« 【ミニ情報】東証1部「アーバンコーポレイション」房園博行社長が個人資産を売却か!? | トップページ | 【ミニ情報】危ない不動産会社「USA」の次は「JAPAN」 »

2008年7月15日 (火)

【ミニ情報】東証1部「アーバンコーポレイション」、この7月を乗り切れるのか!?

Dscn0930今年の3月頃から〝危ない不動産会社〟として囁かれていた「USA」。いずれも強引な不動産取引で暴力団との関連が指摘されていた会社の頭文字だ。そのうちの1社、「スルガコーポレーション」はすでに民事再生法を申請し、破綻した。

あるベテラン証券業界記者は次のようにいう。「別にスルガの業績が悪かったわけではない。暴力団と関係のある会社には融資を即ストップする、というのが新しい金融ルールとなり、その破綻〝第1号〟がスルガになったまでだ。これからも同様の破綻はしばらく続くと見ている」

金融機関がこうした〝厳しい姿勢〟に転じた背景には、金融庁などによる「指導・監督」があったとされる。「すでに市場の関心は、スルガから次のアーバン(コーポレイション)に移っている。これまで持ちつ持たれつでやってきたメインバンクの広島銀行が今後どう対応するのか、注目が集まっている。金融庁から〝きびしいお達し〟があったとの情報も流れている」(前同)

はたして、「USA」の一角であるアーバンコーポレイションは、この7月を乗り切れるのか要注目だ。

【写真=アーバンコーポレイション東京支社(麹町)が入居するビル。ちょうど裏手がスルガ事件の舞台となった紀尾井町TBRビル。このTBRビルは地上げ・解体後にアーバン側に転売されていた】

« 【ミニ情報】東証1部「アーバンコーポレイション」房園博行社長が個人資産を売却か!? | トップページ | 【ミニ情報】危ない不動産会社「USA」の次は「JAPAN」 »

コメント

広島銀行でしょ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/41840553

この記事へのトラックバック一覧です: 【ミニ情報】東証1部「アーバンコーポレイション」、この7月を乗り切れるのか!?:

« 【ミニ情報】東証1部「アーバンコーポレイション」房園博行社長が個人資産を売却か!? | トップページ | 【ミニ情報】危ない不動産会社「USA」の次は「JAPAN」 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

無料ブログはココログ