« 【ミニ情報】ジャスダック上場会社でインサイダー取引か | トップページ | 竹内陽一氏の「絵画取引疑惑」を報じた雑誌『政界東北』 »

2006年9月19日 (火)

石原知事では「五輪招致」はほぼ絶望的か!?

本誌既報のように、その決定過程は非常に不透明ではあったが、ともかく東京都が「五輪候補地」に決まった。09年10月に開かれる国際オリンピック委員会(IOC)総会の最終選考に向けて、今後は5大陸の各都市と激しい「招致合戦」を繰り広げることになる。

これは一部で既に指摘されているが、東京都にとってこの「招致レース」は決して平坦な道ではない。周知のように次回大会は08年の北京、そして12年ロンドン大会へと続く。前回04年はアテネだから欧州、アジア、欧州となり、ここで再びアジアにオリンピックを引き戻せるのか疑問視されているのだ。当然、米国は96年アトランタ以来の開催を狙っているし、南米でもリオデジャネイロが初めての五輪招致を目指している。

しかも石原知事では東京都は「アジア代表」もおぼつかない。「三国人発言」に見られるように石原知事にはタカ派的言動が多く、「北京五輪はヒトラーのベルリン五輪と同じ。日本はボイコットすべき」とまで言っている御仁である。とても中国、韓国などからの支持を得られそうにない。日本の「常任理事国入り」と同様に反対される危険性すらある。
「そもそもオリンピックは、浜渦問題(側近の副知事を05年6月に更迭)で苦境に立たされた石原が突然言い出したものに過ぎない。石原の頭の中には三選しかなく、オリンピックはその口実でしかない」(民主党関係者)

既に石原知事は、「オリンピック招致を言い出した以上、やらないわけにはいかない」と発言し、来年4月の都知事選へ三選出馬を表明している。実は、石原知事は外見上あまり感じさせないが、かなりの高齢である。同知事は1932年9月30日の生まれで、今年で74歳になる。他の知事なら「老害批判」が起きても不思議でない年齢だ。

しかも、一度更迭した側近の浜渦氏を再び都庁に呼び戻すことまでしている。これには都議の中でも相当不満を燻らせている者が多いという。さすがに、息子の伸晃氏が会長を務める自民党都連には、この問題はまだ波及していないが、同都連内部には過去に「FAX問題」などで石原知事に苦汁を飲まされた者もおり、必ずしも一枚岩ではない。

前出の民主党関係者も次のようにいう。
「とても石原には勝てないと思っていたが、オリンピック招致を絡めたスローガンで人気者を出せば面白い戦いになる。鉄鋼、化学など親中国の財界の一部も加われば、石原を負かす可能性がある。誰でも知っている女性の候補がいいのではないか」

オリンピック最終選考の09年IOC総会に、石原知事がいないことも、ひょっとしてあり得るかもしれない。(一部敬称略)

« 【ミニ情報】ジャスダック上場会社でインサイダー取引か | トップページ | 竹内陽一氏の「絵画取引疑惑」を報じた雑誌『政界東北』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ミニ情報】ジャスダック上場会社でインサイダー取引か | トップページ | 竹内陽一氏の「絵画取引疑惑」を報じた雑誌『政界東北』 »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

無料ブログはココログ