« 【ミニ情報】危ない不動産会社「USA」の次は「JAPAN」 | トップページ | 【ミニ情報】あの丸山渋谷区議、使途不明の政治資金が6割を占める »

2008年7月17日 (木)

【ミニ情報】アーバンコーポレイション房園社長が売りに出していた「豪邸」

Dscn1574Dscn1583 本誌は7月14日付記事で、東証1部の不動産会社「アーバンコーポレイション」の房園博行社長が、都内一等地にある個人名義の3物件を売りに出している、と報じていた。その1つが、杉並区永福にある地下1階・地上3階の豪邸(=左写真)だ。京王井の頭線「西永福駅」から徒歩5分のところで、敷地611・13平方メートルの半分を洋風ガーデンや和風庭園にした豪華なつくりになっている。

「物件概要書」に添付されていた見取り図(=下写真)によれば、1階部分は玄関ホールと車庫が大半を占め、2階の食堂・応接間などはいずれも20畳以上で厨房まで完備。3階の各個室も13畳とゆったりとしたスペースで、庶民には望むべくもない贅沢な間取りになっている。登記簿謄本によると、房園社長はこの豪邸を平成16年9月29日に取得。同日に5億円の抵当権が設定され、横浜銀行東京支店から融資を受けていた。

038039この永福の豪邸のほか、房園社長が売りに出しているのは渋谷区広尾と神宮前の2物件。登記簿謄本や物件概要書によると、広尾の土地・建物は敷地面積539・1平方メートル。同社長は平成19年9月28日に取得しているが、この時点で根抵当権はすべて抹消されており、現金でポンと買ったと見られる。ところが今年に入って、3月25日に新生銀行による極度額8億5800万円の根抵当権が設定されていた。

また、神宮前の439・92平方メートルの土地(2筆)も19年1月17日に取得した時点では、根抵当権がきれいに抹消されていたが、今年3月11日に同11億5500万円の根抵当権が新生銀行によって設定されていた。これらのことから見えてくるのは、房園社長は3月になって急に個人的な資金が必要となり、広尾・神宮前の2物件を担保に10数億円を新生銀行から借りていた、ということである。

もっとも、今回の3物件売却の話は、本誌による暴露の影響があったためかどうかは不明だが、「房園側の動きは一旦、ストップした」(関係者)という。また、別の不動産業界関係者によれば、「アーバンは当面の資金を確保したようだ」との声も聞かれる。いずれにしても、房園社長周辺の動きには今後も注目が必要だろう。

« 【ミニ情報】危ない不動産会社「USA」の次は「JAPAN」 | トップページ | 【ミニ情報】あの丸山渋谷区議、使途不明の政治資金が6割を占める »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/41883597

この記事へのトラックバック一覧です: 【ミニ情報】アーバンコーポレイション房園社長が売りに出していた「豪邸」:

« 【ミニ情報】危ない不動産会社「USA」の次は「JAPAN」 | トップページ | 【ミニ情報】あの丸山渋谷区議、使途不明の政治資金が6割を占める »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

無料ブログはココログ