« 【ミニ情報】OHT株20億「鉄砲取引」に関与した弁護士事務所 | トップページ | 【注目記事】「検察批判を繰り返す宗像紀夫弁護士の思惑」(政経東北7月号) »

2007年7月 7日 (土)

【ミニ情報】有名弁護士が関与したOHT株「鉄砲事件」、戦後最大級の規模へ

Dscn0743 すでに、マスコミなどで報じられているように、六本木ヒルズにあった「椿総合法律事務所」(東京都港区)が突然、解散した。代表の椿康雄弁護士には、借名口座を使ったOHT株の「鉄砲取引」に関与した疑いが持たれている。〝鉄砲被害〟にあったのは、大和証券、アイザワ証券、楽天証券など20社前後の証券会社。損失を確定していなかったり、未発表の会社があるためハッキリしたことは言えないが、被害総額は20億円をはるかに上回る規模と見られる。そのため、「戦後最大級の鉄砲取引」だったのではないか、との見方も浮上している。椿弁護士は、OHT株が暴落した5月中旬以降、消息を絶っているという。

今回の鉄砲事件について、ある市場関係者は次のように解説する。「鉄砲被害が20億円以上出たということは、一方でそれを抜いて〝大儲けした連中〟がいるわけです。当初20万円前後だったOHT株は、今年1月には150万円台まで急上昇している。おそらく、借名口座から買い注文を信用枠一杯でドンドン出す一方、20万円前後で取得した低コストの玉をぶつけて売り抜いていた、のではないか」

まり、事件の〝基本構図〟としては、買方と売方が同一グループでなければ成立しないわけである。言い換えるなら、借名口座による〝鉄砲〟を事前に知っていた連中は、椿弁護士以外にもいた、と見るのが自然ということだ。

そうした中で注目されるのが、05年6月30日に実施されたOHT株の第三者割当増資である。発行総額21億円(単価16万2000円、発行数1万3000株)のこの増資は、シンガポールの3つのファンドに割り当てられているが、いずれも代理人は椿弁護士だった。以下は、当時の割当株式数である。

(1)コメルツバンク アセット マネジメント アジア4940株
(2)ヘンドリック プロフィッツ4320株
(3)サイノ エキスパート インベストメンツ3740株

そこで、本誌は、この3つのファンドの大量保有報告書を調べてみた。(1)コメルツバンク アセットは昨06年の5月19日450株、5月26日1100株、6月7日800株、6月22日1200株の計3550株を処分したことが報告されていた。ところが、(2)、(3)の2社については、第三者割当を受けて大量保有報告書が提出された05年7月6日以降、変更報告書が出された形跡はなかった。

はたして、この3つのシンガポール・ファンドが、今回の鉄砲取引の〝売方〟として何らかの関与をしていたのかどうか、今後の解明が待たれる。

Dscn0747

Dscn0748

【写真】3つのシンガポール・ファンドが椿康雄弁護士に宛てた「委任状」

« 【ミニ情報】OHT株20億「鉄砲取引」に関与した弁護士事務所 | トップページ | 【注目記事】「検察批判を繰り返す宗像紀夫弁護士の思惑」(政経東北7月号) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/15682848

この記事へのトラックバック一覧です: 【ミニ情報】有名弁護士が関与したOHT株「鉄砲事件」、戦後最大級の規模へ:

» oht株の最新記事 [株の記事一覧]
株の記事一覧をご紹介!【OHT鉄砲】宮崎緑の元亭主の椿康雄弁護士が失踪さらに増資は外資3社が引き受け、うち2社の代理人をこの弁護士が務めた。2社はこの増資で計12%超のOHT株を保有したが、7月に入るとどちらも大量保有... [続きを読む]

» oht株の最新記事 [株の記事一覧]
株の記事一覧をご紹介!【証券】ガッポリ外資系金融機関:OHT株暴落、巨額損失の裏でこの問題のポイントの1つは、損失発生の発端となった5月中旬の同社株暴落。 その過程で注目されるのは、「OHT株を大量保有していた複数の外資系... [続きを読む]

« 【ミニ情報】OHT株20億「鉄砲取引」に関与した弁護士事務所 | トップページ | 【注目記事】「検察批判を繰り返す宗像紀夫弁護士の思惑」(政経東北7月号) »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。創刊時の「ゲリラ精神」を完全に忘れ、警察権力と癒着し利敵行為に走ったアクセスジャーナル山岡俊介弾劾!
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

無料ブログはココログ