« 【ミニ情報】自費出版大手「新風舎」が事実上倒産、〝架空社員〟による経理操作の疑惑も急浮上 | トップページ | 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 »

2008年1月 9日 (水)

本誌記事を臆面もなくパクり始めたアクセスジャーナル山岡俊介

本誌は昨年12月26日、「クオンツ山田恭太社長『辞任劇』の背後」と題する記事を配信し、同社長が事実上、解任されたことをいち早く伝えた。同記事では速報性を重視したため、実名をあげて報じなかったが、〝山田解任劇〟の背後で白杉恵子氏らが動いていたことを本誌は既にキャッチしていた。ところが、3日後の29日、「事情通」を名乗る人物がコメントを投稿し、07年春に発行された45億円の新株予約権付社債を引き受けたNipponEquityPartnarsというファンドは、ロンドンのBluecrestが組成したもので、このBluecrestの背後には白杉恵子氏の存在があることなど、詳細な内容が明らかになった。そのため、本誌としては、同コメントに注目するよう注意を喚起していた。

ところが驚いたことに、アクセスジャーナルの山岡俊介が1月8日になって、「クオンツ山田恭太社長、実質解任の仕掛け人」なる記事を配信。誰もが閲覧できる無料部分を見ても一目瞭然だが、本誌記事と同一の内容を今頃になって掲載してきた。有料部分にも何ら新しい事実がなく、本誌記事やコメントで既に明らかになっていることを書き連ねただけの代物だった。山岡は、さも関係者に取材したような記事の体裁を取り繕っているが、本当に取材したのかも疑わしい。これだけは断言できるが、本誌の情報源でないことだけは確かである。

さらに山岡の次のような有料部分の記述には呆れるしかない。「破綻直前に発行中止になった『NOVA』の増資引き受けを検討していた投資ファンドでも、西田被告と平行し彼女(白杉)の名が出ていた」

本誌記事をご覧いただいている読者にとっては、この山岡の認識が如何に稚拙で、出鱈目なものであるかは自明のことと思われる。そもそも、NOVAが破綻する直前に発行中止になった増資引き受けなど存在しない。山岡にも分かるように説明すると、昨年10月9日にNOVA取締役会が調達額64億円の新株予約権の発行を決議し、ソブリンアセットマネジメントジャパンを窓口とする2つのファンドが、NOVA破綻直前の10月24日に、新株予約権発行額の7000万円を振り込み、NOVA側も受領しているというのが事実経過であって、「発行中止」など発表もされていないのだ。また、この増資に西田および白杉が関与していた事実はなかったことも既に本誌で明らかにしている。

« 【ミニ情報】自費出版大手「新風舎」が事実上倒産、〝架空社員〟による経理操作の疑惑も急浮上 | トップページ | 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 »

コメント

こういうクオリティの高いブログを探していました!

これから楽しみにしています!

そんな怒らんでも。

あげあしとりはやめろ

ジャーナリストのパクリや事実誤認は
「揚げ足」で済む問題じゃないだろうよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/17628179

この記事へのトラックバック一覧です: 本誌記事を臆面もなくパクり始めたアクセスジャーナル山岡俊介:

« 【ミニ情報】自費出版大手「新風舎」が事実上倒産、〝架空社員〟による経理操作の疑惑も急浮上 | トップページ | 【お知らせ】本誌・宝田豊「新マネー砲談」、本日更新 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

無料ブログはココログ