« 【ミニ情報】東証2部「スルガコーポレーション」、〝継続企業の前提〟に重要な疑義 | トップページ | 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 »

2008年5月31日 (土)

【注目記事】ベルダ6月号、匿名座談会「業績低迷『新生』と『あおぞら』 呆れた欧米流『お仲間経営』」

Dscn1367会員制情報誌「ベルダ」6月号の「金融ジャーナリスト匿名座談会」(=左写真)の中で、こんな面白い話が出ていた。サブプライム関連で巨額損失を出した「あおぞら銀行」の某外国人幹部のネタだ。この人物は、かつて新生銀行でディーラーをやっていたが、昨年初めに、あおぞらに転職。ところが、サブプライム関連資産に投資して、入社1年足らずで400億円の穴をあけたという。

この凄腕バンカー「ミスター・サブプライム氏」は、実は、欧米人には優しいティエリー・ポルテ新生銀行社長でさえもクビにしたいわくつきの人物だった。転職早々あおぞらで今度は400億円の損を出してしまったが、それでも「お咎めなし」というのだから呆れる。どうやら、このミスター・サブプライム氏は、あおぞらの外国人経営陣の一人の引きで入社。ミスター氏を処罰すると、その役員の責任も問われるため、結局不問に付したというのだ。

こうしたことは欧米の金融マンの世界では決して珍しくないという。彼らはいつでも仲間との関係で行動する。おいしい会社の経営陣になれば、必ず仲間を引き入れて利益をシェアし合う。それが貸し借りになるという。

もうそろそろ、欧米の金融マンは優れているとか、ノウハウがあるとかいう話はよした方がいい。「幻想」に過ぎないというのが、この座談会の結論だ。

« 【ミニ情報】東証2部「スルガコーポレーション」、〝継続企業の前提〟に重要な疑義 | トップページ | 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 »

コメント

その外人について、とっくに週刊新潮が実名で書いてましたよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/41382236

この記事へのトラックバック一覧です: 【注目記事】ベルダ6月号、匿名座談会「業績低迷『新生』と『あおぞら』 呆れた欧米流『お仲間経営』」:

« 【ミニ情報】東証2部「スルガコーポレーション」、〝継続企業の前提〟に重要な疑義 | トップページ | 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

無料ブログはココログ