« 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 | トップページ | 【ミニ情報】恐喝未遂事件の舞台になった「インデックス・ホールディングス」、監査法人が過去に決算内容で〝重大な疑義〟(2) »

2008年5月 7日 (水)

【ミニ情報】大阪・新興マンション業者「賃貸住宅サービス」の違法建築疑惑を追う(1)

Dscn1326本誌4月28日付記事で、お伝えした「違法建築疑惑」が急浮上している新興マンション業者とはズバリ、UBグループ(上原勇一郎社長、本社=大阪市)を指していた。同グループは、大阪府内に50棟近くのビル・マンションを所有。その管理物件は1200棟、2万5000戸にも達する。大阪、京都、兵庫、奈良など関西一円で70店舗を展開する「賃貸住宅サービス」と言えば、ご存知の読者も多いハズ。同社もれっきとしたUBグループの一員なのである。マンション、アパートなどの賃貸物件情報を掲載する専門誌「週刊・賃貸住宅サービス」(=左写真)が同グループの別会社から発行されている。

Dscn1315Dscn1311さて、左のマンションの写真を見ていただきたい。これは大阪市淀川区宮原1丁目の建物で現在、賃貸住宅サービスが所有している。JR新大阪駅から徒歩6分というロケーションで、学生向けなどに月4万6000円(間取り1K)前後で賃貸している。このビルの登記簿謄本を見ると、平成7年3月7日に新築された「12階建て」ということになっている。ところが驚いたことに、実際は「13階建て」なのだ。エレベーターに乗っても12階までしか行けないが、非常階段を使えば13階に行くことは可能だ。しかも、エレベーターの13階部分の表示がワザワザ目隠しされていた。

Dscn1327この13階は他のフロアーと違って、かなり荒れていて現在、人が住んでいるかは不明。しかし、通路には古くなった洗濯機なども置いてあり、〝生活感〟が残っていた。つまり、賃貸住宅サービス側は未登記の〝隠し部屋〟から賃貸料を長年に渡って徴収していた、と見られる。こうなると、「公正証書原本不実記載」だけでは済まなくなる可能性もあるのだ。

地元関係者によれば、UBグループによる〝不正登記〟の例は他にも多数あるという。「建築確認申請時の建ぺい率を明らかに無視した違法なビルが、信じられないくらいある。これまで行政当局は何をしていたのか、と言いたくなりますね」(同)

本誌の取材に対して、同グループの広報担当者は〝件のマンション〟が13階であることは渋々認めたものの、「詳細な経緯についてはコメントできない」という回答に終始した。

« 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 | トップページ | 【ミニ情報】恐喝未遂事件の舞台になった「インデックス・ホールディングス」、監査法人が過去に決算内容で〝重大な疑義〟(2) »

コメント

昔のマンションって、ほとんど違法建築でしょ。

ここは大阪府警がケツモチでやりたい放題。

突けば山ほど埃出るよ。
確かに警察のOBが居て、事故処理をしています。
危険だと思います。
政治家も相当肩入れしているみたい。
ほんとの話は○り前首相が知っている。

NHKが9時の全国ニュースでやってたね。
スゴイじゃない、アウトローズ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 | トップページ | 【ミニ情報】恐喝未遂事件の舞台になった「インデックス・ホールディングス」、監査法人が過去に決算内容で〝重大な疑義〟(2) »

警察権力と癒着し、事件屋・大塚万吉らと結託するアクセスジャーナル山岡俊介を徹底弾劾せよ!!


  • 本誌との「停戦合意」を一方的に破棄し、本誌編集長・奥村順一に対する言われなき誹謗中傷を繰り返すアクセスジャーナル山岡俊介を我々は断じて許すことはできない。すでに「我慢の限界」を超えている。本誌は反撃・報復する。
  • 山岡俊介「全面自供」

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

無料ブログはココログ