« 菱和ライフ元社長「西岡無罪判決」の〝中身〟 | トップページ | 【ミニ情報】「真珠宮ビル」オーナーが日本に帰国か!? »

2007年2月20日 (火)

サラ金大手「武富士」創業家の〝内憂外患〟

いまから2年前の05年3月、武井保雄・武富士会長(故人)の長男が、東京国税局から1600億円の申告漏れ(個人では過去最高額)を指摘され、実に1300億円超を追徴課税される、という事件があった。これは99年に、武井ファミリー名義の武富士株がオランダ法人に売却(発行済株式総数の約11%=約1000億円分)、そのうち約9割が長男に譲渡されていたのが課税対象となったためだ。当時の法律では贈与税は、海外に移住した者が国外財産を取得した場合は課税されないことになっていた。長男も香港在住になっていたが、国税局の調査で、実際の生活基盤は日本にあったことが判明。海外法人を仲介させた巧みな「生前贈与」、「相続税対策」と見なされた。課税対象額が1600億円に膨れあがったのは、オランダ法人が武富士株を取得し、長男に株式が譲渡される間に、武富士が東証1部上場を果たし、武富士の株価が大幅に上がったためだ。

長男側は、この課税処分を不服として異議申し立てをしていたが、関係者によると、近く結論が出るハズだという。仮に1300億円の追徴課税になった場合、いまの武井家にはたして用意する力があるのか、疑問視する声も出てきた。周知のように、本業の武富士本体も業績が急速に悪化。07年3月期の連結最終損益が3338億円の赤字になる見通しだ。これは武富士だけに限ったことではなく、「グレーゾーン金利撤廃」の影響でサラ金業界全体が良くないのだが、いまだに大量保有し実効支配を続ける武井家にとって武富士株の急落は、〝死命を制する〟問題に発展しかねない。

« 菱和ライフ元社長「西岡無罪判決」の〝中身〟 | トップページ | 【ミニ情報】「真珠宮ビル」オーナーが日本に帰国か!? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/13986623

この記事へのトラックバック一覧です: サラ金大手「武富士」創業家の〝内憂外患〟:

« 菱和ライフ元社長「西岡無罪判決」の〝中身〟 | トップページ | 【ミニ情報】「真珠宮ビル」オーナーが日本に帰国か!? »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

無料ブログはココログ