« 不透明過ぎる東京「五輪候補地」の決定経過 | トップページ | 中堅消費者金融ニッシンで「架空取引」疑惑 »

2006年9月12日 (火)

東証1部上場「カカクコム」でトラブル続出か!?

日本最大級の価格比較サイトを運営する「カカクコム」(田中実社長)で、実際に注文したのに商品が届かないなどのトラブルが続出している模様だ。

同社は現在、持ち株会社デジタルガレージの傘下にあるが、もともとは97年に「有限会社コアプライス」として創業し、パソコンや家電製品の価格情報をインターネットで流す会社に過ぎなかった(2000年5月にカカクコムに社名変更)。

同社が大きく伸びるきっかけとなったのは、02年6月のデジタルガレージとの資本提携で、その後、ブランド品、携帯電話などから葬儀費用、生命保険料の果てまで「価格比較情報」を掲載し業容を拡大、その一方で03年10月にマザーズに上場し、ついに05年3月には東証1部に上場するまでになっている。

田中実社長はもともと旧三菱銀行の出身で、デジタルガレージを経てカカクコムの3代目社長に就任した人物で、創業者ではない。その田中社長が最近、マスコミのインタビューに答えた記事(産経新聞8月12日号)によると、すでに「価格ドットコム」の月間利用者は800万人に達しているという。

これだけの規模になったカカクコムで、「取り込み詐欺」まがいのことが起きているとすれば、ただ事では済まない。被害者のAさんは次のようにいう。
「親孝行するためにワールド・カップ前にシャープ製プラズマテレビを注文し、宮崎の実家に配送してもらうように頼んだ。注文したのは、カカクコムに載っていた会社で三重県庁内に売店があるということで信用した。そこの社長が、高額商品のため先に入金してもらはないと発送できません、という。それはそうだと思い、指定の銀行口座に約35万円を振り込んでしまった。これが大失敗で、いつまで経っても宮崎の実家から連絡はなかった」

Dscn0454その後、Aさんのもとには三重県の弁護士事務所から一通の封書が届く。プラズマテレビを注文した会社が「自己破産」したとの通知だった(左記写真)。それによると、同社は借金が増え続け、すでに商品の発送も返金も不可能になっているという。そこで、弁護士が代理人となり、債権を整理したいので「債権明細調査票」に必要事項を記入し送付してくれ、というのだ。

Aさんが注文して、わずか1カ月後のことである。さらに、この通知の最後の一文「債務者の窮状を御賢察下さりご協力頂きたくお願い申し上げます」というのがAさんの感情をたいへん刺激したようで、「何が窮状ですか。承知の上で注文を受けていたことは明らかで、こういうのを取り込み詐欺というのではないですか」と憤る。

関係者によると、カカクコムでは、こうした事例はこの三重県の会社だけではなさそうなのだ。「カカクコムに載っているのは、値段だけで勝負するバッタ屋がほとんど。これは秋葉原辺りでは常識になっている。そうした中には悪さを働く業者もいます。カカクコムの連中では、それを見抜く力はないでしょうね」

本誌はこの問題を今後も取材していこうと考えていますので、情報をお持ちの方はご連絡お願い申し上げます。

【連絡先】東京アウトローズ編集部
info@tokyo-outlaws.org

« 不透明過ぎる東京「五輪候補地」の決定経過 | トップページ | 中堅消費者金融ニッシンで「架空取引」疑惑 »

コメント

シャープ製のプラズマテレビではなく液晶テレビです。
http://8118.teacup.com/caprio/bbs
追跡さん?

これもいいけど、福島談合事件の続報を期待します。
それと、以前は政治ニュースが面白かったです。それもお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不透明過ぎる東京「五輪候補地」の決定経過 | トップページ | 中堅消費者金融ニッシンで「架空取引」疑惑 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

無料ブログはココログ