動産)の唐突な特別清算処理(負債1677億円)と、みずほフィナンシャルグループのサブプライム関連とされる6450億円の巨額損失。実は、「旧興銀の不良債権をここで一気に吐き出したのではない」との噂が流れる。

いずれも今後フォローすべき興味深い動きである。詳しくは同記事をお読みいただきたい。

http://www.bekkoame.ne.jp/ha/hf20199/vnew.html

« 【インタビュー】〝数奇な人生を歩む〟アントニオ・フェレイラ氏「いまの日本なら絶対に来日していないね」 | トップページ | 【ミニ情報】黒岩勇「ワールドオーシャンファーム」事件の逮捕者は18人に達する見込み »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/41707021

この記事へのトラックバック一覧です: 【注目記事】ベルダ7月号「野村インサイダー摘発の隠れた狙い」:

« 【インタビュー】〝数奇な人生を歩む〟アントニオ・フェレイラ氏「いまの日本なら絶対に来日していないね」 | トップページ | 【ミニ情報】黒岩勇「ワールドオーシャンファーム」事件の逮捕者は18人に達する見込み »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

無料ブログはココログ