« 【ミニ情報】東証1部フジテレビ、インデックス株に絡んで数十億円の「減損処理」へ | トップページ | 【ミニ情報】大手総合商社「丸紅」に絡む大型詐欺事件が発覚か!? »

2008年3月28日 (金)

【ミニ情報】村上正邦元労相、KSD事件で最高裁の上告棄却が決定

Dscn1237KSD(現・中小企業災害補償共済福祉財団)事件で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)は、村上正邦元労相の上告を棄却する決定を27日付で 下した。これを受けて、村上元労相(=写真)は28日、都内事務所で記者会見をおこない、以下のような「所感」を発表した。

私はKSD事件で受託収賄容疑で逮捕され、以来、1・2審で実刑の有罪判決を受け、最高裁に上告しておりましたが、本日、主任弁護人を通じて、最高裁から上告棄却の連絡を受けました。一瞬、私の脳裏には、「日本の裁判制度は死んだ」との思いが過ぎりました。

私に関る起訴事実は、KSDの古関忠男理事長から「ものつくり大学」設立を支援する代表質問を参院本会議でしてほしいとの請託を受け、その謝礼として5000万円を受け取った等とするものです。私は1・2審の公判を通じて、請託と謝礼の受領を一貫して否定しました。控訴審では古関氏が証人として出廷し、代表質問の請託を明確に否定し、「真実は一つ。このままでは死んでも死に切れない」と、切々と訴えました。

しかし、東京高裁はこの古関証言を一顧だにせず、控訴を棄却しました。私は即日上告しましたが、本日、上告棄却の通知を受けた次第です。私は日本の司法を信じ、正義は必ず実現する、との思いで、裁判に臨んできました。しかし、本日、上告棄却の報を受け、私は「日本の司法は死んだ」と、痛切に感じたのです。法治国家にとって、司法の信頼が揺らぐということは、国家の信頼そのものが揺らぐということです。

司法への信頼こそが、国家の根幹なのです。私は2年前から、「日本の司法を考える会」を主宰し、「国策捜査」など、わが国の司法制度の問題点を司法関係者、有識者、マスコミ人など話し合い、「冤罪」を根絶し、司法が正義を顕現できるよう、広く社会に訴えてきました。私はこれからも、わが国に正義を顕現するため、渾身の努力を傾けてまいる所存です。

なお、本日受領した最高裁の決定については、今後、弁護団と協議の上、適切な対応をするつもりです。

平成20年3月28日 村上正邦

« 【ミニ情報】東証1部フジテレビ、インデックス株に絡んで数十億円の「減損処理」へ | トップページ | 【ミニ情報】大手総合商社「丸紅」に絡む大型詐欺事件が発覚か!? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/40667614

この記事へのトラックバック一覧です: 【ミニ情報】村上正邦元労相、KSD事件で最高裁の上告棄却が決定:

« 【ミニ情報】東証1部フジテレビ、インデックス株に絡んで数十億円の「減損処理」へ | トップページ | 【ミニ情報】大手総合商社「丸紅」に絡む大型詐欺事件が発覚か!? »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

無料ブログはココログ